赤外線センサー


変調周波数切替機能を搭載した2段ビーム型赤外線センサー

シェア

資料請求はこちら


任意の方向にビーム設定が可能

投光器・受光器ともに内部光学系を水平角±90°回転することができますので警戒方向を任意に設定できます。

応答速度可変機能

遮光応答速度は0.05〜0.7秒までボリュームで連続可変。現場に応じた誤報対策が図れます。

防虫対策も万全

アリ、クモ、ゴキブリ、ハチなどが内部に侵入しないよう工夫された構造になっています。

親切設計

・AGC(自動感度調整)回路を搭載。
・幅広い調整範囲(水平角±90°垂直角±10°)
・ポール取付用の金具を標準で付属。(適合ポール:φ38〜φ45mm)
・オプションいろいろ(ポール、ポールカバー、ハウジングケースなど)

変調周波数切替機能

複数の赤外線センサーで直線警戒する場合や多段警戒時に威力を発揮。投光器・受光器のパルスビームの変調周波数を切り替えることにより、相互干渉を容易に避けることが可能になりました。(スイッチで1ch〜4chの変調周波数切替が可能です。)

2段ビーム同時遮断方式

上下2本の赤外線ビームを同時に遮断しないと発報しないAND方式の採用により、鳥の飛来や落葉など時間差のある瞬間的な遮光による誤動作が大幅に軽減されます。

外乱光対策

可視光線を効率よくカットする特殊フィルターを採用するとともに、外光補償回路の強化により5万ルクスの照度変化にも影響を受けることがありません。太陽光、水銀灯、蛍光灯、車のヘッドライトなどの影響も普通の使用状態では問題になりません。

万全の霜、露対策

センサーカバーに特殊フードを装着しておりますので、センサーが霜や露に覆われても赤外線ビームは、途絶えることなく警戒を続けます。

簡単・正確な光軸調整

ファインダー式の照準器と付属の減衰シートで光軸を簡単・正確に合わせることができます。また、市販のテスターで受光感度がチェックできるモニタージャックが付いています。

仕様
品番 PB-20TE
検出方式 近赤外線ビーム遮断方式:対向型(2ビーム同時遮断方式)
警戒距離 屋外20m以内(屋内40m以内)
距離余裕 屋外:10倍(200m)屋内: 5倍(200m)
検知応答時間 遮光時間:0.05〜0.7秒(ボリュームにて可変)
電源電圧 DC10V〜30V(極性なし)
消費電流 55mA以下
警報出力 無電圧リレー接点(c接点)
接点動作:遮光時間+オフディレイ動作(約2秒)
接点容量:AC/DC30V・0.5A(抵抗負荷)
タンパー出力 無電圧接点(b接点)
接点動作:カバーをはずした時に出力
接点容量:AC/DC30V・0.5A(抵抗負荷)
アラーム表示灯 赤色LED(受光器)警報出力時:点灯
受光感度表示灯 赤色LED(受光器)受光感度減衰時:点灯
付帯機能 変調周波数機能(4ch)・モニタージャック
出力・AGC回路・防霜カバー
使用可能周囲温度 -25℃〜+60℃
設置場所 屋外・屋内
配線接続 M3セルフアップ端子式
質量 投光器:約380g 受光器:約400g
外観 PC樹脂(ワインレッド)

このページを閉じる