1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成26年12月10日)「大切なのは「住職自身の危機感」(8)」(弊社提供連載)

メディア・新聞報道

赤外線センサー設置 敷地内全域をカバー

中外日報(平成26年12月10日)防犯ズームイン(弊社提供連載)

「大切なのは「住職自身の危機感」」

防犯機器の取り付け例。本堂天井に設置した人感センサー写真

「寺の住職というのは思いの外、出掛ける機会が多い。信仰の対象であるご本尊や伽藍を守るのは住職の使命だが、監視の目が行き届かないのも現状だ」こう話すのは、滋賀県内のある住職。寺は開放されているべきとの考えから、外出する際や夜間もできるだけ閉門しないようにしてきたが、警察の指導もあって近年は閉門・施錠を徹底するようにしている。

本堂の外にあった賽銭箱も、泥棒に遭わないよう、建物の中に移動させた。近隣の民家で空き巣が発生したこともあり、今では閉門や戸締まりをしていないとかえって不安になる。

そこで、この寺では、数年前から防犯機器を利用し、「目が行き届かない」不安の解消に役立てている。利用しているのは、センサーが人を検知すると明かりがつく「人感ライト」や防犯カメラなど。「お金をかければもっとしっかりした警備ができるのだが」と住職は苦笑するが、それでも防犯機器の設置後は、不安を感じることがずいぶん少なくなったという。

一方、防犯機器の設置後も続けている習慣がある。就寝前の境内の見回りと、夜間に境内の外灯つけっぱなしにしておくことだ。「泥棒はとにかく明かりが怖い。夜も外灯を消さず、寺を『不夜城』にするくらいのつもりで明るくしている」

住職は、「大切なことは、住職自身がしっかりと危機感を持つこと。日頃から防犯に対する姿勢を住職が見せていれば、地域の人や檀家さんにも伝わるはず」と話している。

この寺の防犯システムは、潟Zキュリティハウス・センターが展開する防犯機器専門の全国ネットワーク130社の一社で京都市のセキュリティハウスみやこ友田彰夫社長‖総合防犯設備士)が担当した。

問い合わせは、セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」‖電話075(584)6600‖まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る