1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. マンションの防犯対策
  4. 火災・放火対策

マンションの防犯対策マンションの防犯対策


マンションの火災・放火対策

火災・放火対策放火監視(炎)センサーなら発火・放火行為を発見、報知できます!

平成23年度共同住宅での放火被害認知件数は289件でした。

マンションの場合、一戸建て住宅以上に注意する必要があるのが「火災」です。
なぜなら、逃げるのに時間がかかるため、火災が発生すると大きな被害となるからです。

その火災の原因でここ14年間連続して一位なのが「放火」
放火に対しては、炎の段階で早期発見をすることが被害を拡大しないためのもっとも大切なポイントです。
また、ゴミ置き場などに燃えやすい古新聞、古段ボール箱などを放置しないことやゴミの出す曜日・時間を守る、共有部の清掃、住民通しのあいさつの徹底、共有部への防犯カメラの設置などが効果的です。

又、共有スペースなどが最近「禁煙」となっていますが、住民などで守らず喫煙する人もいます。そうした場合に住民が注意したりするとトラブルになる可能性もあります。そうした「禁煙場所での喫煙対策」にも炎センサーが最適です。
音声メッセージでソフトに威嚇します。

炎センサーは、ライターやマッチから発する炎を敏感に感知し報知。 屋内用は5m先の3cmの炎を検知、屋外用は10m先の7cmの炎を検知できます。

炎が出ると素早く反応し、

  1. その場で音声メッセージで警告。
  2. 管理場所のコントローラに連絡し、ベルやサイレンを鳴らし周囲に報知。
  3. 人為的な被害も未然に阻止することができます。

火災・放火対策


屋内に


屋外に


システム構成例


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る