防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

京都 事務所の金庫から1500万円盗まれる被害

京都府井手町では会社の事務所が荒らされ、金庫が奪われました。

11日朝、出勤した会社の社長が、ドアのガラスが割られていることに気づいて警察に通報したということです。

金庫には会社の運転資金など約1500万円が入っていて、警察が窃盗事件として捜査しています。

井手町ではことし3月にも同じような事件が起きていて、警察は関連を捜査する方針です。
<関西テレビ 6月11日(土)18時27分配信より>

窃盗事件というのは日々新聞やテレビ、雑誌等でニュースとして報道されています。

それらの記事を読んだ経営者というのは自分の問題としては考えないものでしょうか。

一般の社員は違うかもしれませんが、経営者は自分の会社に置き換えて考えるべきだと思います。

泥棒被害に遭ったニュースを見れば、隣の県で起こった事件だけどうちの会社は大丈夫だろうか、金庫に大金を保管するのは危険ではないか、防犯カメラ設置した方がいいかな、など色々な考えが浮かぶと思います。

私が個人的にいつも感じることは、自宅にしても職場にしても金庫内に大金を置いておくことの危険性です。

常に現金のやり取りが多く、ある程度の金額を置いておかなければならないという事情は分かりますが、単に銀行へ預けに行く時間がない、時間が惜しいという理由は信じられません。

泥棒に入られ、金庫が破られる、金庫ごと盗まれたらゼロになってしまいます。
そんなことは起こらないと多くの人が考えるかもしれませんが、日々の報道を見ていると、毎日のようにどこかで大金が盗まれる事件が発生してしまいます。
次はうちの会社が狙われるかもしれないと考えるべきです。
うちは狙われないというのは全く根拠のない自信です。

今回の1500万円の運転資金が盗まれた会社はどうするのでしょうか。
銀行に別の運転資金分が預けているでしょうか。
まさか盗んだ泥棒が捕まって1500万円全額戻ってくると信じているとは思えないのですが・・・。

自分の世界とは関係ない、影響はないと無視せずに、自分だったらどうするかと自問しながら万が一のケースを想定し、対策を考えるべきでしょう。

対策を考えるだけなら無料です、銀行に預けるのもお金は掛かりません。
お金が惜しいならお金を掛けない対策を考えてみましょう。

京都 高齢者宅で電線点検装い500万円盗む

京都府警福知山署は12日、福知山市内の男性会社員(32)が、電線の点検を装って自宅を訪れた男に現金約500万円を盗まれた、と発表しました。
同署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、10日午後4時ごろ、上下水色の作業服を着た男が会社員宅を訪問。
応対した70歳代の母親に「電線を修理したので点検させてほしい」などと言い、電話の通話テストとして子機を持って2階に上がり、約10分後に帰りました。

会社員が11日夜、2階の自室のたんすから封筒入りの現金約500万円がなくなっていることに気付いたという。

男は40歳代で身長約170センチ、黒色の短髪で太っていたという。
同市内では5月31日にも、この男に似た男が80歳代の男性宅を訪れ、同様の手口で約5万円を盗んだといい、同署は関連を調べています。
<京都新聞 6月13日(月)23時30分配信より>

賃貸マンションに住んでいると、電気やガス、水道、電話回線等はオーナーや管理組合にてマンション単位で契約しており、各入居者では具体的な契約内容等が分かりにくい場合があります。

点検や保守等が何時行われますという案内が郵便ポストに入っていることはありますが、その業者が本当に依頼した先なのか分からない場合もあります。

極端な例かもしれませんが、業者を装って泥棒がマンションごと狙い、点検と称して建物内に入ろうとする可能性もあります。
疑えばきりがありませんが、ポストに入った案内で少しでも不審な点があれば、直接業者に電話をして確認する、マンションのオーナーや管理組合に確認するなどすべきです。

今回の電線の修理業者を装った泥棒にも言えることですが、いきなり何の前触れもなく自宅に来て、中に入らせてくれということはないと思います。
何らかのアナウンスを行うでしょうし、室内に入る場合は、入居者が在宅していることが条件となりますから、不在の場合はどうするのかと考えると怪しい場合は気付くはずです。

ただ、そういうことは日頃から意識していないとなかなか気付きません。
点検か、ご苦労様です、と何も怪しまずに受け入れてしまいがちです。

特に高齢者になると、その辺りの判断は難しくなります。
工事や作業員の人がまさか泥棒の変装した姿とは考えないからです。

こんな時に人間の補佐してくれるのが防犯カメラです。
映像を録画していれば警察を含めた第三者への証拠や情報としても活用できる可能性があります。

身体の不自由な人や高齢者が一人になる時間帯があって心配なお宅は、防犯カメラによる24時間の監視も考えてみてはいかがでしょうか。

近畿2府4県の25大学で連続窃盗

近畿2府4県にある、少なくとも25の大学に侵入し窃盗を繰り返していたとして、無職の男が逮捕・起訴されていたことがわかりました。
被害額は、約920万円に上ると見られています。

建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕、起訴されたのは、兵庫県西宮市の無職の男(27)です。

警察によりますと男は、去年12月、彦根市の滋賀県立大学の生活協同組合に侵入し、現金約5万9,000円を金庫ごと盗むなど、2010年7月ころから5年半の間に、近畿2府4県の大学、少なくとも25校で、あわせて55回の窃盗を繰り返したとみられています。

被害総額は約920万円に上り、男は関与を認めているということです。

男は、自分が大学生だった2009年ころから大学で金を盗んでいたと話していて、盗んだ金はパチンコ代や飲食代に充てていたということです。
<毎日放送 5月30日(月)23時46分配信より>

大学は、正面入口に大きな門があり周囲は壁に囲まれているイメージがあります。

大学が休みのときや夜間は門を施錠し、敷地内への侵入を妨げます。
ただ、それ以外の防犯対策というものは意外にとられていないのかもしれません。

門や壁は乗り越えてしまえばあとは自由に犯行を行うことができます。

大学であれば研究結果や学生の個人情報など重要な資料や情報が数多く存在します。
現金自体はそれほど多く保管していないかもしれませんが、お金に換えることができないものがあります。
これらを門や扉の施錠という対策だけで守っているとは言えないでしょう。
重要や箇所や施設には防犯カメラや入退出の履歴確認の電気錠等、プラスアルファの防犯対策が必須です。

出生率のアップが期待できない現状では、大学への進学率は上がるかもしれませんが、大学生の人数自体は今より減ることが予想され、大学の運営はさらに厳しくなるでしょう。

盗難被害に遭った大学、個人情報が流出した大学というのは致命的なダメージを負う可能性があります。
負のイメージをかぶらないようにもしっかりと防犯対策を行うことが求められます。

ビニール傘を持ち去った場合、実際に検挙される可能性は?

病院にあったビニール傘を持ち去ったところ、被害届を出されてしまった。逮捕されるかもしれない――。このような投稿が5月中旬、インターネット掲示板に書き込まれて、話題になりました。

投稿した人は、治療でおとずれた病院で、ビニール傘を盗んだという。その後、傘の持ち主が被害届を出したため、警察に呼び出された。投稿者はシラを切ろうとしましたが、防犯カメラに映っていたそうで「逮捕されるかもしれない」と不安な心情を打ち明けています。

投稿者のように、自分のビニール傘がなくなっていたために、他の人のを持ち帰ったという人は少なくないかもしれない。投稿者も「ビニール傘盗まれたくらいで怒るのは理解できない」「何回も盗まれているんだからその分盗んでチャラ」などと主張しています。

日本の法律上、他人のものを盗んだら、窃盗罪に問われます。
今回のように、ビニール傘を盗んだ場合も罪に問われるのでしょうか。
また、実際に検挙されるようなことはあるのでしょうか。

●貴重品かビニール傘かで、犯罪の成否に変わりはない

「盗んだものが、貴重品かビニール傘かで、犯罪の成否に変わりはありません」

「窃盗罪は、他人の『占有』するものを盗んだ場合に成立します(刑法235条)。

今回のケースは、病院でビニール傘を盗んだということです。この場合、傘の持ち主か、あるいは病院がその傘を『占有』していることになります。したがって、窃盗罪が成立します。

一方で、電車の座席や網棚のように、一般人の立ち入りが自由にできて、管理者よる管理が十分に及んでいないような場所に置き忘れたものについては、他人の『占有』が否定されて、窃盗罪は成立しません。ただ、この場合は、『占有を離れた』他人のものを横領したことになり、占有離脱物横領罪が成立します(刑法254条)。

他方で、公道や駅の待合室・ホーム、バスの停留所、デパートのベンチなどの公共的な場所に放置されたものについて、持ち主がまだ時間的・場所的に離れておらず、持ち主がすぐに取りに戻ったような場合、まだ『占有が継続』していたとして、窃盗罪がみとめられた例もあります」

結論として、今回のようにビニール傘を盗んだ場合、窃盗罪が成立するということです。

●「負の連鎖」を断ち切るべし

だが、ビニール傘を誰かに持ち去られて、よく似た別の傘を持ち帰るという人は少なくないかもしれません。この場合も罪に問われるのでしょうか。

「もし、自分の傘ではないと気づいていた場合、『故意』に盗んだことになり、窃盗罪が成立します。

一方で、自分の傘だと勘違いして持ち帰った場合には、犯罪の『故意』がないということになり、持ち帰った行為について、窃盗罪は成立しません。

ただし、勘違いして持ち帰った場合でも、あとになって他人の傘だと気づいたのに、自分の物のように使い続けたとしたら、あらためて占有離脱物横領罪が成立することになります」

では、実際に検挙されるようなことはあるのだろうか。

「法律上の犯罪が『成立』することと、実際に検挙されて『罪に問われる』かどうかは、少し別の話になります。放置されたビニール傘を盗んで検挙されるケースは、実際にはほとんどないでしょう。

しかし、現行犯で持ち主に捕まったり、警察に通報された場合や、ストーカーや嫌がらせなどで特定の個人を狙った悪意のある場合、いつも同じ場所で常習的に盗んでいる場合などは、警察から注意や警告を受けたり、ケースによっては逮捕・勾留されて刑事罰を受けることになる可能性もあります。

いずれにせよ、雨の日に傘が盗まれるとイヤな気分になるものです。だからといって、自分も、他の人の傘を盗むのでは、イヤな気分の連鎖が止まりません。そんな『負の連鎖』を断ち切って、いっそのこと雨に濡れたほうが気分は晴れやかになるかもしれません」
<弁護士ドットコム 5月22日(日)6時57分配信より>


盗んだら罪に問われるというのは当たり前の考え方ですが、それすら持っていない人が多いことに驚きます。


自分は何回も盗まれているから1回ぐらい他の人のものを盗んでもいいだろう、それでチャラになるというのは、単なる自分勝手な考え方です。

何回も盗まれている人もいるかもしれませんが、1回も盗んだことがない人がほとんどだと思います。

また、何回も盗んだことがある人は、自分は1回も盗まれたことはないという不公平な場合もあるでしょう。

そういう人はいつか痛い目にあうはずです。


自分が人のものを盗むことによってその人が不快な思いをするということを認識すべきです。

また、盗んだものの金額、被害金額の大きさで罪が重くなる、軽くなるということがあってはいけないと思います。

安いものだから盗んでもいいでしょう?それで訴えることはないでしょう?という考えは改めるべきです。

常習窃盗犯のおかしな欲望 「テナントビルを見ると泥棒したくなる」

京都・兵庫など2府4県で事務所荒らしを繰り返したとして、京都府警は12日、窃盗や建造物侵入などの容疑で、大阪市東淀川区の自称飲食業の男(77)=窃盗、建造物侵入罪などで公判中=を逮捕・送検し、捜査を終結したと発表しました。
府警によると、男は、「テナントビルを見ると泥棒したくなる」などと容疑を認めています。
府警は25件の犯行を裏付け、被害総額は約793万円相当(うち現金被害約762万円)という。

府警によると、男は、平成24年2月~27年12月、京都や大阪、兵庫など2府4県で、会社の事務所のドアをバールなどでこじ開け侵入し、現金などを盗む犯行を繰り返していたという。

府警は1月、盗んだキャッシュカードを使って現金を引き出したとして、男を逮捕しており、逮捕後の供述などから、犯行を裏付けました。
<産経新聞 5月12日(木)20時17分配信より>


この泥棒の欲望や心理状態は理解できませんが、テナントビルを見ると泥棒したくなる、ということはそれだけテナントビルが泥棒にとって魅力があるところということになります。

ビル自体の防犯対策の内容であったり、色々なテナントが入っていることから、ここが駄目ならあっちというように移動が早い、また、現金を置いているところが多いという点も共通しているのかもしれません。

ビルの共用玄関をオートロックにする、人の出入の多そうな箇所のみに防犯カメラを設置するなどビルのオーナーがビルを守るための防犯対策を講じることはありますが、各テナントの防犯対策はそれぞれに任せているというところもあると思います。

店舗が入っているテナントビルの場合は、お客さんが自由に出入りできるのは当然ですから、営業時間中に防犯センサーで警戒することはまずないでしょう。
お客さんを装ってビルに入り、営業していない店舗に侵入するということも考えられます。

色々な泥棒が存在しますが、この泥棒はテナントビルは入りやすいと考えているようですから、テナントビルに入られている方は防犯対策をもう一度見直すべきでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN