竹中センサーグループ概要


  1. ホーム
  2. セキュリティハウスとは
  3. 竹中センサーグループ概要

竹中センサーグループ概要

1958年(昭和34年)に創業し、トランジスタ光式電子センサー・光学式カウンターを日本で初めて開発し商品化した会社──
それが竹中センサーグループのスタートの企業である、竹中電子工業株式会社です。

その後、1972年(昭和47年)に竹中オペサテシステム(TOS)を発足。積み上げたセンサー技術を、光電子機器・レーザー光線機器・目視検査の自動化機器・セキュリティ機器の各専門分野に特化した別法人をそれぞれ設立し、統括本部である竹中グループセンターを中心とするベンチャー企業集団が誕生しました。
このとき、セキュリティ機器分野に特化した別法人として設立されたのが、竹中エンジニアリング株式会社です。そして1982年(昭和57年)に竹中エンジニアリング株式会社の販売会社として、株式会社セキュリティハウス・センターが設立されました。

1つの大きな会社で複数分野の事業を並行して進めるのではなく、竹中オペサテシステムでは小規模ベンチャー企業の弾力性を活かして、各社が自らの専門分野を追求していきます。同時に、グループとして各社の経営資源(人・モノ・時間・情報)を明らかにして分権・集権のマネジメントを行っています。

大事なことは、いま、社会で何が必要とされているのか。

積極的に挑戦するベンチャー企業の精神を持ち、相互補完によるスケールメリットを活かして、社会が必要としている新しい技術や製品開発に取り組んでいます。

グループ会社一覧

竹中グループセンター(株)
資本金: 4,500万円 
業務内容:竹中センサーグループの統轄本部業務
竹中エンジニアリング(株)
資本金: 7,500万円
業務内容:セキュリティ・情報機器の研究開発製造販売業務
竹中システム機器(株)
資本金: 4,500万円
業務内容:カメラと検査機器の研究開発製造販売業務
竹中電子工業(株)
資本金: 4,500万円
業務内容:光電子センサ・制御機器の研究開発製造販売業務
竹中オプトニック(株)
資本金: 4,500万円
業務内容:レーザ機器の研究開発製造販売業務
TAKEX AMERICA INC.
資本金: 60万$
業務内容:竹中センサーグループ製品の販売業務
TAKEX EUROPE LTD.
資本金: 25万£
業務内容:竹中センサーグループ製品の販売業務


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN