メディア掲載情報


  1. ホーム
  2. メディア掲載情報
  3. 2014年07月
  4. 中外日報(平成26年6月20日)「防犯ズームイン(2)」(弊社提供連載)

記事詳細

中外日報(平成26年6月20日)「防犯ズームイン(2)」(弊社提供連載)

「火災が一番心配」

20140620.jpg
センサーで24時間警戒


京都市左京区八瀬にある九頭竜大社は、本殿の周りを9回まわって巡拝する「お千度」参りで知られる。俳優の故・藤田まことさんやプロ野球・阪神タイガースの選手らと親交があった時期もあり、今年は1954年の立教から60年の節目を迎える。

同大社は今月上旬、立教以来初めて防犯システムを導入した。火災対策として「炎センサー」を重点的に採用、本殿の周囲を中心に、複数のセンサーを取り付けた。万が一、センサーが反応した場合は、近くに住む職員らの携帯電話に自動通報される仕組みだ。


「これまで大過なかったからといって、対策を講じなくてもよいということにはならない。何より、危機感がなくなることの方が怖いです」。執事の大西正浩さんは、防犯機器導入の理由をこう明かす。今後は段階的に防犯機器を設置していく予定といい、より安心して参拝してもらえる環境づくりを進めながら、定期的な防火訓練の実施も検討しているという。


九頭竜大社の防犯システムは、京都市山科区の㈱セキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器販売ネットワークの一社、セキュリティハウスみやこ(友田彰夫社長∥総合防犯設備士)が設計・施工した。

「セキュリティハウス」ブランドの全国ネットには現在、北海道から沖縄まで130社が参加、事業所や公共施設のほか神社仏閣にも多数の納入実績がある。


問い合わせは㈱セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」∥電話075(584)6600∥まで。




このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN