1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成26年10月8日)「不審者寄せつけない抑止力(6)」(弊社提供連載)

メディア・新聞報道

不審者寄せつけない抑止力

中外日報(平成26年10月8日)防犯ズームイン(弊社提供連載)

「不審者寄せつけない抑止力」

岐阜県可児市の臨済宗妙心寺派海印寺

岐阜県中南部の可児市にある臨済宗妙心寺派海印寺では、6年余り前の2008年6月から、防犯システムを活用している。

きっかけは、当時、全国的に相次いでいた仏像盗難や押し込み強盗事件。新聞やテレビでも大きく報道され、社会問題となっていた。同寺は、「寺の安全は自分たちの手で守ろう」と、防犯カメラを中心とする警備システムの導入を決めた。

同寺は小高い山を背にした位置にあり、本堂や庫裏から死角となるこの裏山が、最大の不安要因だったという。カメラと人感ライト、赤外線センサーなどを組み合わせることで、賽銭泥棒や不審者を寄せつけない抑止効果が生まれ、「裏山の不安」も払しょくすることができた。

もっとも、ふだんは侵入防止以外の目的でもカメラやセンサーが活躍している。檀家らのお参りの様子やローソクの火の消し忘れを確認するなどしていて、同寺は「侵入を未然に防ぐ安心感に加え、便利な使い方も重宝している」としている。

海印寺の防犯システムを設計・施工したのは、岐阜県多治見市のセキュリティハウス黎明(古賀政男社長)。同社は、京都市山科区の潟Zキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器販売の専門ネットワークに加盟しており、この全国ネットには現在、同社を含む130社が参加している。

問い合わせは潟Zキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」‖電話075(584)6600。

写真:6年前から防犯機器を活用している岐阜県の海印寺



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る