設置場所別防犯対策


  1. ホーム
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 医療機関・老人福祉施設

医療機関・老人福祉施設の防犯対策

いつでも侵入可能。現金や個人情報が簡単に手に入る

病院や老人福祉施設には、日中は多くの家族や見舞い客、外来の患者や通所の利用者、さまざまな業者が出入りしており、その中に「泥棒」が混じっていても、見分けることはほぼ不可能です。
病室や入居者の部屋は自由に出入りできるため、検査やトイレでベッドから離れた人の持ち物を物色し、現金を奪うのは極めて簡単です。
夜間は表玄関が施錠され、人の出入りは無くなりますが、病院は緊急用の出入口が開いています。また、夜勤の職員は少人数で多くの患者・入居者の世話をしているため忙しく、侵入者がいてもなかなか気付くことができません。
そうしたなか無人の事務所に忍び込めば、パソコンや金庫があります。パソコンは本体を中古品として売却できるため盗難被害が相次いでいます。パソコンの中には患者の病歴など個人情報が含まれているため情報漏洩といった大きな問題に発展してしまいます。 患者や高齢者の生活の場としての側面が強く、外部からの出入りを厳しく制限することが難しいために、なかなか十分な防犯対策が行われていないのが現状です。
又、薬品庫から劇薬などを盗まれたり持ちだされたり、新生児を連れ去られたりする事件も発生しています。万が一こうした被害が発生すると病院側の責任問題に発展するため予防するための対策が必要です。

窃盗対策

入退室制限と侵入警戒システムで、二重の防犯を

現金や重要な書類を保管している金庫、患者や入居者の個人情報が詰まっているパソコン、そして医薬品が盗難に遭うことは、絶対に防止しなければなりません。
そうした重要な部屋は、ICカード、暗証番号の入力や指紋照合によって入室を制限する「入退室管理システム」、発信機を携帯しているスタッフだけが扉を開けられる「アクセスコントロールシステム」等の導入で、部外者の侵入を防ぐともに誰がいつ出入したかを自動的に記録することができます。

特に夜間は、ナースセンターや介護職員の詰め所には夜勤スタッフが居ますが、それ以外の場所はほぼ無人になります。狙われやすい事務所には「侵入警戒システム」や「パソコン持ち出し防止システム」をさらに導入すると、泥棒が事務所に侵入しようとしたとき、またはパソコンを持ち出そうとしたときに、大音量のサイレンや眩いフラッシュで犯人を威嚇・撃退し、スタッフが居る部屋に直ちに通報します。

また、金庫にはアンカーボルト等による固定や、金庫センサーが有効です。
医薬品を扱う部屋には「防犯カメラシステム」を併用すると、人の出入りを自動的に映像で録画することができ、万が一の時に映像を確認することができます。

新生児連れ去り

盗まれるのは現金やパソコンに留まりません。生まれたばかりの赤ちゃんを新生児室から連れ去るという事件もこれまで幾度も発生しています。新生児の持ち去り事件は、新生児の命にもかかわることであり、精神的なショック、失う信用など何も対策をしていなかったでは済まされません。
こうした事件を防ぐために「新生児連れ去りお知らせシステム」があります。新生児の衣類等に送信機を、各病棟の出入り口にセンサーを設置し、センサーが送信機を検知するとその出口扉を自動的に施錠。犯人を足止めし、ナースセンターや警備室に異常発生を知らせます。防犯カメラを設置すると異常発生時に動画で確認できるとともに犯人の特定につなげることができます。

患者や利用者の貴重品管理

誰でも出入りできる病室や居室で、貴重品を施錠できない場所に置きっぱなしにすることは危険です。しかし看護師や介護スタッフが個人的に預かると、トラブルの元になります。
そこで、セキュリティ・ボックスの導入がお勧めです。コンパクトで設置しやすく、キーを紛失しても140万通りのプログラムの中から簡単にキー変更ができます。

患者や利用者の安全対策

病院や高齢者福祉施設の課題は、泥棒による被害だけではありません。生命と生活を守る場所として、さまざまな事故への対策をしておかなければなりません。

事故を防ぐための、多様なシステム「ワイヤレス緊急呼び出しシステム」

浴室やトイレで具合が悪くなったとき、送信機のひもを引く、またはワイヤレス型呼び出しボタンを押すことで、ナースステーションや職員に緊急事態を知らせます。無線タイプのものは配線が不要で、見通し距離100mまで電波到達可能です。中継機を使用するとより広域にて使用することができます。工事費用が不要であるとともに、増設、移設などにも簡単に対応できるメリットもあります。

ナースステーション:呼び出した患者を音とLEDで表示します。

病棟内:携帯型なので対応先の病室・地下でも受信可能

固定タイプ:トイレ・浴室呼び出し用

携帯タイプ:患者用ペンダント押しボタン

「トイレ使用お知らせシステム」

トイレ内で意識を失ったり転倒して動けなくなった場合でも、早期発見が可能なシステムです。トイレに人が入るとセンサーが検知し、設定した時間以上検知が続いたときに、事務所やナースステーションに知らせます。

「出入り口コントロールシステム」

徘徊する高齢者が危険な場所に近づかないよう、自動ドアやエレベーターなどのドアの開閉は、リモコンを持った職員のみが行えるようにするシステムです。

「徘徊お知らせシステム」

徘徊することが多い高齢者に送信機を携帯してもらい、出入り口や階段に近づいたときに職員に知らせるシステムです。「誰が」「どこに」近づいたかが分かり、すぐに対応することができます。

「ベッドセンサーシステム」

患者や入居者がベッドから起き上がったとき・離れたときに、職員にお知らせするシステムです。逆にベッドの上で動けない状態に陥ったときも検知します。

火災を防ぐ

老人福祉施設で起きた火災は、ほとんどが煙草の不始末です。炎センサーを設置するだけではなく、禁煙エリアでは煙草を吸わないよう、入居者にルールを守ってもらうことが大事です。
炎センサーを設置して火をつけると「ここは禁煙です。お煙草はご遠慮ください。」等の警告メッセージや警報音を発し、事務所のフラッシュライトが点滅するため、すぐに駆けつけることができます。

動画紹介


ここに注目 !!

通常の火災感知器は建物の中の大きな温度変化で検知するため、警報が鳴ったときにはすでに燃え広がっていることが多いのですが、セキュリティハウスの炎センサーは熱ではなく、炎に含まれる紫外線を探知します。しかも10m先にある7㎝の炎の紫外線を検知し音声メッセージで警告できるため、職員は入居者がマッチやライターの火を付けた直後に早期対応ができます。

職員を守る

多くの病院や老人保健施設で「職員が受ける院内暴力」が問題になっています。言葉の暴力やモンスターペイシェント対策、又突然の放火、といった病院や施設の職員が身の危険を感じた時等にすぐにナースセンターへ助けを呼ぶことができるシステムが必要です。
「ワイヤレス緊急呼び出しシステム」は職員を守るためにも非常に安心になります。
徘徊するお年寄りを検知したりするシステムは、職員の負担軽減にもつながり、働きやすい環境を作ることにつながります。

お客様からの声

  • 某介護老人保健施設様

    電気錠システムは、歩行状態の不安定な方が多い高齢者施設において、転落の危険がある階段などへの出入りを効果的に制限できています。リモコンセンサーを所持している職員は非常にスムーズに出入りできるため、手間がかかりません。火災報知機と連動して自動解錠するなど、安全面でも十分に配慮されており、大変役立っています。

  • 愛知県 特別養護老人ホ-ム

    有線式ナ-スコ-ルの「コード」でつまづかれるトラブルを懸念されていた為、アクセスコ-ル(無線式:微弱電波)を設置していただきました。

    ・各居室から、利用者が押しボタンを押すと、ナースコールに連動してお知らせします。 ・微弱電波により、居室のどこからでも呼出出来ます。 ・送信機は、重さ18g、厚み11㎜と小型軽量で日常生活防水仕様です。 ・アドレスコ-ドスイッチ設定により必要な送信機だけ受信するので、混信しません。

  • 九州 高齢者専用賃貸住宅

    人の動きセンサ-が、設定した時間検知しなければ生活安心報知機のチャイム音にてお知らせします。
    生活安心報知機で設定した時間(当施設は10時間)、居室内で人の動きがないと表示盤でお知らせします。
    入居者にもしもの時も素早く対応できるので、安心して生活していただけます。

  • 大阪府 グループホーム

    長時間の利用をお知らせする為、導入されました。(利用状況もわかります。)
    導入後、介護者のトイレへの見回り回数が減ったと好評の声をいただいています。

    もしもの時には、利用者のトイレ利用時間が長ければ職員の方にお知らせします。

    距離を測定するセンサ-なので掃除など床面変化による誤作動はありません。
    また動いていても静止していても検知します。

  • 関東 障がい者福祉施設

    利用者の、施設からの無断外出を防止する目的で導入いただきました。
    出入口及び、1F・2F 階段にAC-Tを携帯した人が接近すると、事務室の表示盤にお知らせします。

