1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 店舗・コンビニの防犯対策
  4. 強盗対策

店舗・コンビニの防犯対策店舗・コンビニの防犯対策


強盗対策

いち早く強盗など店舗の緊急事態を報知。同時に自動通報!

平成23年度 店舗で凶悪犯による被害が1,939件発生しています。その内訳は殺人が70件、強盗が1,596件、放火が77件、強姦が196件です。

強盗の被害は金品だけではありません。従業員が命の危険にさらされたり、精神的なショックで、通常の勤務に支障がでたりします。
又、現場検証や修繕期間業務ができないため、売上や利益がダウンし、固定客を失うなどの二次的な被害も発生します。

店舗の強盗対策として「ワイヤレス緊急通報システム」をお勧めします。従業員が緊急時に押しボタン送信機を押すと、警報ベルが鳴り響き強盗を威嚇します。
(ベルなどを鳴らさないようにもできます)
また同時に電話回線を通じて外部(本社や支社・支店、管理者や男性社員の携帯電話など5箇所)に連絡します。メール・音声メッセージで異常を瞬時に連絡します。
緊急用押しボタンは、ペンダント型、カード型、腕時計型、固定式など色々なタイプのものがあります。ワイヤレス式の場合は受信機まで100mを無線で飛ばすことができ店舗のどこにいても助けを呼ぶことができます。

又、「ワイヤレス緊急通報システム」と「ネットガード」を連動させることで強盗犯を捕まえることもできます。

i-NEXT見える防犯と連動させることで、オーナーは異常発生を速やかに知り、リアルタイムの動画が状況を確認することが可能です。

強盗対策設置例イメージ


コンビ二や小売店の強盗対策に効果があります

事件発生!事件発生!

レジの方へと歩み寄った強盗が踏む事によってセンサーが検知。


センサー発信センサー発信

お金を要求された従業員はマネークリップからお金を抜き取り、センサーを送信させます。

その他押ボタンでも可能です。


逃げる強盗逃げる強盗

出入口に設置されたマットスイッチを、強盗が踏むことによってセンサーが検知。


強盗を逃がさない強盗を逃がさない

マットスイッチからネットガードに信号が送信され、瞬時にネットが強盗を包んで捕らえます。



システム構成例


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る