メディア掲載情報


  1. ホーム
  2. メディア掲載情報
  3. 2016年12月
  4. 中外日報(平成28年12月23日)「防犯ズームイン(28)」(弊社提供連載)

記事詳細

中外日報(平成28年12月23日)「防犯ズームイン(28)」(弊社提供連載)


161223_chugai.jpg
火災検知、迅速に通報
自主機械警備システム


木造建築が多い寺社にとって警戒を怠ってはならないのが火災だ。いったん、火災が発生すると人命を危険にさらすだけでなく、貴重な建築物や法宝物まで焼失してしまう。今回は防火の観点から自主機械警備システムの有効性を紹介する。

岐阜県多治見市の臨済宗南禅寺派奥藏寺は2010年3月、木造建造物を火災被害から守るため、自主機械警備システムを導入した。

システムの火災センサーが異常な温度変化や煙を感知すると、あらかじめ設定していた通報先にいち早く通報。また、放火を防ぐため、センサーが侵入者を検知すると、光と音で威嚇・撃退する。

今秋には、火災センサーの無線化、コントローラーの取り換えを行った。システム導入を手掛け、今回の施工を手掛けたセキュリティハウス黎明(同市、古賀政男社長)の営業担当・加藤三喜氏は「無線化により配線がなくなり、防犯上、必要と思われる場所でのセンサー設置が容易になった」とメリットを明かす。

また、コントローラーの取り換ええにより、携帯電話・スマートフォンからのシステムのセット・解除などといった制御、使用者の履歴確認など便利な機能が増えた。

セキュリティハウス黎明は、京都市山科区のセキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門ネットワークに加盟。ネットワークには現在、全国の138社が参加している。

問い合わせはセキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」∥075(584)6600∥まで。

(写真説明)
防火を重視し、自主機械警備システムを導入。最近のワイヤレス化などで、より便利に機能的になった

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN