パッシブセンサー

クロスデュアルツイン素子(8素子)を搭載したラウンド警戒用パッシブセンサー
(ラウンド警戒用 パッシブ型遠赤外線式)

資料請求はこちら

特長

  • 究極のクロスデュアルツイン素子を搭載
    パッシブインフラレッド方式としては究極のクロスデュアルツイン素子を搭載。感度特性・ゾーンの方向性といったラウンド警戒型の諸問題をクリアすることにより、信頼性が格段に向上しました。

  • 広いスペースの立体警戒に最適
    天井面の中央に取り付け、1台で約115m2(高さ:3.6m×12m)のエリアを33対のセンシティブゾーン(熱感帯)で広域立体警戒できますので、警備のコストダウンが図れます。

  • ASC(自動感度調整)回路
    室温と侵入者の体温とのバランスに応じて、自動的に適正感度にセットするASC回路内蔵。

  • 電波障害にも強い信頼設計
    ラインより入ってくる電気的なノイズや、空中を伝播するノイズに対し、回路設計・機構設計など独自のN.E.方式を採用することにより、効果的な電波対策をとっています。

  • アラームメモリー機能
    センサー外部に制御用接点を付加配線することにより、発報したセンサーを表示灯の点灯により確認できます。

  • アラーム表示灯コントロール
    センサー外部に制御用接点を付加配線することにより、表示灯のON/OFFを遠隔操作できます。
    ※センサー内部のスイッチでもコントロール可能です。

  • 信頼と親切設計
    ●DC12V使用時:15mAという低消費電流。
    ●エリアが目で確認できる照準エリア調整機能付。
    ●フローティング機構により、上下・左右方向のエリア調整が可能。
    ●設置条件によっては微調整ができる感度ボリューム付。
    ●オプションの埋込用アタッチメントとの組み合わせで埋込型として使用可能。

仕様

品番 PA-8100
検出方式 パッシブインフラレッド方式
(クロスデュアルツイン+CPU搭載)
警戒エリア ラウンド警戒 H3.6mφ12m 264本(33対)
電源電圧 DC9~18V (極性なし)
消費電流 15mA以下 (警戒時)
警報出力 接点方式 : 無電圧リレー接点 (c接点)
接点動作 : ワンショット動作 (約2秒)
接点容量 : AC/DC30V・0.1A (抵抗負荷)
タンパー出力 無電圧接点 (b接点)
アラーム表示灯 赤色LED
警報出力時 : 点灯
付帯機能 アラームメモリーコントロール
アラーム表示灯コントロール
低電圧警報 : DC9V以下で警報信号を出力
使用可能周囲温度 -10℃~+50℃ (結露なきこと)
設置場所 屋内 : 天井面取付
設置場所 屋内 : 天井面・壁面取付
配線接続 セルフアップ端子式
質量 約330g
外観 本体 : ABS樹脂 カバー : PE樹脂
閉じる

このページのトップに戻る