センサーケーブル


警備対象施設の外周フェンスよりの侵入者を検知し、警報動作を行うフェンス監視システムです。

シェア

資料請求はこちら


特長

●センサーケーブルでフェンスに加わった振動を検出し、ファジイ理論を用いてコントローラでレベル判定します。
●振動レベルに応じて「注意出力」と「警報出力」を送出します。
●警戒区間は最長300m(1区間当り)まで可能ですので、広大な敷地にも対応できます。
(※フェンスの形状により警戒距離が変わります。)
●センサーケーブルはフェンスに直接、結束バンドで固定するだけです。
●センサーケーブルの終端に終端ボックスを接続することにより、断線・短絡を検知できます。

このページを閉じる