1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成24年9月27日)お寺と神社の防犯NOW 物騒な世の中だから・・・防犯機器の備えも(29)

メディア・新聞報道

物騒な世の中だから・・・防犯機器の備えも

中外日報(平成24年9月27日)「お寺と神社の防犯NOW(29)」(弊社提供連載)

賽銭泥棒の被害に遭ったのがきっかけ

本尊「駒止めの観音様」を祀る心性寺 殿様を乗せた馬が、ある場所で立ち止まったまま、一歩も動かなくなってしまった。不思議に思った殿様が家来に命じてそこを掘らせてみると、一体の観音像が現れた。
 こんな言い伝えを持つ仏像が、岐阜県多治見市笠原町の天台宗心性寺にある。本尊の聖観音菩薩像で、伝承は江戸時代初期のもの。以降、誰が言うともなく「駒止めの観音様」として親しまれており、このほか同じ頃の同寺住職が刻んだという千体仏も伝わる。
 同寺では、こうした大切な仏像を守るため、このほど防犯システムを導入したばかり。賽銭泥棒の被害に遭ったのがきっかけで、「防犯機器に頼らなくて済むならその方が良いと思っていたが、こうも物騒な世の中になればセキュリティー機器の助けを借りないわけにはいかない」と設置を決めた。
 不審者が侵入してもすぐさま異常を検知できるよう、伽藍の全ての扉にマグネットスイッチを取り付けたほか、防犯カメラと記録用レコーダー、火事を防ぐ熱感知センサーなども取り入れた。
 「物騒な世の中になったことは悲しいが、機器のおかげで不安もなくなり安心できるようになった」と同寺。
システムを活用するようになって日は浅いが、伝承と共に古くから受け継がれてきた「駒止めの観音様」も安堵していることだろう。
 心性寺の防犯システムは、多治見市のセキュリティハウス黎明(古賀政男社長)が設計・施工を担当した。同社は京都市山科区の潟Zキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門ネットワークの一社。この全国ネットには現在、北海道から沖縄までの135社が加盟している。
 問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る