パッシブセンサー

CPUで各種の機能を制御する広域警戒用パッシブセンサー
(パッシブ型遠赤外線式 立体警戒型・20m用)

資料請求はこちら

特長

  • デュアルツイン素子+CPU
    CPUで検知機能、アラームメモリー機能などをインテリジェンス制御します。

  • 過酷な設置条件下での使用に最適
    小動物(ネズミ、イヌ、ネコなど)、外乱光、すきま風、外部ノイズなど誤動作の原因となりやすい現象が発生しても、デュアルツイン効果により、影響を受けることが殆どありません。

  • ASC(自動感度調整)回路
    室温と侵入者の体温とのバランスに応じて、自動的に適正感度にセットするASC回路内蔵。シーズン毎の感度調整は不要です。

  • 電波障害にも強い信頼設計
    ラインより入ってくる電気的ノイズや、空中を伝播するノイズに対し、回路設計、機構設計など独自のN.E.方式(ノイズエリミネータ)を採用することにより、効果的な電波対策をとっています。

  • 理想的な警戒エリア
    独自の光学技術を駆使し、マルチパラボラミラーを採用。理想的な警戒エリアを実現しました。立体空間を高密度高効率に警戒します。

  • 簡単なエリア設定
    センサーユニット裏面にエリアセレクターとエリア設定表を搭載しておりますので、警戒エリアの設定は簡単です。

  • 信頼と親切設計
    ●動作確認に便利なウォークテストスイッチ付。
    ●エリアが目で確認できる照準エリア調整機構付。
    ●照準調整状態から警戒状態へ自動的に切替わるオートリターン機能付。
    ●安全性を重視したタンパー出力を装備。
    ●オプションのレベルチェッカーで設置環境がチェックできる調整用ジャック付。
    ●オプションの埋込用アタッチメントとの組合わせで、埋込型として使用可能。
    ●壁付時に便利な壁付用アタッチメントもオプション設定。

仕様

品番 PA-5020F
検出方式 パッシブインフラレッド方式
(デュアルツイン)
センシティブゾーン 68本 (17対)
警戒エリア 広域立体警戒 最長部20m
電源電圧 DC10.5~30V (極性なし)
消費電流 25mA以下 (b接点時)
35mA以下 (a接点時)
警報出力 無電圧リレー接点 : 警報時 開(1b) または閉(1a)   
接点動作 : ワンショット動作 (約2秒) 
接点容量 : AC/DC30V・0.25A以下 (抵抗負荷)
          (接点保護抵抗3.3Ωを内蔵)
タンパー出力 無電圧接点 : 警報時 開(1b) 
接点容量 : AC/DC30V・0.5A以下 (抵抗負荷)
アラーム表示灯 赤色LED
 ウォームアップ時 : 点滅
 警報時 : 点灯
 (モードセレクターでON/OFF可能)
メモリー表示灯 黄色LED
 メモリー起動時:点滅
 メモリー表示時:点灯
 (モードセレクターでON/OFF可能)
角度調整範囲 上下方向:20°、水平方向:24°(可動ベース部にて可)
使用可能周囲温度 -15℃~+55℃ (結露なきこと)
設置場所 屋内 : 天井面取付 (別売アタッチメントにて壁付可能)
配線接続 分離式ベースの端子台にM3セルフアップ端子にて配線接続
質量 約330g
外観 本体 : ABS樹脂、カバー : PE樹脂
閉じる

このページのトップに戻る