1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. マンションの防犯対策
  4. マンションのセキュリティ

マンションの防犯対策


マンションの防犯対策


マンションのセキュリティ

マンションでのセキュリティを考えると、まず最初に対策方法として考えられることは「集合玄関システム」や「エントランス・エレベーター内監視カメラシステム」を考えられて対策を行う場合が多いと思います。しかし、これだけでは対策が不十分です。

マンションもテナントビルも同じですが、不特定多数の方が入館します。集合玄関から入館される方を監視するだけなら問題ないかもしれませんが、不審者又は侵入者は人目につきそうな場所からの侵入はしません。それは見つかりやすいからです。

そこで、侵入者は見つからない様に侵入するにはどのようにすればいいかと考えます。
マンションで見つかりにくい場所とは色々とありますが、例えば1階住居の玄関前通路やベランダ側や非常階段の出入口など、1階に面しているあらゆる場所からの侵入が可能です。

そのような場所からの侵入対策も合わせて考える必要があります。
「まさか、こんなところからの侵入は考えていなかった!」と侵入されてから気が付き、後の祭りになってしまうことが多々あります。

そのような事にならないように建物の状況、周囲の環境、共用部・入居者専用部など領域区分ごとに色々な対策方法を組み合わせて、侵入経路を遮断するとともに、総合的にセキュリティシステムを考えることが大切です。

マンションの防犯対策を考える時に、「防犯環境設計」という考え方が注目されています。
「防犯環境設計」とは、建物周辺も含め適切な防犯上好ましい環境を作ることで犯罪抑止力を高め、犯罪を未然に防ぐことにより住人の犯罪意識の高揚と不安の除去、快適生活を提案する考え方です。

ニューヨークで実践された「割れ窓理論」(「建物の窓など1枚の割れた窓ガラスを放置すると、割られる窓ガラスは増え、その建物全体が荒廃し、やがて街全体が荒れ、無秩序状態となって犯罪は多発し、街が崩壊してしまう」という理論。
1つの無秩序を放置することで地域社会の秩序維持機能が弱まり、犯罪は増加するというもの)を応用し、犯罪が発生しにくい環境を作ることで犯罪を未然に防ごうという考え方です。

具体的には、マンションを防犯性能の高い建物にする、地域の防犯意識を高めることです。
そのためには、「対象物の強化」「接近の制御」「監視性の確保」「領域性の確保」を行うことが必要です。


防犯環境設計の4原則

防犯環境設計の4原則

侵入防止4原則

侵入防止4原則を守っている建物は、侵入犯が「侵入しにくい」と判断し、侵入をあきらめます。

侵入防止4原則


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る