防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

アメリカ人が恐れているのはサイバー犯罪 7割が不安

米国では今年、史上最悪の犠牲を出す銃乱射事件が発生した。だが、最も多くの人たちにとっての最大の懸念は、従来型の犯罪ではなくインターネットを通じた犯罪の被害に遭うことだ。

米調査会社ギャラップが米国の成人を対象に実施、1028人から回答を得た調査によれば、ハッキングの被害に遭い、「個人情報やクレジットカードなどの金融関連の情報を盗まれる」ことを心配している人が最も多いことが分かった。また、「なりすまし犯罪」の被害を心配する人も多い。

従来型の犯罪を不安視する人の割合は少なくなっており、3番目に多かった回答の「車の盗難・車上荒らしの被害」と上記2種類の犯罪との間には、かなりの差がついた。殺人や性的暴行のような重大な犯罪を挙げた人は、さらにこれらを大幅に下回っている。サイバー犯罪に対する不安の大きさは、メディアが大きく取り上げるケースが多いことも影響していると考えられる。

米国人が最も被害を懸念する犯罪

・個人情報、クレジットカードなど金融関連の情報窃盗(67%)
・なりすまし犯罪(66%)
・車の盗難・車上荒らし(38%)
・空き巣(36%)
・テロ攻撃(30%)
・子供が学校で身体的危害を加えられる(26%)
・強奪(25%)
・押し込み強盗(23%)
・ヘイトクライム/憎悪犯罪(22%)
・殺人(18%)
・性的暴行(18%)
・車を運転中に攻撃される(18%)
・同僚や従業員による暴行・殺害(6%)

<11/9(木) 7:00配信 Forbes JAPANより>

アメリカと言えば日本よりも防犯対策に関しては進んでいるという印象があります。
企業は店舗はもちろんのこと、中流階級の家庭でも自宅に防犯システムが設置されていることが珍しくないように思います。
お金持ちの家の対策は指紋認証等のさらに高度なものです。

今後の日本は、今のアメリカの状況に徐々に近づいていく、似ていくと思いますが、防犯先進国のアメリカで恐れられているのはサイバー犯罪ということです。

現金や高価な貴金属を自宅等に置いておくことはこれからどんどん少なくなると思います。
原始的な手口で他人の自宅に武器や道具で破壊しながら侵入し、そして金品を盗んで逃げるというスタイルも減っていくでしょう。
そのような手口で苦労して侵入しても現金は置いていないというところが増えてくると思われるからです。

現金ではなく、電子マネー等で物の売買を行うことが一般的になってきました。
これからは今話題になっているビットコインなどの仮想通貨などが当たり前の時代になり、実際に現金を手にする機会が減ってくることは容易に想像できます。
そうなると、犯罪者が次に狙うのは、電子マネーやビットコインにまつわる情報ということです。

サイバー攻撃により個人情報を無効化や混乱させることで情報を不正に引き出すということもあるでしょう。
個人情報の管理をどのように行うかが重要になってくるでしょう。
現金よりも価値がある情報という時代がもうすぐやってくるような気がします。

自転車盗難対策で警察が勝手にロック

鍵を掛けないまま止めている自転車などに警察が「勝手にロック」するという、ちょっとおせっかいとも思える取り組みを取材した。
きっかけは、何とかして盗難被害を減らしたいという思いだった。

山梨県、JR甲府駅前の地下駐輪場に集まる警察官の姿。念入りに自転車をのぞき込んだと思えば、おもむろに...。他人の自転車に突然、勝手に鍵を掛け始めた。警察がわざわざ鍵を掛けてあげている。

