1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成23年6月7日)お寺と神社の防犯NOW 二重三重に侵入ブロック(13)

メディア・新聞報道

「二重三重に侵入ブロック」

中外日報(平成23年6月7日)「お寺と神社の防犯NOW(13)」(弊社提供連載)

万一のケースは即、通報

「お寺や神社は狙われない」との安全神話は、もはや過去のものと認識しなければならないのだろうか。日常的に発生しているともいわれる賽銭泥棒、相次ぐ仏像盗難。寺社に侵入しての窃盗犯罪は後を絶たない。

こうした状況を受け、ここ数年で防犯対策に乗り出したという寺社は多く、愛知県春日井市の明照寺もその一つ。とりわけ全国的に多発した仏像盗難がきっかけになったといい、「今まで大丈夫だったからといって、これからも被害に遭わない保証はない」と今年に入って防犯システムの導入を決めた。

設置したのは、境内外周や伽藍の周囲を警戒する赤外線センサーをはじめ、防犯カメラや火災警報機など。標準的な防犯システムではあるが、不審者の侵入を二重三重に防ぐことで、仏像などの文化財を盗難被害から守るだけでなく、放火を含む火災に対する備えにも万全を期した。

また、設置したセンサー類には自動通報機能を付け、万が一のケースも迅速に対応できるよう配慮した。不審者の侵入を検知すると、あらかじめ登録しておいたアドレスにメールを即送信する仕組みで、同寺では「被害に遭わないよう最善を尽くすのはもちろんだが、もしもの場合も直ちに異常を知らせてくれるのは心強い」としている。

明照寺の防犯システムは、名古屋市中区にあるセキュリティハウスITG(小川毅社長)が設計・施工。同社は(株)セキュリティハウス・センター(本部=京都市山科区)が全国展開する販売ネットワークの1社で、「セキュリティハウス」ブランドの販売ネットには133社が参加している。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600=まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る