1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成22年3月30日)お寺と神社の防犯NOW 音と光で侵入者撃退(2)

メディア・新聞報道

音と光で侵入者撃退

中外日報(平成22年3月30日)「お寺と神社の防犯NOW (2)」(弊社提供連載)

機器の意識的露出で”抑止”

仏像鑑賞が幅広い世代の人気を集める一方、仏像盗難という痛ましい事件が多発している。仏罰をも恐れない、そんな不遜(ふそん)なやからが後を絶たない現実を前にして、お寺や神社の危機管理≠ヘどうあるべきか。人々が集う開かれた寺社であり続けるためにも、安全な境内環境づくりは喫緊の課題となっている。

こうした中、仏像などの盗難被害を防ごうと防犯機器を設置したのが、埼玉県蓮田市にある曹洞宗秀源寺。「狙わせない環境づくり」を第一に考えたといい、赤色回転灯とサイレンが内蔵された屋外型防犯灯を設置するなど、防犯機器の存在を意識的に露出≠ウせて抑止効果を高めた。

境内についても、侵入検知センサーなどを取り入れて万全を期す。センサーでいち早く侵入を検知するとともに、もしもの場合は警報ベルや電子サイレンが流れて侵入者を撃退する仕組み。音や光は不審者が最も嫌う要素といえ、同寺の防犯システムはこうした心理的作用も応用することで招かれざる客≠寄せつけない。

これら秀源寺の防犯システムは、同県久喜市のセキュリティハウス東埼玉(岩崎信弥社長)が設計・施工。同社は (株)セキュリティハウス・センター(京都市山科区)が展開する全国ネットワークに加盟していて、今年は昭和50年の設立から35周年に当たる。

秀源寺のほか勝願寺や金剛寺など県内の神社仏閣にも防犯機器を納入しており、「防犯設備士」の有資格者が9人いるのも強み。無料防犯診断などを通じ、地域の安全を目指して奮闘の毎日だ。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部=電話075(584)6600=。同社の全国ネットには現在、北海道から沖縄までの133社が参加している。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る