ガラス破壊センサ送信機


窓、扉、ショーウィンドウなどのガラス破壊を検知します。

シェア

資料請求はこちら


特長

●窓、扉、ショーウィンドウなどのガラス破壊を検知します
●ガラス面に接着させる圧電方式のガラス破壊センサーです
●警戒エリア:半径180cm以下(ガラス面)
●アルカリ電池仕様と長寿命のリチウム電池仕様の2種類をラインナップ
●専用ガラス破壊センサー(GS-04)は最大10台まで増設可能
※専用接着剤(別売) KE-347T(オープンプライス)

仕様
電源電圧 単3アルカリ電池×2本
電池寿命 約2年(1日1回発報(送信)、常温時)
※電池寿命は常温時での運用における目安であり、保証値ではありません
電波到達距離 約100m(見通し距離)
付帯機能 電池切れ報知機能・定期送信機能
送信モード切替機能・タンパー機能・規制送信機能
外形寸法 送信部:W40×H140×D23mm
センサー部:Ø37×15mm

このページを閉じる