設置場所別防犯対策



工場・倉庫の安全対策

大きな被害とリスクを背負う「不審者の侵入」

「工場や倉庫に泥棒が侵入した場合、盗まれるのは現金ばかりではありません。近年は金属の資材や、薬品、パソコン、個人情報など、さまざまなモノが狙われています。 資材は盗まれるとまず戻ってこないため大きな損害となり、毒物や燃えやすい薬品類は別の犯罪に悪用される恐れがあります。特にパソコンを盗まれると、新商品の機密データや個人情報が漏洩してしまうため、営業停止・賠償請求・取引停止等の大ダメージを受けることになります。
この他にも、不審者の侵入を許してしまうと、商品への異物混入、設備異常による生産ラインの停止、放火など、重大なリスクが発生してしまいます。

敷地内に入らせない「外周警備」

泥棒がターゲットを選ぶ際の判断基準は「侵入しやすいかどうか」です。
逆に考えれば、セキュリティが高く侵入しにくいことをアピールすれば、下見の段階で泥棒は犯行を諦めます。
まずは敷地を囲むネットフェンスや塀を面警戒するためにフェンスセンサーを、乗り越えを検知するために上部に赤外線センサーを設置し、さらに死角を無くすために防犯カメラを取り付けて、抑止力を高めます。
それでも侵入者が敷地の中に侵入した瞬間に各種センサーが侵入を検知してその場で大音量の警報ベル・サイレン・フラッシュライトで威嚇又は音声メッセージで警告します。それ以上の侵入を阻止すると同時に、守衛室へ自動通報します


フェンスセンサー

建物の中に入らせない「自主機械警備システムNEXT」

まずは建物の目立つ場所に「警戒中」と表示しているセキュリティキーパーを取り付け、高度な防犯対策がなされていることをアピールし、泥棒を牽制します。

次に泥棒の侵入経路を絞り込み、事務所の窓・扉の開閉、ガラスの破壊、室内への侵入を検知するセンサーをそれぞれ設置。無人になる夜間や休日に万が一の外部からの侵入者があった場合、大音量の音による威嚇で撃退するとともに、管理者に自動通報します。

炎センサーを組み合わせると、放火犯の撃退にも有効です。10m先にある7cmの炎を検知できるため、犯人がライターをつけた瞬間に音声メッセージで威嚇します。

動画紹介


重要な部屋への入室を制限する「入退出管理システム」

製造現場へは関係者以外の人間が自由に出入りできないよう、カードや生体認証による入退室管理システムの導入がお勧めです。また、コンピュータ室や新商品開発室、原材料倉庫など、更に厳重な警戒が求められる部屋には、電気錠に加えて防犯カメラを設置し、常時録画しておくことでさらにセキュリティが高まります。

従業員の安全を守る

「倒れコール」
工場ではコスト削減のために夜間少人数で作業するところが増えています。ここ数年の猛暑では熱中症で倒れたのに朝まで気がつかなかったり、大型機械に巻き込まれるといった事故も発生しています。従業員の安全管理をきちんと行わないと企業としては何か事故が発生した時には大きな問題となります。
そうした従業員が作業中に急病や熱中症で倒れたのを検知して知らせるのが「倒れコール」です。
転倒検知送信機を装着した従業員が一定時間以上(10・30・60・120秒で設定)倒れたとき、大音量の警報音を鳴らして周囲に伝えるとともに、守衛室などに自動通報するシステムです。異常事態が発生した際に緊急コールを送るためのボタンも付いています。

又、遠隔監視システムi-NEXTと連動すると、駆けつける間にも現場状況を詳細まで確認しすばやい対応を行うことができます。

「出庫報知システム」
歩道を歩いている歩行者に、敷地から外に出て行く自動車が接近していることを事前に知らせて、出会い頭の接触事故が防ぐためのシステムです。赤外線センサーと方向判別ユニットにより、出る時又は入る時等一定方向に走っている車を検知し、歩道側に設置した報知器が「車が来ます、ご注意下さい」等のメッセージとフラッシュライトを発して注意を促します。

「シートシャッター用方向検知システム」
光線式アクティブセンサーが垂直に進入してくる車両等のみを検知することで、自動開閉式シャッターの誤作動をなくし、建物内にいる従業員に車両が入って来ることを回転灯で知らせて安全確保を図るためのシステムです。建物内に車両が進入してきた際の従業員との接触事故を防ぐ効果があります。

生産ライン遠隔監視 遠隔監視システムi-NEXTの活用

遠隔監視システムi-NEXTは、iPadを使って現場の防犯カメラが捉えているリアルタイムの映像と音声を確認することにより、どこからでも現場の状況が把握できるシステムです。
例えば機械の故障で生産ラインが停止したときには、不良箇所やメーターの数値等を確認し、遠隔操作で機械を停止させたり、作業員に適切な処置方法を伝えるなど「早期発見」と「迅速な初期対応」が可能になります。

また、日常的に作業の進行状況や商品の仕上がり具合を確認する、設備異常の有無や整理整頓状況をチェックする、作業の流れにムダや危険がないか等、新たな視点で業務改善に取り組むこともできます。
その他、照明装置のON/OFF、電気錠の施錠/解錠、自動門・扉等の開閉、各種制御機器のON/OFFなどを遠隔操作できるため、省エネや防犯の強化にも活躍します。

防犯機器紹介
ここに注目 !!

遠隔監視システムi-NEXTは、光学21倍のズームアップ、360度の視点移動を実現し、「まるでその場にいるかのように」現場の状況を把握できるツールです。開発の際、設定したiPad以外からは見ることができない等高いセキュリティを追求することはもちろん、誰でもすぐに使える高い操作性にもこだわり、拠点やカメラの切り替え、録画の開始などがワンタップで簡単に行えるようになりました。現在もお客様のご要望をくみ取り、システムのバージョンアップを続けています。

お客様からの声

  • 某工場様

    平成24年の7月にシステムの入替をしました。最新の防犯システムを設置し、とても満足しています。何かあればすぐに分かるので、本当に安心です。操作性も非常によく、その中でも照明や防犯システムをON/OFFをiPadで外出先からもできるので便利になりました。

≫納入実績はコチラ



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN