1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 医療機関の防犯対策
  4. 新生児連れ去りお知らせシステム

医療機関の防犯対策医療機関の防犯対策


子供が欲しい、という気持ちからの場合もあれば、悪意をもっての連れ去り、金品目当ての誘拐など動機はさまざまですが、赤ちゃんの生命にもかかわるためそうした被害が発生しにくい環境を作ることが重要です。

新生児連れ去り防止のためには、「連れ去りお知らせシステム」で、赤ちゃんが新生児室から連れ去られるのを早期に検知することと、「新生児室侵入検知システム」で、職員や家族以外の部外者が新生児室へ侵入するのをすぐに検知することとで、早期発見し被害を未然に防ぐ環境を作ります。


新生児連れ去りお知らせシステム

新生児室からの連れ去りを早期に発見し、赤ちゃんの安全を守ります。

新生児の衣類などに送信機を取り付けます。新生児の連れ去りが発生した時にはナースセンターや警備室へ異常発生を知らせます。
連れ去られた新生児の特定がナースステーションや警備室でできます。
玄関や、病棟の出入り口でセンサーと受信機が検知すると、出口扉を施錠し出られなくし、サイレンなどで館内に知らせます。

連れ去りお知らせシステム

 

新生児からの電波をセンサーが感知、受信機で警備室のチャイム音を鳴らし赤ちゃんの連れ去りをお知らせします。
部屋の出入口、廊下やエレベーター前にセンサーと受信機を設置します。

こんなところで導入!!

新生児連れ去りお知らせシステム


システム構成例


新生児室侵入検知システム

新生児室への部外者の侵入を早期に発見し、赤ちゃんの安全を守ります。

新生児室へ看護士やご家族が入室される場合に送信機を携帯します。
送信機を持たない部外者が侵入すると警報を出力し、ナースセンターや事務室などに知らせます。

新生児室侵入検知システム


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る