  • 関西 介護付き有料老人ホ-ム

    施設内の徘徊と、施設外への無断外出を管理室へお知らせする目的で導入いただきました。
    AC-Tを携帯した人が、ゲ-トに近づくと、表示盤に「チャイム音」と「番号表示」でお知らせ。
    AC-Tは、常時約15名が携帯されています。
    (AC-Tのチャンネルコ-ドスイッチにより、NO.1~15まで設定できます。)

  • 北海道 循環器内科クリニック

    トイレからの緊急呼出し用に設置しました。呼出しを、小電力電波にて診察室の受信機にお知らせします。
    引きひも付きで緊急時に呼出しやすい、また有線ナースコールを導入されない為、配線工事不要(ワイヤレス)であることを大変気に入っていただけました。

  • 岡山市 開業医

    岡山県下で、開業医を狙った泥棒が横行していた時のことです。
    ある開業医の奥様より電話があり、どうしても取り付けたいのですぐに来て欲しいとのことでした。伺ってみると、奥様は同業者の被害の話におびえていて、「とにかく、すぐに来て取り付けて欲しい」の一点張り。そのときは、工事工程上どうしてもすぐに取り付けるわけにはいかなかったので、”この建物なら、2階のベランダからの侵入の可能性が高い”との判断で、赤外線センサーをカメラ3脚に固定し、仮設で取り敢えず工事日まで我慢していただくことにしました。

    数日後、仮設のコントローラの音に気づいた開業医があわてて2階にあがっていくと、ベランダ越しにスタコラ逃げていく、犯人らしき人の姿が見えました。
    その後、当初の予定以上のフルシステムを入れられたことと、非常に喜んでいただいて開業医仲間など多くのご紹介もいただくことができました。

  • 神戸市 開業医

    泥棒が窓ガラスを割って侵入しようとしたが、センサーが反応し警報ベルが大音量で鳴り響いたため、泥棒は逃走した模様。
    窓ガラスは割られたものの、泥棒が逃げたため盗難にも遭わなかった。
    『セキュリティシステムをつけていたおかげ!』とお客様には大変喜んで頂きました。

  • 大阪市 レディスクリニック

    お客様(患者)とのトラブル解消(言った言わないなど)のため、カメラシステムを提案しました。
    何時何分何秒まで録画でき、さらには防犯対策にもなるとご説明しました。
    某警備会社との競合になりましたが、商品の信頼性を訴え見事受注いたしました。

  • 千葉県市川市 病院

    病院駐車場の入口ゲートのバーを破損するイタズラ事件が頻発。
    夜間にイタズラされるため、犯人を特定できず、イタズラのエスカレートを心配して防犯カメラを導入。夜間での映像記録のため、スーパーデイナイトカメラを選択。(VOC-980×3台・HDF-601)
    他社から格安カメラのシステム提案もありましたが、実機でのデモを行い、デイナイト機能の必要性から当社からの納入になりました。
    納入後 程なく、駐車場ゲートのバーへの同様のイタズラが発生し、記録映像から犯行パターンと犯人像が判明。宿直者が犯行パターンから推測して、次のイタズラ時に事前に対応。見事に犯人を捕まえました。
    導入目的だったイタズラの解決に大変役立ちましたと感謝されました。

  • 兵庫県 動物病院

    自宅と病院が離れていているため、病院で入院している犬と猫の様子がいつも心配であるとのことでした。そこで、いつでもどこでも病院の様子がわかる防犯カメラシステムをおすすめしました。そのシステムは、遠隔地でも病院の様子がパソコンでも携帯電話でも見ることができるシステムです。
    休日と夜間には、病院内に設置したカメラの映像をパソコンで確認、また、外出中のときは携帯電話を使って病院内を見ることができるようになり、大変便利になったということで喜んでいただけました。
    設置した防犯カメラは、夜間でも撮影可能な赤外線照明内蔵の防犯カメラを設置です。暗闇の映像が想像以上によかったことから、もう一台カメラを増設していただけました。

  • 宮崎 老人福祉施設

    建物内にカメラを設置した2~3日後、モニターからゴツという音が聞こえたので映像をみたところ、ご老人が倒れていました。ビデオで確認すると、めまいがした感じで倒れていました。後頭部を2箇所骨折、今も記憶が戻っていません。

    後日、息子夫婦を呼んでビデオを見てもらい、老人ホーム側のすばやい対応、落ち度がなかったことを納得してもらえて大変助かった、との報告が我が社にありました。



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN