フェンスセンサーD7K型


外周フェンスからの侵入者を検知し、警備を行うフェンスセンサーです。フェンスセンサーD7K型は、警備対象施設にある外周フェンスにセンサーを取付け、フェンスからの侵入者を検知する新方式のセンサーです。センサーの機器構成もシンプルで、フェンスにセンサーケーブルを取付けることによりフェンス網部全体がセンサー化し、屋外で安定した面警戒の警備が可能です。

シェア

資料請求はこちら


フェンス全体(網部分)を監視する面警戒方式

面警戒方式を採用、より厳重な警備が可能です。
また、重要施設(発電所等)での赤外線センサーとの併用による2重警戒用センサーとしても最適なセンサーです。

雪、濃霧、霜等の影響を受けない

赤外線での警戒が難しい設置個所にも最適なセンサーです。

シンプルなハード構成

赤外線での警戒が難しい設置個所にも最適なセンサーです。

工事コストの削減・工期の短縮

センサーケーブルをフェンスに直接結束バンド(付属品)で固定していくだけなので、コストを抑え、工期の短縮にもつながります。

システム構成機器

コントローラ             センサーケーブル         終端ボックス

このページを閉じる