防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

岩手 侵入窃盗による無施錠被害率は63%!

今年上半期に県内で発生した侵入窃盗事件は141件(前年同期比41件減)のうち、無施錠だったのは89件(同8件減)で、この無施錠被害率が全国ワースト1の63・1%に上ったことが、県警のまとめで分かった。

侵入窃盗件数を住宅に絞ると、70件(同4件減)。無施錠は54件(同3件増)で、無施錠率は全国2位の77・1%だった。

10万人当たりの刑法犯の認知件数は131・6件で、秋田県の119・2件に次いで全国2番目に少なかったが、県警は「犯罪の発生が少なくても、油断しないでほしい。外出する際は短時間でも施錠してほしい」と訴えている。

無施錠からの被害を抑えるため、県警は平成25年から「鍵かけモデル地区の指定」を行い、意識向上を図っている。

実際、昨年の住宅対象侵入窃盗の発生率(1万世帯当たり)は、モデル地区で1・7件と、県内全体の2・9件を下回っており、鍵かけの意識が被害防止のポイントとなっている。
<8/12(土) 7:55配信 産経新聞より>

岩手県で発生した侵入窃盗事件のうち、63.1%が無施錠で被害に遭っていたことが分かりました。
63.1%のうち、施錠していればどのくらい被害を減らすことができたかは分かりませんが、増えることはないでしょう。
また、そのうち住宅に限ると77.1%が無施錠であったということですから驚きです。

泥棒もどうやって侵入しようかと色々考えていたでしょうに無施錠でびっくりしたのではないでしょうか。
8割近くが無施錠というのは泥棒にとってこんな楽な仕事はありません。

施錠されているだけでなく、防犯センサーや防犯カメラがついているところなんて、よほどお金持ちだと分かっていない限り、ターゲットには選ばないでしょう。
そんな侵入難易度が高いところを狙うより、「無施錠」という侵入難易度が「最低」のところが8割もあるのですからそちらに移った方が楽です。

逆に言えば、施錠し、防犯システムがついている家は非常に狙われにくいということが分かるはずです。
もちろん地域によって事情は異なります。
お金持ちが多く住んでいる地域で、防犯システム設置は当たり前というところだと簡易な防犯システムだと逆に狙われてしまうこともあります。

目立つ防犯システムは美観を損なうから嫌だという人もいるでしょう。
でも逆に考えてみて下さい。
そんな他の家とは異なる状態、違ったところの方が泥棒には狙われにくいと思いませんか?

他の家が無施錠だからうちも同じように無施錠にしようというのは危険です。
他とは違ったことをすることで逆に敬遠される効果を期待したほうが賢いかもしれません。

「犯罪」という誘惑に負けない子供の育て方?

夏休みを迎えて、子どもたちはどう過ごしているでしょうか。
犯罪などの問題行動に巻き込まれないように、気を付けたいものです。
警視庁は、中高生のアンケート調査結果から、犯罪の誘惑に負けない子どもを育てるためのヒントを探る取り組みをしました。

友達と一緒ならやってしまう?
調査は、2016(平成28)年7月に都内の中高生4,969人を対象に実施しました。
まず、「けんかをして、相手を殴る」「家のお金をだまって持ち出す」など11項目について「してはいけない」と思うかなどの回答を点数化して、中高生を「低規範群」「中規範群」「高規範群」の3つに分けました。
その結果、規範意識が高い「高規範群」が中学2年生は43.8%いるのに対して、高校3年生は20.8%で、学年が上がるに従い、子どもたちの規範意識が低下していることがわかりました。

次に、子どもたちがやってしまいそうな行動9項目について「絶対にしない」「一人でもしてしまう」「友達と一緒ならしてしまう」の3項目で回答してもらいました。
たとえば、「同級生の一人を仲間はずれにする」ことを「絶対にしない」としたのは、「高規範群」が79.7%、「低規範群」は52.3%でした。当然ながら「低規範群」の子どものほうが「一人でもしてしまう」「友達と一緒ならしてしまう」と答えた者の割合が多くなっています。

ところが、「夜遅くまで友達と遊ぶ」「同級生の一人を仲間はずれにする」の2項目は、「高規範群」でも「友達と一緒ならしてしまう」とした者が1割を超えていました。
これらの行為は、友達に引きずられやすいといえるでしょう。

家庭を子どもが安らぐ「居場所」に
保護者に褒めてもらった」は各73.0%、60.4%、「保護者は話を聞いてくれた」は各79.3%、64.9%、「困ったとき、保護者に助けてもらった」は各74.8%、61.4%などで、規範意識の高い子どもほど、保護者とのよい関係を経験しています。

現在の家庭生活では、「友達や学校のことを話す」が高規範群は85.0%、低規範群は73.4%、「自分から手伝いをする」は各64.3%、46.7%。一方、「保護者と喧嘩(けんか)をする」は各58.1%、65.7%、「自分の部屋などで一人で過ごす」は各51.9%、69.0%で、低規範群のほうが高くなっています。
高規範群の子どもたちは、家庭が「居場所」として機能しているようです。

「友達に約束を破られた」は高規範群51.7%、低規範群67.8%、「保護者に約束を破られた」は各28.2%、53.5%、「保護者に嘘をつかれた」は各17.9%、40.7%などで、規範意識の低い子どもは保護者や友達から約束を破られるなどの悔しい体験をしている者が多くいます。

「困った人を助けられる人間になりたい」は高規範群62.8%、低規範群44.7%、「周囲の人から信頼される人間になりたい」は各61.5%、45.4%、逆に「真面目よりも面白い人と思われたい」は各22.9%、32.8%、「大人になるより、子供のままでいたい」は各14.4%、25.6%でした。
この他、非行などをしない理由としては、「家族を悲しませるから」が高規範群31.9%、低規範群19.2%、逆に「法律で罰せられるから」は各22.7%、41.3%で低規範群のほうが高くなっています。

結果をもとに同庁は、犯罪に誘惑されない子どもを育てるためには、保護者が「約束やルールを守る姿を示し」、「社会のマナーやルールをしっかりと教え」他、「家庭が子供にとって居場所となって」るよう、「心が和らぐ場を提供」することが重要だとしています。

※犯罪の誘惑に負けない子を育てるために
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/kodomo/questionnaire_2017.html
<8/10(木) 10:00配信 ベネッセ 教育情報サイトより>


犯罪の誘惑に負けない子供の育て方というものが今後の教育の取り組みで行われるかもしれません。

日本ではカウンセリング等医者と患者が面談する、相談するということがまだ一般的ではありません。
どちらかと言うと病気というイメージを持つ人が多いかもしれません。

気分が優れない、体調が悪い等の理由で気軽に相談できる環境が整えば精神面でのフォローが充実します。
また、その面談結果を数値化、データ化し、蓄積することで教育へ活かすことができれば将来が楽しみです。

今の犯罪者を減らすことが難しくても、これから犯罪者になる者を減らす、犯罪者になる可能性を低くするという教育方法が見つかれば社会全体にためになります。

ただ行く過ぎると人間のクローン化や遺伝子操作など人間の領域を超えた科学へとつながる恐れもありますから導入は慎重に行うべきでしょう。

現金とゲーム機を盗んだ家に放火 23歳の男2人逮捕

静岡県藤枝市内の民家に侵入し、現金などを盗んだ上で放火したとして、藤枝署は8日、現住建造物等放火と窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(23)=住居侵入と窃盗容疑で逮捕=と、同県焼津市田尻の無職の男(23)=同=を再逮捕した。
同署は2人の認否を明らかにしていない。

再逮捕容疑は平成28年10月17日午前10時45分ごろ、静岡県焼津市岡部町の民家に侵入し、現金約1万5千円とゲーム機1台などを盗んだ上で、家に放火したとしている。

藤枝署によると、同住宅のリビング約60平方メートルが燃えたが、住人は外出中でけが人はいなかった。
両容疑者は昨年11月に焼津市内で空き巣を働いたとして逮捕されていた。
<8/9(水) 11:39配信 産経新聞より>

犯人が放火したのは窃盗の証拠を隠滅するのが目的でしょうか。
テレビドラマや小説などで出てきそうな、現実には起こりそうにないような手口ですが実際に発生しています。

窃盗で捕まった場合どのくらいの刑期になるのか分かりませんが、放火が加わると罪が重くなることは分かります。
もし、中に人が居たり、隣の家に火が燃え移るなどして死傷者が出た場合はさらに驚くほど罪が重くなるでしょう。
年齢的にも今回の犯人がそこまで考えていたかは分かりませんが、2人いればどちらかは分かりそうなものです。

ゆとり世代と言われる今の若者の中には、ゲームと現実の世界が混同していて、想像力が充分に働かず、罪の意識が薄いまま犯罪を行ってしまうことがあるのかもしれません。
こうしたら、その結果こうなるという先のことが読めないのかもしれません。

将棋の藤井四段が話題になりましたが、将棋が普及すると数手先のことを読む力が強くなります。
相手がこう指したら、自分はこう指す、そうしたら相手がこう指すから、次はこう差す、というのがどんどん増えていくことで何手も先のことが読めるようになります。

これは将棋に限ったことではなく、色々なことで応用できます。
相手がしそうなこと、考えそうなことを予測し、それに対応する答えや手段を事前に準備しておくと冷静に対応できます。

泥棒などの侵入者対策も同様です。
相手がどこから、どのように侵入してくるかを予測し、そうさせないための防犯対策を事前に行うことで犯行を阻止することができるのです。

福島県警の定義 合計1万円以上の窃盗を「爆盗」

ドラッグストアなどで高額商品を大量に盗む「爆盗(ばくとう)」が増加していることが25日、県警のまとめで分かりました。
県警は合計で1万円以上盗まれる窃盗事案を「爆盗」と定義しており、今年1~6月で42件、計442万円の被害があったという。
前年同期比では34件増加し、被害額は370万円増えた。

県警によると、被害1件当たりの平均被害額は10万5238円で、最高被害額は38万2000円だったという。
見張り役など役割分担した複数人で店舗を訪れ、リュックや買い物かごに商品を詰め込み、逃走しているという。
大型店舗でひげそりの替え刃や哺乳瓶などが盗まれる被害が目立っているという。

県警は捜査3課などが中心となり、摘発に向けて捜査に力を入れている。
被害の通報を受けた場合は県警生活安全企画課が各ドラッグストアでつくる県ドラッグストアチェーン等防犯ネットワークに連絡、犯行状況などの防犯情報を共有し注意を呼び掛けている。
<7/26(水) 10:45配信 福島民友新聞より>


新たな犯罪の手口と言いますか、新たな窃盗の定義として「爆盗」という言葉が今後広まるかもしれません。
福島県警の定義では、合計1万円以上の窃盗事案を「爆盗」としているようです。
「合計」としているところがミソのような気がしていて、単に2万円の商品が1点が盗まれてもそう言わず、安価な商品を大量に盗む手口の方を指すのではないでしょうか。

扉等を破って侵入し窃盗を行う事件よりも、営業時間中の万引き事件の中で大量に商品が盗まれる事件のことを言うのかもしれません。
十年以上前かもしれませんが、宝石貴金属店を始めとして「爆窃団」という壁等を破壊して侵入する手口が流行したことがありましたが、「爆」という漢字がつくと荒々しい、激しいイメージになります。

安価な商品が大量に盗まれることは店側にとって激しいダメージを負うことになります。
最低でも盗まれた数以上を販売しないと利益を取り返すことができませんから大きな問題です。

数百円の被害が積もりに積もって店の経営に深刻な影響を及ぼす可能性も見据えての防犯対策が必要です。

北海道で電線窃盗 銅の価格高騰で今後も増加?

道内で今年、電線が盗まれる事件が10件以上相次いでいる。
被害に遭った長さは計5キロ以上に上るが、人目につきにくい郊外の農村地帯や空き家周辺の電柱に架かった電線が夜間、狙われており、対策は容易ではないという。
盗難が相次ぐ背景には、電線に使われている銅の取引価格の上昇があるとみられ、道警は転売目的の窃盗事件とみて警戒を強めている。

「復旧するまで仕事は自家発電機でしのぐしかなかった」。滝川市で建設会社を経営する40代男性が、事件を振り返る。
男性は6月14日朝、自社の作業場敷地内の電柱に架かった電線約500メートルが切断され、なくなっているのを見つけた。
作業場があるのは畑や住宅が点在する地域で、人通りは少ない。
作業場の停電は翌日まで続いたといい「また盗まれたら」と思う。

道警によると、2月下旬~6月下旬の被害は、滝川市や苫小牧市、空知管内新十津川町などで分かっているだけで13件。
狙われたのは住宅街や交通量の少ない場所が大半で、一度に長さ約1キロにわたって盗まれたケースもあった。
このうち後志管内岩内、共和両町などでは、建設会社の敷地や工事現場に保管してあった電線が盗まれた。

捜査関係者は「感電のリスクがあるため、一定の知識や技術を持った人物の犯行」とみる。高所作業車など特殊な機材を使用している可能性もあるという。

北海道電力によると、電線が盗まれる被害は以前からあり、過去5年間の被害は年間数件~20件ほどで今年はそれを上回るペースだ。
同社は「盗難場所周辺はパトロールして警戒を強めるが、目の届きにくい所ばかり狙われるため、いたちごっこが続いている」と明かす。

全国の電線製造業者などでつくる日本電線工業会(東京)は「銅の価格が上昇すると、電線の窃盗が多発する傾向にある」と指摘する。
同会によると、今年7月の銅の平均取引価格(12日現在)は1トン当たり71万円。
昨年7月は55万円だったが、昨年11月ごろから徐々に上昇して1・3倍に値上がりした。
<7/18(火) 10:22配信 北海道新聞より>

北海道で電線窃盗が相次いでおり、背景には銅の価格高騰があるようです。
オリンピックが近くづくと金属類の価格高騰が起こる傾向があります。
東京オリンピックが近づくにつれこの傾向は今後も続くでしょう。
少なくとも価格が下がる可能性は低いでしょうから、全国的に電線等の金属類が狙われる危険性が高そうです。

買取業者等に転売される際、正規の売買なのか盗品なのかの見分けがつきにくいようです。
また、感電の危険性があることから電気の知識がある者の犯行が多いと思われます。

最近は金属窃盗がニュースになることは少なくなってきましたがこれからは増えそうです。

電線窃盗の場合、田舎等で人が少ない地域、さらに深夜等無人の時間帯に犯行を行われるとそれを防ぐことが難しくなります。
パトロールを強化するとありますが人だけで行う対策には限界があります。
予算的なものもあるでしょうが防犯カメラ等機械の力を借りて対策を行うことができれば楽です。

また、電線窃盗だけでなく、暴力事件や恐喝、万引き、違法薬物の取引等、様々な犯罪の抑止力となりえます。
防犯カメラを設置して犯罪自体が激減したという効果は珍しいものではありません。
窃盗に限った対策ではなく、他の犯罪の対策という面での導入も考えてみてはいかがでしょうか。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN