防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

北海道で電線窃盗 銅の価格高騰で今後も増加?

道内で今年、電線が盗まれる事件が10件以上相次いでいる。
被害に遭った長さは計5キロ以上に上るが、人目につきにくい郊外の農村地帯や空き家周辺の電柱に架かった電線が夜間、狙われており、対策は容易ではないという。
盗難が相次ぐ背景には、電線に使われている銅の取引価格の上昇があるとみられ、道警は転売目的の窃盗事件とみて警戒を強めている。

「復旧するまで仕事は自家発電機でしのぐしかなかった」。滝川市で建設会社を経営する40代男性が、事件を振り返る。
男性は6月14日朝、自社の作業場敷地内の電柱に架かった電線約500メートルが切断され、なくなっているのを見つけた。
作業場があるのは畑や住宅が点在する地域で、人通りは少ない。
作業場の停電は翌日まで続いたといい「また盗まれたら」と思う。

道警によると、2月下旬~6月下旬の被害は、滝川市や苫小牧市、空知管内新十津川町などで分かっているだけで13件。
狙われたのは住宅街や交通量の少ない場所が大半で、一度に長さ約1キロにわたって盗まれたケースもあった。
このうち後志管内岩内、共和両町などでは、建設会社の敷地や工事現場に保管してあった電線が盗まれた。

捜査関係者は「感電のリスクがあるため、一定の知識や技術を持った人物の犯行」とみる。高所作業車など特殊な機材を使用している可能性もあるという。

北海道電力によると、電線が盗まれる被害は以前からあり、過去5年間の被害は年間数件~20件ほどで今年はそれを上回るペースだ。
同社は「盗難場所周辺はパトロールして警戒を強めるが、目の届きにくい所ばかり狙われるため、いたちごっこが続いている」と明かす。

全国の電線製造業者などでつくる日本電線工業会(東京)は「銅の価格が上昇すると、電線の窃盗が多発する傾向にある」と指摘する。
同会によると、今年7月の銅の平均取引価格(12日現在)は1トン当たり71万円。
昨年7月は55万円だったが、昨年11月ごろから徐々に上昇して1・3倍に値上がりした。
<7/18(火) 10:22配信 北海道新聞より>

北海道で電線窃盗が相次いでおり、背景には銅の価格高騰があるようです。
オリンピックが近くづくと金属類の価格高騰が起こる傾向があります。
東京オリンピックが近づくにつれこの傾向は今後も続くでしょう。
少なくとも価格が下がる可能性は低いでしょうから、全国的に電線等の金属類が狙われる危険性が高そうです。

買取業者等に転売される際、正規の売買なのか盗品なのかの見分けがつきにくいようです。
また、感電の危険性があることから電気の知識がある者の犯行が多いと思われます。

最近は金属窃盗がニュースになることは少なくなってきましたがこれからは増えそうです。

電線窃盗の場合、田舎等で人が少ない地域、さらに深夜等無人の時間帯に犯行を行われるとそれを防ぐことが難しくなります。
パトロールを強化するとありますが人だけで行う対策には限界があります。
予算的なものもあるでしょうが防犯カメラ等機械の力を借りて対策を行うことができれば楽です。

また、電線窃盗だけでなく、暴力事件や恐喝、万引き、違法薬物の取引等、様々な犯罪の抑止力となりえます。
防犯カメラを設置して犯罪自体が激減したという効果は珍しいものではありません。
窃盗に限った対策ではなく、他の犯罪の対策という面での導入も考えてみてはいかがでしょうか。

ピースサイン写真から指紋が盗まれる危険性

これまでスパイ映画でしかお目にかかれなかったような"技術"が犯罪に悪用され、被害が報告されていることを知っていますか。
便利さと危うさは背中合わせということをそろそろ肝に銘じる時なのかもしれない。

《専門家は、ブログなどに載せた写真から指紋の情報が盗まれるリスクがあると指摘しています》

今年3月20日、NHKがそんなニュースを報じた。5m以上離れた場所から撮影しても、充分な明るさがあり、ピントが合っていれば、指紋情報を抜き出すことができるという。もはや時代はここまで来ている。

「SNSにアップされている写真を3Dプリンタで印刷します。それにシリコンを塗布し硬化させる。次に自分の指につければ、完成です。スマホやパソコンなどの指紋認証は、偽造されたものでも読み取ります」(法科学鑑定研究所)

 専門家の考える自己防衛は、次の2点。

●手のひらをカメラに向けて撮影しない。
●もし撮ったとしてもSNSにアップしない。

「指紋は、一人として同じものは、ありません。たとえ一卵性双生児でも同じではありません。個人識別の最たるものだからこそ、パスワードに代わる本人確認生体情報として、スマホやパソコンなどに使われているわけです。指紋は、とても重要な個人情報ということを再認識しましょう」(専門家)

さらに、SNSによっては、顔もわかり、居住地域などの個人情報まで知られてしまうから注意が必要だ。

最悪の場合、その本人の自宅に侵入して、スマホを盗み、SNS経由で作った偽造指紋でロックを解錠して、犯人が悪用する二次犯罪も充分に考えられます。

「今は、ネットバンキングも指紋認証だけで送金もできます。スマホが盗まれたら、個人情報だけでなく金銭被害にも遭ってしまいます。注意しましょう」(専門家)

※女性セブン2017年7月20日号
<7/11(火) 16:00配信 NEWS ポストセブンより>


最近テレビ等でも話題になっているのが、ピースサインで写した写真をフェイスブック等のSNSにアップすることです。
そこにアップされた写真の指の画像から指紋情報を盗み出すというものです。

映画や小説に出てくる近未来的な科学技術ですが、それが現実的に発生しかねないということです。
まだ具体的な犯罪被害は起こっていないかもしれませんが注意するに越したことはありません。

指紋認証や虹彩認証と言えばセキュリティの世界でもかなりハイレベル、セキュリティ面で優れた対策と思われています。
その対策を破るためにピースサインの写真が悪用されるというのは何とも皮肉な話です。

万全のセキュリティ対策をしているから安心だと油断してはいけないということです。
その対策を正面から突破することは難しくても、無効化や弱体化、または曲線的に突破することはできるかもしれないからです。

1つより2つ、2つより3つ、3つより4つと複数の対策を実施することで、仮に1つが破られてもその次があるというのは環境的にかなり安心です。
1つの強い対策に依存するよりそれより少し弱くても複数の対策の方が結果的に強い対策となることもあります。

千葉 学校の調理室に何者かの侵入痕跡あり

千葉県八千代市吉橋の県立八千代特別支援学校は11日、調理室に何者かが侵入した痕跡があり、給食を中止したと発表しました。
念のため調理器具の洗浄や保管食材の買い換えを行い、給食再開は13日からという。

同校によると、11日午前7時半ごろ出勤した職員が調理台の上に花のつぼみがあるのを見つけて不審に思い、調べたところ、一部の調味料がなく、ロッカーに物色された痕跡があることに気付きました。
食洗機の水も出しっぱなしになっていたようです。
扉や窓は全て施錠されていました。

10日午後7時ごろ、栄養士らが退勤した際には異常がなかったという。

同校は八千代署に被害を届け出ました。
調理室の鍵も交換した上で、警備体制の強化を検討するという。

同校では約160人の児童生徒が給食を利用。
11日は給食の代わりにパンや牛乳を提供し、12日は弁当持参を依頼しています。
<7/12(水) 12:01配信 千葉日報オンラインより>

学校の調理室に何者かが侵入した痕跡が見つかりました。
一部の調味料がなくなっていたようですが何か異物を混入したような事件では今のところないようです。

ロッカーが物色された痕跡があることから窃盗目的での侵入の可能性があります。
もしくは宿直の先生が夜食を食べようとして調味料を探しただけということもあるかもしれません。

翌日は給食を中止し、調理室の鍵を交換した上で警備体制の強化を検討するという事態になっています。
ただ、生徒が口にする可能性がある食材や調味料に何か異物、毒物等が混入されてしまってはもっと大きな事態になります。
被害は未然に防ぐ、防げなかったとしても最小限に抑えるための対策が必要です。

調理室に鍵の施錠以外に物理的な侵入対策はなかなかとれません。
防犯カメラや入退室管理システムなど大金を掛けての侵入対策は考えにくいのが現実です。

でもこれが大金や重要書類を保管している金庫室と考えると話は別です。
お金には換えられない生徒の命に関わる問題とも言えますから重要度は同じ、いえそれ以上とも考えられます。

運送会社社長宅で謎の盗難 被害総額2700万円

5日午前5時15分ごろ、小美玉市野田の運送会社「沼田機業」の事務所兼住宅で、同社の男性社長(53)が現金約1200万円と貴金属など10点以上(時価計1500万円相当)が盗まれていると110番通報しました。
石岡署が窃盗事件として調べています。

同署によると、建物は1、2階が事務所で3、4階が男性社長の自宅になっています。
4階の金庫から現金約1千万円がなくなったほか、3階の部屋などからも現金約200万円と腕時計や貴金属などがなくなっているという。

男性社長は1人暮らしで、金庫がある部屋で就寝していました。
同日午前5時ごろ、3階に下りると部屋が荒らされており、4階に戻って金庫を確認したところ、現金がなくなっていることに気付いたという。
金庫は施錠されており、こじ開けられた形跡などはなかったようです。
1階のトイレの窓枠が外されており、同署は侵入経路や手口などを詳しく調べています。
<7/6(木) 7:55配信 産経新聞より>

運送会社の社長宅での窃盗事件です。
被害者の社長は金庫がある4階で就寝しており、早朝に3階に下りると部屋が荒らされ、そして4階に戻ると金庫の中から現金が無くなっていたということです。

金庫は施錠されておりこじ開けられた形跡はなかったということです。
犯人は社長が寝ている間に堂々と金庫を開け、中の現金を抜いて、その後3階で貴金属類を盗んだのでしょうか。

社長が3階に下りたわずかな間に4階の金庫をこじ開けずに現金を盗むということは、時間的にも難しいと思われますから、やはり社長の就寝中の犯行でしょうか。
そうだとすると犯人が物音を立てずに巧みに犯行を行ったのか、社長が疲れて爆睡していたのかのどちらかかもしれません。

会社の運転資金等も置いていたのかもしれませんが、事務所兼自宅の社長宅での盗難事件は被害総額が大きいのが特徴の一つです。
また、いずれも金庫に保管というのが共通していることが多いですが、防犯システムや防犯カメラが設置されていないことが多いように思います。
信じられるのは自分だけ、金庫でがっちり守りましょうという社長を勝手に想像してしまいます。

2700万円もの現金や貴金属類を常時置いておくのですから、それらを守るために数十万円・百数十万円の費用を掛けるのは損だとは感じないように思いますが、お金持ちにはそれはもったいないと思うのかもしれません。
私なら怖くて置いたまま外出することはできませんが・・・。

これまでのブログでも何度も言っていますが、大金は自宅には置かない、金庫を過信しない、防犯システムや防犯カメラで事前の防犯対策を行う、従業員や関係者を信用し過ぎない、これらを一つではなく複数組み合わせることで、防犯意識の高い、犯罪が起こしにくい環境作りの第一歩となります。

群馬 電車の表示器盗んだ運転士逮捕

安中署などは22日、列車の行き先案内表示器などを盗んだとして窃盗の疑いで、前橋市東片貝町の鉄道会社社員(47)を逮捕しました。
調べに対し容疑を認め「電車内には合鍵を使って侵入した」と供述しています。

逮捕容疑は5月4日午後11時から翌5日午前6時10分ごろまでの間、JR横川駅に停車していた普通列車内に侵入し、行き先案内表示器と案内表示幕各1点(計23万7800円相当)を盗んだとしています。

同署は22日、容疑者の自宅を捜索し、被害品を含む表示器3点と表示幕6点を押収しました。
同駅では3月にも表示幕2点が盗まれる被害があったほか、栃木県内でも同様の被害が発生しています。
同署は余罪があると見て調べています。容疑者は前橋市内にある鉄道会社の運転士。
<6/23(金) 7:55配信 産経新聞より>


列車の行き先案内表示器というものがどのようなものなのか分かりませんが、もし列車の運行に影響を及ぼすようなものであれば大変です。

驚いたのが列車内には合鍵を使って侵入したという供述ですが、社員は合鍵を自由に持ち出し可能なのでしょうか。

もしそうなら管理体制が不安ですし、特定の個人を信用し過ぎる体制、依存する体制には疑問を感じます。

今回は表示器が盗まれる被害でしたが、夜間侵入し運行に影響が出るような不正な細工も行うことが出来てしまう状況にあるということです。
列車の整備やチェック等はあるでしょうが、その合間や隙を狙われての犯行も考えられます。
合鍵に関しても二人以上の承認がないと使用できないなどの相互監視・管理体制が望ましいのではないでしょうか。

また、必要が無い限り列車には近づくことが出来ないような入退室制限を設けるべきでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN