1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 店舗・コンビニの防犯対策
  4. 放火・火災対策

店舗・コンビニの防犯対策店舗・コンビニの防犯対策


放火・火災対策

火災はいつ発生するかわかりません。

火災被害に遭った多数の方は、逃げ遅れが原因です。被害に遭わないためにも、被害を最小限にするためにも「予防」が大切です。

「放火」による出火件数は、平成15年以降おおむね減少傾向が続いていましたが、平成22年中の放火による出火件数は5,612件で、前年(6,615件)に比べ1,003件(15.2%)減少しているものの、全火災(4万6620件)の12.0%を占めています。
又、「放火」は14年連続して出火原因の第1位となっています。これに「放火の疑い」を加えると9,551件(全火災の20.5%、対前年度比14.8%減)となります。

「放火」による損害額は40億3,165万円で、これに放火の疑いを加えた損害額は78億1,127万円となります。

「放火」及び「放火の疑い」による火災を発火源別にみると、ライターによるものが3,319件(全体の34.8%)と最も多くなっています。

また、放火及び放火の疑いによる火災1件あたりの損害額を時間帯別にみると、午前6時~午前8時の時間帯で特に多くなっています。

店舗の放火対策としては、


トイレへの放火対策

トイレへの放火対策:機器設置例イメージ


システム構成例


売り場への放火対策

売り場への放火対策


システム構成例


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る