1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成22年6月29日)お寺と神社の防犯NOW 防犯対策は待ったなしの状況(4)

メディア・新聞報道

防犯対策は待ったなしの状況

中外日報(平成22年6月29日)「お寺と神社の防犯NOW (4)」(弊社提供連載)

前年比777件、7.8%増の寺社被害

今年5月に警察庁から発表された「平成21年の犯罪情勢」。この統計によると、平成21年の刑法犯認知件数は1,703,044件で、前年に比べて 6.3%減少した。平成14年に戦後最多を記録して以降は減少に転じており、翌15年から7年連続の減となっている。

一方、神社仏閣の項目に目を向けると、昨年の認知件数は10,748件。総数に占める割合は0.6%余りにとどまるものの、全体が減少傾向にある中、前年比777件、7.8%の増加となった。強盗が前年に比べて2倍の10件、放火が21件などとなっており、寺社の防犯対策は待ったなしの状況といえるだろう。

こうした中、寺社で犯罪被害が相次ぐのを受けて防犯システムを導入したのが、岡山市北区の吉備津神社。県下きっての古社で、近ごろはパワースポット≠ニして県外からもたくさんの人が訪れる。防犯システムを取り入れたのも、多くの参拝者と境内の安全を維持するのが狙い。

設置したのは、24時間・365日の撮影が可能な防犯カメラシステム。境内や駐車場の様子が昼夜の別なくチェックできるようになり、とりわけ夜間の防犯態勢を強化した形だ。

この防犯システムは、同市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長=総合防犯設備士)が設計・施工した。同社は昭和52年の創業で、神社仏閣についても80件超の納入実績を持つ。小野社長を含めて2人の総合防犯設備士を擁するなど豊富な経験が強みといえ、今後も安全な地域づくりの一翼を担っていく考えだ。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600。同社の全国ネットには現在、北海道から沖縄までの133社が参加している。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る