1. HOME
  2. 会社案内
  3. ワンポイントアドバイス
  4. エレベータの防犯カメラはもう常識

ワンポイントアドバイス

エレベータの防犯カメラはもう常識

セキュリティハウス本部
(株)セキュリティハウス・センター

近藤 福佳
総合防犯設備士 NO.第07-0214

少し昔の話になりますが、昭和57年ごろにエレベータ犯罪が多発しました。
エレベータ犯罪とは、警察白書書によると、エレベータを利用中に又はエレべータ内に連れ込み、若しくはエレベータから連れ出して行う凶悪犯(殺人強盗及び 強姦(かん))、粗暴犯(傷害及び恐喝)及び強制猥褻(わいせつ)をいいます。
(昭和58年警察白書 第3節 都市化の進展と犯罪 より)

昭和57年ごろのエレベータ犯罪の特徴は、土地の高度利用を行ったことがきっかけで、高い建物が多く建てられた背景があります。
高層化された建物は、エレベータの普及を促しました。
しかし、同時にエレベータ犯罪を発生させてしまったという経緯があります。
その当時のエレベータ犯罪の発生状況(昭和56、57年)を見てみると、概ね階数の多い建物ほど事件の発生件数も多く、人目に付きにくくなるほど犯罪発生 の危険性が高いことがわかりました。

そのような状況から、マンションのエレベータには防犯カメラが設置されるところが多くなり、エレベータ犯罪はそれほど騒がれなくなりました。
しかし、最近のニュースですが、エレベータ犯罪の事件が日経ニュースで取り上げられていました。


エレベータで女性に暴行容疑 東京・足立、男逮捕
2009/09/04, 日経速報ニュース

女性に暴行したとして、警視庁捜査1課は4日、東京都足立区中央本町、会社員、村瀬正行容疑者(36)を強姦容疑で逮捕した。
同課によると、同容疑者は容疑を否認しているという。
逮捕容疑は今年7月中旬、同区内にあるマンションのエレベータ内で30代の女性を「騒ぐと殴るぞ」と脅し、階段の踊り場で暴行した疑い。
マンションの入り口はオートロック式で、同課は同容疑者が女性のあとをつけて中に入ったとみている。
現場の防犯カメラの映像などから同容疑者が浮上した。
足立区と墨田区などでは昨年夏から、マンションのエレベータ内などで女性がわいせつな行為をされる事件が約20件発生しており、同課が関連の有無を調べて いる。


最近、再度エレベータ犯罪が多発している可能性があります。
足立区と墨田区などでは昨年夏からエレベータ犯罪が約20件発生していることから、他の地域でも同様の事件が発生している可能性があります。
そのように多発しているにも関わらず、犯人が捕まったというニュースを耳にしません。犯人逮捕までには至っていない事件が多くあります。

その要因として考えられるのは、被害に現場に防犯カメラが設置されていなかったのではないかと思います。その他に考えられるのは、防犯カメラが設置されていたとしても、防犯カメラシステムが古く、記録映像が鮮明でなかったことなどの可能性があります。

犯罪者は人目が気になります。防犯カメラの目も当然気になります。犯行を行うときは、人目につかない場所、防犯カメラがない場所を選びます。従って、エレベータ犯罪が発生する確率の高いところは、エレベータに防犯カメラが設置されていない場所です。

近年、防犯モデルマンションをはじめ、マンション内に防犯カメラを設置しているマンションが増加しました。防犯対策を行ったマンションは、犯罪発生率が減少したかと思います。

しかし、まだ、防犯カメラを設置していない、また、防犯システムを導入していないマンションも多数あります。

エレベータの防犯カメラはもう常識となっています。エレベータ犯罪が再度多発する可能性があることから、設置されていないところが狙われる可能性があります。
被害に遭ってから後悔しないためにも、今一度安全対策の見直しが必要です。


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る