1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成25年8月27日)「お寺と神社の防犯NOW(40)」(弊社提供連載)

メディア・新聞報道

炎センサー設置を

中外日報(平成25年8月27日)お寺と神社の防犯NOW(弊社提供連載)

「見えない所の火災不安も解消」

八王子市の曹洞宗観栖寺。境内に中村雨紅の歌碑がある

夕焼け小焼けで/日が暮れて/山のお寺の/鐘が鳴るおなじみの童謡「夕焼け小焼け」は、東京都八王子市出身の中村雨紅(なかむらうこう)の詩に、草川信が曲を付けたもの。

今からちょうど90年前の大正12(1923)年に発表された。夕焼け空、山寺からの響きわたる鐘の音。牧歌的な山村の光景が目に浮かぶようで、今も代表的な童謡の一つとして親しまれている。

八王子市西寺方町の曹洞宗観栖寺(かんせいじ)には、中村雨紅の歌碑があり、一説には同寺の梵鐘が「夕焼け小焼け」で歌われる鐘のモデルともいわれる。

そんな同寺は、平成23年6月にセキュリティー機器を導入、主に火災予防に役立てている。
炎センサーは、放火や失火などの不安を解消するのが狙いで、境内の死角を中心に複数台を設置した。
このほか境内外周に赤外線センサーも配置しており、同寺では「目の届かないところの火災の心配が解消されて良かった」としている。

観栖寺の防犯システムを設計・施工したのは、同じ八王子市にあるセキュリティハウス西東京(島村一郎社長‖総合防犯設備士)。同社は、京都市山科区の潟Zキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門の販売ネットワークに加盟。この販売ネットワークには現在、北海道から沖縄までの全国32社が参加している。

問い合わせは潟Zキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」‖電話075(584)6600‖まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る