1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成24年7月26日)お寺と神社の防犯NOW 要所押さえ広い境内守る(27)

メディア・新聞報道

要所押さえ広い境内守る

中外日報(平成24年7月26日)「お寺と神社の防犯NOW(27)」(弊社提供連載)

「もしセキュリティーがなかったら…」賽銭泥棒逮捕につながった事例も

会陽が有名な岡山市の西大寺観音院。防犯機器を積極活用する  岡山市にある高野山真言宗別格本山西大寺観音院は、大阪・四天王寺の「どやどや」などと共に「日本三大奇祭」の一つに数えられる裸祭り「会陽(えよう)」で知られる。祭りの発祥が奈良時代と伝えられる通り同寺の歴史は古く、県下有数の古刹として親しまれてきた。
 そんな西大寺では、5年ほど前から防犯設備を導入。寺務所から遠隔操作が可能な防犯カメラのほか、赤外線センサー、屋外対応の炎センサーなどを要所ごとに複数設置し、本堂や三重塔、高祖堂、仁王門をはじめとした境内の諸伽藍を火事や犯罪から守っている。
 「設備が整って以降は火事などに対する心理的な不安が解消された」と同寺。本堂に侵入した泥棒や賽銭泥棒の逮捕につながったケースも何度かあり、「もしもセキュリティーがなかったらと思うと今でも身震いがします」とセキュリティー機器には大きな信頼を寄せている。
 同寺の防犯システムは岡山市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長‖総合防犯設備士)が設計・施工を担当した。
 境内が広いため必要な機器の数も多く、複雑なシステム設計となったが、同寺は「金額的にもリーズナブルで、センサー類が作動した際やアフターサービスも充実している」としていて、機器だけでなく同社への満足度も高いようだ。
 同社は、京都市山科区の(株)セキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器販売専門ネットワークの一社で、この全国ネットには現在、北海道から九州・沖縄までの133社が加盟している。
 問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る