甲府警察署・生活安全課長:「まず盗まれなくするということ。駐輪場の利用者の方々に防犯意識を高めて頂こうということで、鍵を掛ける取り組みをさせて頂いております」

生活安全課に務める課長さんは以前から、自転車の窃盗被害に頭を悩ませていた。
ある日、「盗まれる前に鍵を掛けてしまえばいいのでは」とつぶやいた同僚のひと言で、この方法を思い付いたという。
名づけて「見守りロック作戦」。
鍵の掛かっていない状態の自転車を見つけた警察は、まずダイヤル式のロックで施錠。その際、警察署の電話番号などを記した札も取り付ける。
自転車の持ち主が施錠されていることに気が付き、そこに電話をすれば警察が鍵を外せる暗証番号を伝える。
何ともおせっかいな行政サービスとも思えるが、作戦を開始した7月から9月末までの間で施錠した自転車は231台。
その間、盗まれた被害は3件。前年同期間中の被害は23件だから効果はてきめんだ。

以前、この作戦を経験した市民は...。
「見守りロック作戦」を経験した甲府市民:「びっくりしました。アレ?と思って」
「(Q.知らない鍵が掛かっていて?)いたずらかなと思ったんですけど。警察からの鍵だと書いてあったので、もし盗まれていたら大変だったのでよかったと思います」

評判も上々の見守りロック作戦。
今後は駅前周辺だけでなく、対象エリアを拡大させていきたいということだ。
<11/9(木) 17:21配信 テレ朝 newsより>

駅前の駐輪場で鍵の掛かっていない自転車に対して、警察が勝手にロックする。
持ち主が警察に問い合わせると暗証番号を伝えるという形です。

持ち主にしてみれば、アレ?と感じるサービスですが、実際に効果が出ていること、また、防犯対策としてのサービスなので不愉快に感じる人はほとんどいないという状況のようです。

ただ、別の角度から見れば、持ち主ではなく、泥棒が自ら電話をして暗証番号を聞き出すなど本人確認をどうするか、また、この警察のロック作戦に依存した結果、自分で鍵を掛ける意識が薄まるなどの影響を及ぼす可能性もあります。

盗難は、通常は盗んだ物は転売目的や自分の所有目的のどちらかに限られることが多いと思いますが、自転車はそれに加えて自分が一時的に利用し、そして目的を果たすとどこかに乗り捨てるということがあります。
移動するために一時的に利用し、目的地に着けば用済みなので捨てるということです。

犯罪者の目的によっても対策は異なってきます。
例えば、高価な自転車や電動自転車の場合、鍵が掛かっているだけでは対策として充分ではない場合があります。
犯罪者は鍵+チェーン等の対策がされていることも想定した上で盗もうと企てることがあるからです。
この場合はさらに上の対策(防犯カメラやロックシステム)が必要となります。

保管場所や保管状況、保管内容等に応じて対策も変えていかなければなりません。

東京で盗んだ宝石をルーマニアで売りさばく

東京・表参道の宝石店などで貴金属計約1200万円相当を盗んだとして、大阪府警は25日、ルーマニア国籍の夫婦を窃盗の疑いで再逮捕した。
夫婦は大阪市内でダイヤなどを盗んだとして逮捕・起訴され、「ルーマニアで売りさばいた」と供述しており、府警は組織的な関与がなかったか調べる。

再逮捕されたのは、夫(29)と妻(31)。
容疑は7月22~23日、東京都港区の表参道や台東区上野の貴金属店でダイヤのネックレスや高級腕時計など4点を盗んだとしている。「私利私欲のためにやった」と2人とも容疑を認めている。

2人は客として貴金属店を訪れ、妻が商品をガラスケースから出してもらい、購入を検討するそぶりを見せて店員の気を引く間に、夫が商品を盗んでいたという。

2人は7月25日に出国し、8月6日に再入国。同7~8日に大阪市北区や中央区の貴金属店などでダイヤや腕時計など計10点(計約260万円相当)を盗んだとして、窃盗罪で起訴されている。
<10/25(水) 18:04配信 毎日新聞より>

外国人の泥棒が日本で犯行を行い、その後自国に戻って盗品をさばくという流れがあると報道はされていましたが、実際にそのルートで犯行を行っていたルーマニア人の夫婦が逮捕されました。

日本で盗み日本国内で転売しようとした場合、盗品だと知りながら買い取る違法な業者だと可能ですが、真っ当な商売をしている多くの業者の場合はそのまま警察に通報される恐れがあります。
自国もしくは第三国に渡っての転売であれば、その出所を探るような相手でなければ簡単に売買が行えるのでしょう。
ルーマニアという国の治安等はよく知りませんが、日本よりはるかに転売がしやすそうな印象があります。

今回は味をしめた夫婦が再入国して犯行が明らかになりましたが、一度きりの犯行、もしくは再入国までの期間を長くしていれば逮捕が難しかったかもしれません。
仮に日本国内で犯人として確定しても、相手国との引き渡し協定等が結ばれていなければ相手国の警察が協力してくれない可能性もあります。

訪日客が増えることは日本にとって喜ばしいことで外国人が駅や店にいる光景が珍しいものではなくなってきました。
その油断をついてほんの一部の外国人犯罪者が犯行のチャンスを狙っている可能性があります。
犯罪の多国籍化という言葉がいよいよ現実のもの、身近に感じられるものになってきたように思います。

庭先の植木鉢がなくなる被害 防犯カメラに犯人映る

庭先に置かれている"あるもの"が突如なくなるという不思議な出来事がここ10年にわたって相次いだ町があります。犯人は防犯カメラで御用となったのですが、その"あるもの"とは、そしてその動機とは・・・

今年6月に防犯カメラが捉えた映像です。まだ夜が明けきらない午前3時45分ごろ、雨が降りしきるなか、カッパを着て自転車に乗った人物が現れました。すると、次の瞬間・・・。目の前にあった何かを手に取り、荷台に載せます。そして、そのまま立ち去っていきました。

 「盗難の被害にあったのは、店先にたくさん並んでいた植木鉢の1つでした」(記者)

 「ちょうど見ごろやなって時に盗っていく。これは、ほとんどなくなってもうた」(盗難被害にあった男性)

狙われたのは店先に置かれた「植木鉢」でした。被害を訴えるのは、この男性だけではありません。滋賀県近江八幡市のこの住宅街では、10年ほど前から「植木鉢が突如なくなる」という出来事が相次いでいたのです。

 「隣が盗られて、僕が盗られて、向かいの家が盗られた、順番に。手塩にかけて育てたのに持って行かれたので、ショックはショック」(被害にあった人)

続出する盗難被害に、住民らは回覧板で注意を呼びかけるなど、対策に乗り出していました。

 「植木鉢の盗難被害が発生しております。玄関先の設置に十分なる、ご注意をされますようにお知らせいたします」(自治会が作成した回覧)

しかし、被害が止まらず、先ほどの男性の店では今年6月に、気付けば10個の植木鉢がなくなっていました。

 「この辺も結構置いてたんですけど、どんどん減っていって。減っていっては買いに行って、また減ってという。いたちごっこだった」(被害にあった男性)

そこで防犯カメラ映像を確認したところ、犯行の様子が写っていたのです。

 「結構慣れた感じですよね。(重たいので)最初は車で盗みに来ると思っていたけど、『自転車かい』って、びっくりしましたね」(被害にあった辻貴史さん)

この映像が決め手となり、近くに住む男(76)が窃盗の疑いで逮捕されました。動機は「花が好きだから」でした。

 「植木が好きやったね。花を育てているとか、どういうふうに育てたらいいかを話していた。ちょっと考えられないね」(近所の人)

取り調べに対し、男は「10年ぐらい繰り返して盗んだ」と話しているということです。(16日18:00)
<10/16(月) 20:02配信 TBS News iより>


原因が分からないのに物が無くなる、盗まれる、壊される、という被害が発生したら役に立つのが防犯カメラです。

対象となる物に対して防犯カメラを映し、映像として残していれば、被害に遭った後に映像を確認すれば犯人が分かります。

犯人は人とは限りません、動物が持ち去ることや、突風などの自然災害で被害に遭うこともあります。

いずれにせよ原因究明に役立つとともに、人の手による犯行の場合は犯人特定や証拠としても活用できます。


テレビ番組で防犯カメラが捉えた衝撃映像というような番組がシーズンごとに特番として放送されます。

そこでは防犯カメラの映像を面白おかしく紹介していますが、防犯カメラなくしては番組は成立しないほど重要です。

またその認識が世間的にも広く知れ渡り、ほんの十年程前より防犯カメラを設置することは珍しくなくなりました。


防犯カメラはとても役に立ちますし、犯人に犯行を思い留まらせる抑止効果もあるのですが、犯行を阻止する、被害をゼロにすることはできません。
物が盗まれる、壊されることは防げないということです。

これを阻止するには物が盗まれる、壊される前に働くシステムを導入するしかありません。
防犯センサーが働くと威嚇音を鳴らし、周囲に犯行を知らせ、それ以上の犯行継続をできなくする、即座にその場から逃げ出さざるを得なくするのです。

どちらの方が優れているということではなく、要は何が目的かということです。

理想を言えばどちらも導入すると非常に防犯力の高い環境になります。
ただ、かなりの費用が掛かりますのでそこはお客様の判断になります。

高校 授業中に男子生徒が教師に暴行

福岡県の私立高校で、男子生徒が教師を何度も蹴った挙句、胸ぐらを掴むなどした動画が投稿サイトに投稿され、大きな問題となった。

生徒は1年生で、日本史の授業中、授業に関係のない動画をタブレット端末で見ていたところを教師に注意され、「逆ギレ」したのだという。

また、投稿された動画では、複数の生徒が笑い声を上げながら、教師が蹴られるのを見ていたことも衝撃であった。

子どもはつまらないことを面白がったりするものだが、もう分別のある高校生である。あの様子を見て、不快に思ったり、恐怖を感じたりすることはなかったのだろうか。

さらに、問題が明るみになった後、校長が出した「お詫び」のあまりに的外れなところも問題となった。

「本校では、これまでも道徳教育を推進し、暴力は絶対にあってはならないものであることを教育してまいりました」という文言はあるものの、結論としては、「本件を真摯に受け止め、今後は、改めてITモラルを持たせる教育」の充実を図るということが第一に掲げられていた。動画を拡散させたことがいけない、という受け止め方なのだろうか。

教師を蹴った生徒、笑い声を挙げる周りの生徒、そして校長の受け止め方、どれもこれも暗澹とさせられる。
<10/12(木) 9:00配信 現代ビジネスより(一部)>

生徒が教師に暴行している様子を別の生徒が撮影し動画として公開され、それが基で逮捕されました。

生徒から教師への暴行というのは衝撃的でしたが(逆は問題になることが多いですが)、今回のように生徒が撮影しなければ明るみになりにくいので、実際は他の学校でも発生している問題なのかもしれません。


教室内に防犯カメラを完備し、暴力事件やいじめがあれば犯罪の証拠になるということを生徒にも知らしめる必要があるのでしょうか。

他の教師や保護者が自由に見られる、監視できる体制にすればなくなる問題なのでしょうか。

今はインターネットがありますから何でも簡単に調べることができます。

先生に聞かなくてもネットで検索すれば答えがでることも多々あります。
そういうことが教師という職業が聖職者でなくなった理由の一つにあるように思います。

自分が知らないことを知っている人というものは尊敬の対象となります。
逆に相手より自分の方が知っている、優れていると感じることが少しでもあると優位に立ったと錯覚してしまいます。

こういう目に見えない感覚が広がり、自然と根付きだしているのかもしれません。

相手を敬うということは誰かに強制されることでも教えてもらうことでもなく、自然と自分に身についていくものだと思っていたのですが、今はその考え方では対応できないかもしれません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN