防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

廃棄予定の給食 盗み食いすると罪になる?

神戸市教育委員会は8月15日、以前勤務していた夜間中学校に入り、余っていた廃棄予定の給食を食べたとして、男性教諭(54)を停職3ヶ月の懲戒処分にしました。
教諭は「(廃棄される給食が)もったいないと思っていた」と話しているという。

報道によると、男性教諭は今年2月27日午前8時30分ごろ、合鍵を使って夜間中学校に入り、前日夜に出された給食の残りであるビビンバや白身魚のフライなどを、持ち込んだビールとともに食べていたところを教頭に発見されました。
男性教諭はこれまで4、5回校舎に入り、給食を食べたと認めているという。

男性教諭は、今年6月に建造物侵入と窃盗の容疑で警察に逮捕され、書類送検されているようだが、廃棄予定の給食を食べたとしても、窃盗罪にあたるのか。捨てることが決まっているものを盗んでも、罪になるのか。弁護士に聞きました。

●「廃棄予定の給食」は学校が「占有」しているのか?

「窃盗罪の対象となるのは『他人の占有する他人の財物』です。これに対して、『他人の占有を離れた他人の財物』については、比較的刑罰の軽い遺失物等横領罪の対象となります」

弁護士はこのように述べる。学校に保管されている廃棄予定の給食は、「他人の占有する他人の財物」なのか。

「刑法上の『占有』とは、(1)財物に対する事実上の支配(占有の事実)と、(2)財物を支配する意思(占有の意思)の2つを備えている必要があります。

本件では、前日の給食の残りが学校の施設内に保管されていることから、(1)については問題なく認められます。

他方、(2)については、前日の給食の残りを廃棄する予定であったことから、既に保有する意思を失っているようにもみえます。

しかし、裁判実務上、『占有の意思』はかなり包括的・抽象的な意思で足りると解釈されています。たとえ、財物の存在を意識していない状態であっても、積極的に放棄する意思が現れていない限り『占有の意思』が認められています。

前日の給食の残りについて、廃棄予定であったとしても、『ごみ収集の日までは学校の施設内に保管しておく』という意思がある限り、ごみ出しの搬出行為完了時までは積極的に放棄する意思が外部に発現していませんので、引き続き『占有の意思』が認められると思われます。

たとえば、『いったん捨てようと思って自宅室内に分別保管していたものについて、翌日翻意した時には、既に友人が黙って持ち去っていた』というケースで、友人に窃盗罪が成立しないという結論はおかしいでしょう。

こうした不都合性を回避できることからも、結論は妥当であると考えます」
<弁護士ドットコム 8月19日(金)9時55分配信より>


余っていた廃棄予定の給食を食べてたとしても、それはもったいないという日本人特有の感情から起こった行動で、窃盗というのは大げさな気もします。

ただ、この教諭は、平日ではなく土曜日を選んで侵入し、さらに自宅からビールを持ち込んでの行動ですから計画的な犯行ととられても仕方がないように思います。

その飲んだビールの瓶や缶はきちんと持ち帰って処分したのでしょうか。
月曜日に登校した生徒が見つけたら大変です。
誰かが学校で飲酒したのかと大騒ぎになる可能性もあります。
教師ではなく生徒が疑われたらそれこそ冤罪です。

そこまでのことはおそらく考えていなかったでしょうが、教師であればそこまで配慮すべきでしょう。
自分の言動が生徒に及ぼす影響まで考えることが教育者には求められていると思います。


話を元に戻しますが、廃棄予定の給食をどのように管理するのかという取り決めは学校内で定められるべきです。

可能かどうかは分かりませんが、学校側が了承すれば廃棄予定の給食を教師の間で処分しても良いようにする。
または、ゴミとして処分するのではなく、動物の餌や花壇の肥料等に再利用できないかを検討するなど捨てる以外の方法も検討すべきです。
量が多いのであればなおさらそうすべきですし、本当にもったいない話です。

日本のコンビニで廃棄される食品の量がすさまじいという報道がありましたが、容器や資源の再利用だけでなく、食品の再利用もこれからは重要になると思います。

「入院病棟なら簡単に入れた」 病院荒らしに注意

病室から財布などを繰り返し盗んだとして、大阪府警捜査3課と天王寺署は9日、窃盗容疑で住居不定の無職の男(45)を逮捕、送検し、28件の犯行(被害総額207万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表しました。
「入院病棟なら簡単に入ることができた。借金返済やパチスロに使う金が欲しかった」と容疑を認めています。

送検容疑は2月19日午後、大阪市天王寺区筆ケ崎町の病院で、病室の貴重品入れから女性患者(67)の財布を盗み、女性のキャッシュカードで現金103万円を引き出すなど、昨年10月上旬~今年4月下旬、大阪市内の病院を中心に、病室で盗みを繰り返したとしています。
<産経新聞 8月9日(火)16時40分配信より>


病院、その中でも入院病棟なら簡単に入ることができたというのが泥棒の証言です。

受付やナースステーションで誰がいつ見舞客や面会人として訪問したかという記録はどこの病院でもとっていると思います。

ただ、嘘の情報が書かれていても分からないでしょうし、また複数の見舞客が訪問した際、人数まできちんと記録しているかは疑問です。
また、入室後、別の部屋に移動することができる病院もあるでしょうから難しい問題です。
看護師さんも忙しい仕事ですから見舞客のことまで考えていられないというのが正直なところでしょうか。

病院という場所柄、患者さんの立場ではまず第一は自身の健康問題です。
それ以外のことは二の次になるのは当然です。
自分の財布等金品が盗まれるということは最初から考えていないでしょう。
犯罪者はその隙を狙っています。

盗難が発生した病院というのはイメージが良くありません。
今は患者さん側も色々な病院や医師を自分で選択しようという動き、考え方が徐々に拡がっています。

お医者さん=先生、間違ったことは言わない、絶対的な存在から、患者さん=お客様という考えのお医者さんも増えつつあると思います。
病院も客商売であると発言していた人をテレビで見たことがあります。

病院や医師の評判もインターネットという世界で誰もが共有できる時代になりました。
評判の良い医師には誰もがかかりたいと思うでしょうし、逆に評判の悪い医師は致命的になる可能性があります。
それが個人病院の場合だと商売を続けられるかどうかという問題にも発展しかねません。

病院も様々な問題を抱えています。

ポストから郵便物抜き取る いたずら目的の男逮捕

東京・新宿区で郵便ポストから郵便物を抜き取ったとして男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは新宿区に住む自称・無職の男(21)。
警視庁によると、男は今年5月、新宿区内の路上に設置されている郵便ポストの投入口に手を入れて、レターパックなど郵便物4通を抜き取った疑いが持たれています。
男は調べに対し、「いたずら目的だった。郵便物は全て捨てた」などと話しているという。
付近の防犯カメラの映像から男が浮上したという。

今年に入り、周辺の郵便ポストから郵便物が抜き取られる被害が相次いでいるということで、警視庁は関連を調べています。
<日本テレビ系(NNN) 7月20日(水)21時5分配信より>

ポストに投函された郵便物をいたずら目的で抜き取った男の事件です。

特定の誰かの個人情報を入出するなどの目的ではなく、単なるいたずらということですから迷惑な話です。

盗んだ郵便物は全て捨てたということですから、単に郵便物が届かないことで困る人がいることを想像して楽しんでいた、ストレス発散していたのでしょうか。

ただ、郵便物によっては相手先に届かないことで大きなトラブルに発展することもあります。
今はネットでの申込もありますが、大学入試の願書だったらその人の人生も左右しかねない問題です。
公共の場所に設置されている郵便ポストですが、今回の事件のように泥棒のターゲットになるということも想定した防犯対策が求められます。

例えば郵便ポストと防犯カメラはセットで設置し、盗難目的だけでなく郵便局員の回収時間や回収方法等をチェックするなど複数の効果が期待できる対策が効果的です。

リオ 警察とギャングの密約 「五輪中はおとなしくしてほしい」

体感治安が異常に悪い。
道を歩いていてもパトカーのサイレンがうるさいし、競技場では爆弾騒ぎで一時退避する事態もあった。
イラクのテロ現場やネパールの大地震など、危険な地域の海外取材は何度か経験があるが、これほどとは思わなかった。

原因はブラジルの景気低迷と貧富の格差。
悪名高きファベーラ(貧民街)がリオに約1千カ所もある。
犯罪者がファベーラに逃げ込んだら?と聞くと、警察官は「現金程度の窃盗だったら踏み込まない。被害がそれだけでは済まなくなる」と困り顔。
警察の権限が及ばない無法地帯だ。

まことしやかに噂されているのが、警察当局とギャングの"密約"。
ファベーラに巣くうギャングが、違法薬物取引などを見逃してもらえる代わりに、「五輪期間中はおとなしくしてほしい」と当局が要請したというのだ。

東京五輪でもテロに対する警戒は必要だが、「史上最も危険」とされるリオとは比べるべくもない。
外を歩くたびに、周りをきょろきょろ警戒しなくても済む東京が早くも恋しくなった。
<産経新聞 8月5日(金)7時55分配信より>

オリンピック真っ最中ですが、現地の治安はどうなのでしょうか。

記事によると、警察とギャングの間では密約が交わされているというニュースです。

平和な日本では信じられない話ですが、先日メキシコの治安に関するテレビ番組でも同じように警察や政府と麻薬組織との癒着が放送されていました。

その癒着を報道したジャーナリストを殺害するように警察庁長官が指示したという驚くような内容でした。

ジャーナリストは急いでメキシコから出国し、現在はアメリカで生活しているということです。


日本でも警察と暴力団との関係が報道されることはありますが、国全体や組織ぐるみとまではいっていません。
ごく一部の限られたところで行われていることなので多くの人は現実的な問題とは捉えていないでしょう。

犯罪事件が発生すればすぐに警察が捜査を始めますし、一般人が捜査に関して関与することがありません。
一定期間が過ぎ、その後捜査を継続してもらうために警察から金品を要求されることが驚きです。

国によって治安状況は異なります。

それぞれの国によって最適な防犯対策も異なります。

日本では効果のある防犯対策であっても別の国では全く役に立たない対策もあるということです。

4年後行われる東京オリンピックではどのような防犯対策がとられるでしょうか。

また、リオではこのまま大きな問題が発生せずにオリンピックが閉幕できることを願うばかりです。

空き部屋を不正購入商品の送付先に 4ヶ月で60件以上

不正に買った商品を空き部屋に送り、取りに行かせていた男が、警視庁に逮捕されました。

中国人の大学生の男(25)は、複数のインターネット通販サイトで、不正に入手した他人のクレジットカード情報を入力し、腕時計やUSBメモリなど、あわせておよそ42万円分を盗んだ疑いが持たれています。

発注した商品は、アパートの空き部屋に配達させ、共犯者が取りに行っていました。
男らは、同じ手口で、2015年末から、2016年3月までに60件以上、被害総額200万円分ほどの窃盗を繰り返していたという。
<フジテレビ系(FNN) 7月12日(火)17時29分配信より>

運送会社から荷物を受け取る際、判子を押すか、名前をサインします。
あとで誰が受け取ったか、判取りという形で確認することはできますが、受け取った人が本当にその名前の人なのか、また、性別や年齢等を記録するような仕組みにはなっていないと思います。

これを悪用したのが今回のような空き部屋への商品配達です。
毎回同じ住所を使っていると、クレジットカード不正利用の被害者の訴えですぐに分かってしまいそうなものです。
しかし、利用する空き部屋をローテーションや複数用意することで、自らの犯行がより分かりにくくなります。
窃盗団が組織ぐるみで行う可能性があります。

インターネットの普及により商品の購入が非常に楽になりました。

その日に頼んでその日のうちに届くようなサービスを行っている会社もあります。
運送会社との関係がより身近なものになっており、サービスも多岐に渡っています。

最初に述べた運送会社の判取りというものも今後は変えていく必要があると思います。
受け取った人の顔を写真で撮る(撮られる人は嫌でしょうが)とか、指紋認証での受け取りにするとか、電子サインで筆跡を登録するとか、色々な方法が考えられます。

実際に出来るかどうかは分かりませんが、テレビや映画ではその登録された指紋や電子サイン自体を外部から不正に書き換えるようなシーンもあり、現実的に運用するにはまだまだ多くの問題が残されています。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN