屋外・屋内用パッシブセンサー


水平エリア・下向きエリアの2方向AND検知により誤動作を軽減!
屋外での、より安定した警備が可能となりました。

シェア

資料請求はこちら


水平エリア・下向きエリアの2方向AND検知採用

検知方式は、水平エリア・下向きエリア両方が検知した場合のみ検知信号を出力するAND検知のため、犬や猫などの小動物による誤動作や、検知エリアが伸びすぎることによる誤動作を軽減し、屋外でより安定した警備が可能です。

上段・下段2つのセンサーで水平180°の警戒エリア

センサーが上段・下段に2つあるため、水平180°の警戒が可能です。
また、検知方式は上段下段でのAND検知、OR検知の選択が可能です。

エリア調整により窓の警戒が可能

付属のエリアマスクシートでエリア調整することで窓の警戒が可能です。MS-12Fは上段・下段2つのセンサーにより、1台を中心に設置して左右両側の窓が警戒できます。

屋外設置が可能

防雨構造ですから屋外設置が可能です。壁及びポールに取り付けできますので、設置場所を選びません。(ポール設置の場合は別途取付金具が必要です)

昼夜判別機能

周囲の明るさにより出力を制御する昼夜判別機能を搭載しています。
夜間のみの動作が可能です。(約10lx〜∞可変)

感度調整ボリューム

設置される環境や用途、動作状態に応じて感度の微調整ができる感度調整ボリュームを内蔵しています。人体を検知する感度を約30%〜170%の範囲で調整できます。

便利機能と親切設計

●電源電圧は10.5V〜30V(極性なし)と広範囲。

ご使用上の注意

●屋外用パッシブセンサーを屋外で使用される場合は、簡便な用途(例えば、ご使用になるシステムに重大な影響を与えたり、周囲に迷惑をかけたりしない用途)のみに限ります。
●屋外用パッシブセンサーは、屋外の検知ゾーン内の物体が、気象変化などにより温度変化を受けたとき、設置条件によっては誤報・失報する場合がありますの でご了承ください。(例えば、夏期など気温と人の温度差が少ない時は検知感度が鈍くなったり、検知ゾーン内に風で動く樹木がある時は発報したりすることが あります)
●従って、本格的な警備用途の屋外用センサーとしては、屋外用赤外線センサー、コンビネーションセンサー、フェンスセンサーなどをご使用ください。

仕様
品番 MS-12F-N
検知方式 パッシブインフラレッド方式(ツイン)
検知エリア 左記×2段(上段+下段)
エリア調整範囲 水 平:±90゜
探知距離:3〜12m[9段階]
(下向きエリアの垂直角調整にて)
電源電圧 DC10.5V〜30V(極性なし)
消費電流 40mA以下
検知出力 無電圧リレー接点 1a/1b切替式[スイッチにて]
容 量:30V(AC/DC)・0.5A以下(抵抗負荷)
接点動作:オフディレイ動作 検知時間+約2秒〜5分[ボリュームにて]
動作モード:約10 lx(夜間)〜∞lx(昼夜)
[昼夜判別機能] [ボリュームにて]
タンパー 無電圧接点(b接点)
容 量:AC/DC30V・0.5A(抵抗負荷)
動作表示灯 赤色LED ウォームアップ時:点滅(約1分間)
検知時 :検知出力に同期して点灯
(すべて消灯に設定が可能)
カウント切替機能 1回/3回[スイッチにて]
感度調整 30%〜170%[ボリュームにて]
検知モード 上段センサー・下段センサーにてアンド動作/オア動作の選択[
スイッチにて]
配線接続 端子式
使用可能周囲温度 -20℃〜+50℃(結露・氷結なきこと)
設置場所 屋内・屋外(防雨構造)
質量 約470g
外観 本体:ABS樹脂 窓部:PE樹脂

このページを閉じる