ガラス破壊センサー


シャープな検知性能! 超音波集音式のガラス破壊センサー
窓などの板ガラスが破壊された時に発生する特有の超音波を高感度に検知し、リレー信号を出力する超音波集音式のセンサーです。

シェア

資料請求はこちら


ガラス破壊音を確実にキャッチ

ガラス破壊時に発生する特有の超音波をシャープにピックアップし、周波数や音圧などに応じて正確に信号処理。外部ノイズをシャットアウトします。

環境チェック機能

設置場所の環境チェックや動作の確認が簡単にできるモードスイッチと表示灯が装備されています。

設置が簡単で場所も選びません

警戒エリアが垂直6m・水平4mで可変範囲も45°と広く、壁面に簡単に設置できます。又、1台で複数の板ガラスを警戒できる非接触式のため、美観を損なわず施工・保守も容易です。

アラームメモリー機能

ガラス破壊音を検知するとアラーム表示灯(赤色LED)が約60分間点灯を続けますので、複数台設置されても発報箇所が容易に判別できます。

便利機能と親切設計

●最適な感度にセットできる感度調整ボリュームが付いています。
●シュミレーション用のガラスチェッカー:EG-2000(オプション)も用意しています。
●広範囲な電圧(DC10.5V〜20V)で駆動可能です。
●設置場所のインテリアを損なわないコンパクトなボディとスマートなデザインです。

仕様
品番 GS-1000
検出方式 超音波集音方式
警戒エリア 垂直方向8m・水平方向7m(天井取付時)
(1辺20cm、面積400cm2以上の板ガラス)
電源電圧 DC10.5V〜20V(極性なし)
消費電流 50mA以下(警戒モード時)
70mA以下(チェックモード時)
警報出力 無電圧リレー接点(c接点)
接点動作:ワンショット動作(約1.5秒)
接点容量:AC/DC30V・0.5A(抵抗負荷)
タンパー出力 無電圧接点(b接点)
アラーム表示灯 赤色LED警報出力時:点灯
メモリー機能 検知後約60分間アラーム表示灯が点灯後自動消灯
環境表示灯 橙色LED環境不良時:点灯
エリア角調整範囲 +42°〜-3° (3°ピッチ)
使用可能周囲温度 -10℃〜+50℃
設置場所 屋内:天井面・壁面取付
配線接続 M3セルフアップ端子式
質量 約170g
外観 カバー部:PE樹脂(ホワイト)
ベース部:ABS樹脂(ホワイト)

このページを閉じる