1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. マンションの防犯対策
  4. マンションのセキュリティ
  5. 3.監視性の確保

マンションの防犯対策マンションの防犯対策


マンションの防犯対策


3.監視性の確保(隣近所から見通しを良くし、監視しやすくする)

泥棒にとっては、「人目につかないか」ということは犯行を行う上での大きなポイントです。
そのために「隣近所からの見通しはどうか」ということを確認します。

そこで、不審者の侵入行為を道路や入居スペース、共有スペースから見通せるように照明環境を整備すると共に、見通しを改善します。防犯カメラで見通しを補完することも重要です。

照明環境整備

侵入者の顔及び行動を明確に識別できるよう共用玄関内側床面、エレベータホールなどは50ルックス以上、顔及び行動を識別できるように共用玄関外側、共用廊下・階段などは20ルックス以上の照度を保つ。一定以上の明るさを保つことで、侵入者が隠れるスペースをなくすとともに、顔及び行動を早くから把握し逃げる時間を確保する。

見通しの改善

植木の剪定し、道路からマンション敷地内が見通せるようにする。
高木の場合は枝ぶりが人の視線の高さより高い位置であること、生け垣の場合は連続して死角を作っていないか確認し改善する。

防犯カメラの設置


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る