防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

空き部屋侵入 水道2千リットル出しっぱなし男逮捕

アパートの空き部屋に侵入して水道を出しっぱなしにしたとして、兵庫県警宝塚署は15日、邸宅侵入と建造物損壊、窃盗の疑いで同県宝塚市の無職男(56)を逮捕しました。
同署は発見されるまでの約40分間に、約2千リットルの水が流されたとみています。

逮捕容疑は4月2日午後4時55分ごろから同5時10分ごろまでの間、同市内の2階建てアパートの2階空き部屋に、盗んだ鍵を使って侵入。
台所と洗面所の蛇口や風呂場のシャワーの水を出しっぱなしにし、室内や1階の天井を水損させたとしています。
容疑を認めています。

同署によると、男は平成26年ごろから、このアパートの別棟に居住。
キーボックスに保管されていた空き部屋の鍵を盗み出して侵入していました。
午後5時45分ごろ、大家の妻(56)が玄関から水が流れ出しているのを発見しました。
同署は住民間にトラブルがなかったか調べています。
<産経新聞 5/16(火) 11:22配信より>

アパートの空き部屋に侵入し、台所、洗面所、風呂場の水を出しっぱなしにして水浸しにした男が逮捕されました。

40分間で2千リットルという水量ですが、どれぐらいの水量かピンときません。
ただ、室内や階下の天井を水損させるぐらいですから相当な勢いと量だったのでしょう。

男の目的は不明ですが、空き部屋だからと言って外部からの侵入を容易に許しては、何をされるか分かりません。

空き部屋で違法薬物の取引を行ったり、カードの不正利用による商品の届け先に悪用されるなど、空いていたら犯罪者は悪用しようと考えます。

空き部屋にわざわざ防犯カメラや防犯センサーをつけることには抵抗があるかもしれませんが、いつでも誰でも自由に出入りできる環境はよくありません。
せめて南京錠などの簡単な鍵をつけるなど、最低限の侵入対策は講じるべきです。

空き部屋には盗られる物はほとんど置いていませんが、壊されたり、悪用されると困ることは色々あるということが分かる事件でした。


警察署内から現金8500万円盗まれる

警察署窃盗、引き出しの鍵破壊...内部犯行か
日本テレビ系(NNN) 5/11(木) 18:05配信
 広島中央警察署の金庫から現金約8500万円が盗まれた事件で、金庫の鍵を保管する机の引き出しの鍵が壊されていたことがわかった。

 事件は、広島中央警察署の1階にある会計課の金庫から現金8572万円が盗まれたもの。盗まれた金は詐欺事件の証拠品として保管されていた。金庫の鍵は普段、会計課長が机の中に保管している。今月8日夜、引き出しの鍵が壊されていたため不審に思った会計課長らが金庫を開け、中を確認したところ、現金がなくなっていることがわかったという。

 警察は、鍵の保管場所を知っている者が限られていることから、内部犯行の疑いが強まったとみて署員から事情を聞くなど捜査している。

警察署から現金を盗もうとする泥棒はまずいないでしょう。
マンガに出てくるルパン三世などの大泥棒とかなら別ですが、自分の身の安全を最優先に考えそうな現実的な泥棒だとターゲットには考えません。
何しろ自分にとって最大の敵ともいえる警察官が何十人もいる場所ですからそこにあえて乗り込もうとは普通は考えないでしょう。

しかし、有り得ないという油断、過信を突いての犯行という可能性もあります。
絶対、100%という断言は何事においても考えてはいけないということが分かります。

ただ、普通に考えるのは、外部からの侵入というより内部からの犯行を思いつくのが自然です。
いくら可能性がゼロではないとは言え、内部からの犯行の方が容易ですからそれを疑う人が多いでしょう。

ニュースで実験していましたが、リュックに8500万円相当の札束を入れる時間は1分20秒ほどでした。
この時間を作ることができればリュックに入れて怪しまれること無く外に持ち出すことができます。

問題は防犯カメラに映っていないか、もしくは保管室への入退出履歴です。
防犯カメラの死角をかいくぐっての犯行は難しいですし、さらに難しいのが部屋に入った時間、出た時間の改ざんや履歴の消去などです。
ただ、こちらは別の人のカード等を使えば自分の犯行にはつながりません。
いずれにしても内部事情に精通した者の犯行を疑うべきでしょう。

私が気になるのは、警察署内に防犯カメラや入退出管理システム等の防犯対策がされているかどうかという点です。
最初に述べたように警察署を狙う犯罪者はいないだろうという考えから、防犯対策自体が甘い、もしくはそれ自体が行われてないという環境の可能性があることです。

また、今回被害に遭った警察署以外でこのようなところがないかということを確認すべきで、もしそうなら早急に改善しなければなりません。

市民の安全・安心を守る責を負った警察での犯罪というものは許されないものです。

公園の花の蜜を子供が吸ったら窃盗罪?

作家の乙武洋匡氏が26日、ツイッターを更新し、長男が公園のツツジの花を摘み、蜜を吸ったことで「窃盗罪」などの非難を受け謝罪した医師の友利新のブログについて「そのうち腕に止まった蚊を殺しても謝罪する時代になるんですかね」と一部の過剰な反応に、持論をつぶやいた。

乙武氏は、友利氏がブログで長男に公園のツツジの蜜を吸わせたことをつづったところ、一部から「窃盗罪もしくは器物損壊罪」と指摘され謝罪したという記事を添付。「そのうち腕に止まった蚊を殺しても謝罪する時代になるんですかね」とツイートした。

フォロワーからも「めんどくさい世の中になった」「世知辛い」「よその家で呼吸したら空気泥棒!とか言われる時代が来るかも」「子供の頃、毎日つつじ取った」「四つ葉のクローバー見つけても何もできない」など、友利に同情する意見も相次いでいた。
<デイリースポーツ 4/27(木) 11:59配信より>


子供が公園で花の蜜を吸って甘いとか美味しくないとかはしゃいでいる光景はとても微笑ましいと個人的には思うのですが、一部の人はそれを窃盗罪や器物損壊罪と騒ぎ、それに対して親が謝罪するという何ともおかしな展開になっています。

ネット上の書き込み等で非常に過激で下品で自分勝手な意見を目にすることがありますが、あのような考えの人はごく一部だと思います。
匿名という点を利用し、何でもかんでもいちゃもんをつけ、粗を探し、自分の欲求不満を解消しているだけでしょう。
本質的なことは何もいっておらず根本的な解決方法には全く触れません。ただ感情を爆発させて面白がっているだけでしょう。

その一部の発言を取り上げて問題自体を大きくすることも問題だと思いますが、要はあまり過剰に反応しないことだと思います。
反論、反応するから向こうはさらにヒートアップするわけで、無視されると向こうはそれ以上は攻撃しようがありません。
ボキャブラリーが豊富で節度を持った大人が相手ではないのですから。

この程度を窃盗罪と騒ぎ立てるより、本物の窃盗犯に対して注目し、犯罪者がネットでの攻撃を避けることが犯罪自体の抑止力になるようになれば誰もが喜ぶ結果になるでしょう。

間抜けな泥棒 盗んだのはレプリカの金の延べ板

盗み出したのは本物の金ではなく、そのレプリカ。何とも間抜けな泥棒です。

17日未明、新潟県佐渡市の博物館に何者かが侵入し、展示されていた金の延べ板5枚が盗まれているのが見つかりました。
警察によりますと、玄関脇のガラス戸が割られていて、警備員が到着するまで28分間の早業でした。
ただ、盗まれたこの金の延べ板、実は本物に似せて作られたレプリカで、その両脇に展示されていた銀の30キロの延べ棒3本と約1キロの金の鉱石は無事でした。

警察は窃盗事件として捜査しています。
<テレビ朝日系(ANN) 4/18(火) 18:54配信より>

泥棒対策として本物そっくりのレプリカを事前に用意しておくのは面白い対策かもしれません。

それを目に付くところに置いておき、本当に盗まれたら困る本物や現金等は別のところに隠しておく。


泥棒はまず目に入ったレプリカの方を喜んで盗んで逃走、本物は盗まれずに残る(かもしれません)。

ただ、一度成功すれば、次回以降、同じ泥棒には通用しないかもしれません。

だまされた泥棒もレプリカを疑い慎重に犯行を行うようになるかもしれません。


レプリカを盗まれるということは建物内への侵入を許している訳ですから、その事実を踏まえ、再発防止策を講じることはできます。

中国 公衆トイレの紙盗難対策で顔認証システム導入

中国で長年にわたって問題視されていた公衆トイレにおけるトイレットペーパーの盗難対策として、顔認証システムを導入したと『AFP通信』が伝えた。ネットでは、斜め上すぎるその対策にツッコミの嵐となっています。

記事によると、設置されたのは北京の観光名所「天壇(てんだん)」の公衆トイレ。
首都北京の公園当局は、トイレットペーパー泥棒の一掃を目的に、公衆トイレに「顔認証を取り入れた紙の配布システム」を導入したというのです。

顔認証システムの仕組みはこうです。まず、「ようこそ!認証可能な場所にお立ち下さい」という自動音声がアナウンスされます。その後、トイレの利用者は、指定場所に立ち画面に映る顔をみつめて始めて、60cmのトイレットペーパーが配布されるという。再度、紙をもらうには、9分のインターバルが必要で、それ以前に紙を要求すると「後ほどまたご利用下さい」と拒否される仕組みです。

この中国のとんでもない対策にTwitterでは、
「その金でトイレットペーパー買ったら?w」
「たったの60cmじゃ大の時はまた9分も待つの!?」
「導入費用とか考えると、凄い話だな」
「日本とは別な方向にハイテク化が進んでるな、中国のトイレは」
と思い思いのツッコミが相次いでいます。

さらに、
「さすが『社会主義』国、やることが露骨にディストピアだ」
「トイレットペーパーディスペンサーのディストピア感」
「一見個人のモラルの問題に見えるけど、考えれば国全体を現しているよねw」(原文ママ)
と、国家による管理社会を物語る事例だという声もありました。

前述の記事によると、これまで当局は3年にわたって「指紋やレーザーのセンサーを使った盗難防止策」を講じてきましたが、結果が芳しくなかったのか、今回は"本気"を出してきたようです。だが、中国版Twitter「Weibo」では効果を疑問視する声が上がり冷ややかだという。

しかしながら、日本においてもこの問題は例外ではありません。コンビニやスーパーなどでのトイレットペーパーの盗難に頭を悩まされているという声は多い。

日本では張り紙などによる注意喚起といった人の善意やモラルに訴えかけるアナログな手法が目立ちますが、中国では一線を越えて採算度外視でのテクノロジーによる管理に踏み切りました。その潔さに多くのユーザーがもはや驚愕するしかなかったようです。
<R25 3/25(土) 7:09配信より>

トイレットペーパーの紙の盗難防止対策のために顔認証システムを導入するというのは、お金の面だけで言えば本末転倒のような気がするのですが、他の利用者の不便さ等を考えると何か対策をしなければならないとなったのかもしれません。

日本でもコンビニや公共施設の利用の際、利用者のマナーが悪化しているという報道を目にすることがありますが、国民性や教育のレベル、質が影響しているように思います。

今後は日本においても外国人観光客のさらなる増加だけでなく、高齢化に伴う人口減少などで外国人の人口が増えることも考えられます。
その際、日本と外国との生活環境や習慣、宗教観等色々な問題が出てくることが想定されます。
防犯対策も含めて国際的な視点も今後は求められる時代が来るかもしれません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN