デジタルサーモ


冷凍・冷蔵庫の内部温度を監視する1ch用のシステム!
設定された保存温度が何らかのトラブルで下限あるいは上限を越えた時、警報信号を出力します。通報装置を使用して遠隔地に通報することもできますので、24時間体制で大切な食品や薬品を見守ります。

シェア

資料請求はこちら


簡単な監視温度設定

アップキー、ダウンキーの操作とデジタル表示により、簡単に監視温度の設定ができます。

監視温度範囲は-40℃〜+40℃

下限-40℃から上限+40℃までが監視温度範囲です。この間なら0.1℃単位で設定可能です。

調節感度範囲は0.5℃〜9.0℃

監視温度よりも0.5℃〜9.0℃(0.5℃単位で可変)上昇すると警報信号を出力します。

高精度な温度センサー

マイコンによる0.1℃単位の高精度な測温技術で、わずかな温度変化も見逃しません。

自己診断機能

オーバーフロー、センサー短絡、センサー断線、内部回路異常をデジタル表示でお知らせします。

メモリー保護は不揮発性メモリー

メモリー保護は不揮発性メモリーを採用しています。
書き込み回数は10万回です。

※温度センサー「FTB-E52」は切断せずに接続して下さい。

仕様
品名 デジタルサーモ
品番 FTB-02UP(上限用)
電源電圧 DC12V±10%
メモリー保護 不揮発性メモリ(書込回数10万回)
消費電力 0.3W
使用センサー サーミスタ(別売:FTB-E52)
警報出力 リレー出力 1C AC250V 3A・DC30V 3A
設定方式 アップ/ダウンキーによるデジタル設定
設定温度範囲 -40℃〜+40℃
使用可能周囲温度 -10℃〜+55℃(但し氷結しないこと)
使用可能周囲湿度 35〜85%RH
質量 約270g(金具含まず)
外観 ライトグレー(マンセル5Y8.5/1)

このページを閉じる