1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成25年1月29日)「お寺と神社の防犯NOW(33)」(弊社提供連載)

メディア・新聞報道

檀家も導入後押し

中外日報(平成25年1月29日)お寺と神社の防犯NOW(弊社提供連載)

「檀家の安心が何より」

池上本門寺の山内寺院・養源寺。10年ほど前から防犯機器を活用

東京都大田区池上の日蓮宗養源寺は、同宗大本山池上本門寺の山内寺院の一つ。本門寺を中心とした池上かいわいは、古くから首都・東京における寺町エリアとして知られ、養源寺も「池上七福神」のうち恵比寿さんを祀るお寺として信仰を集めてきた。

その養源寺では、10年ほど前から防犯システムを活用中。かねて防犯対策の必要性を感じていたところに檀家からの積極的な後押しもあり、セキュリティー機器の導入を決めたという。3年半ほど前には、機器のリニューアルも済ませた。

利用するのは、防犯カメラや火災検知用のセンサーのほか、警備中であることを外部に明示し威嚇・抑止効果を高める表示器「セキュリティキーパー」など。同寺では、火災対策と防犯対策を合わせて実現することができたとした上で、「檀家さんたちに安心していただけることが何より」と話している。

養源寺の防犯システムを手掛けたのは、東京都港区のセキュリティハウスSE(三宅勇雄社長‖総合防犯設備士)。京都市山科区の潟Zキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門の販売ネットワークの一社で、この全国ネットには現在、北海道から沖縄までの133社が加盟している。

問い合わせは潟Zキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」‖電話075(584)6600‖まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る