防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

羊肉窃盗事件 店が犯人の防犯カメラ画像をモザイクなしでネット公開

東京都港区赤坂のモンゴル料理店で、客に提供する予定だった羊1頭分の肉が盗まれ、警視庁赤坂署が窃盗容疑で捜査していることが11日、同署への取材で分かりました。

店側は犯人とみられる人物が写った防犯カメラの画像をモザイク処理などをせずインターネット上で公開。
男性店長(48)は産経新聞の取材に対し「(肖像権などの)権利を守ってほしいなら犯罪をしてはいけない」として、公開を続ける意向を示しています。

男性店長によると、羊肉は9日午前9時半ごろに食肉業者から届く予定になっていました。
しかし、同9時40分ごろになっても届かなかったため、防犯カメラを確認したところ、男が店の前から持ち去る様子が写っていたという。
男はリュックサックを背負い、青色のパーカとジーンズを着ていました。

羊肉は重さ約28キロ、長さ約1.2メートルで、ビニールで密封されていたといい、同日午後6時ごろ、店の近く路地裏に放置されているのを常連客が発見しました。
衛生上の問題から店側がすでに処分したという。


窃盗被害にあった店舗の画像公開をめぐっては平成26年8月、東京都中野区の古物商「まんだらけ中野店」でブリキの人形(店頭販売価格25万円)が盗まれ、同店は顔写真をモザイク付きで公開。期日までに返還されなければ「モザイクを外す」と警告し、専門家から「肖像権侵害や名誉毀損(きそん)に当たる可能性がある」との声があがりました。
<産経新聞 4月11日(月)20時22分配信より>


窃盗事件が発生し、被害者である店側が防犯カメラの画像を公開すると大きな反響があります。

その時に必ず起こる意見が加害者にも人権があるということです。

肖像権侵害、名誉毀損、むやみにさらされるべきではないということでしょうか。


犯人かどうか怪しいレベル、窃盗として疑わしい段階での画像公開は、冤罪を引き起こしたり、全く関係ない第三者が被害を被ることにもつながりますからより慎重に行うべきです。

ただ、明らかに犯人だと分かる時間帯の犯行、例えば店の営業時間外の侵入事件など、犯人だとほぼ断言できる場合は、防犯カメラの画像公開は個人的にはやっても良いのではないかと思います。

それを嫌がる泥棒としては、防犯カメラが設置されているところでの犯行は今まで以上に避けるでしょう。
防犯カメラの抑止効果がより発揮されることにつながります。


一つ懸念されるのは、侵入や窃盗の手口が従来のものと比べてより荒々しいもの、凶悪化しないかです。
泥棒が防犯カメラに映った自分の画像を消そうとして、建物への放火やカメラ自体の破壊、停電工作、爆発物を持ち込むなど様々な証拠隠滅策が積極的にとられる可能性があることです。


加害者の攻撃に対して被害者が反撃すると、加害者はさらなる反撃方法をとるでしょう。
イタチゴッコのようですが、お互いにエスカレートするのは危険とも思いますので難しい問題です。

また、法律的にも確定、確立されていない部分もあります。

被害者はどこまでの行動が加害者に対して許されるのか、犯罪の内容等によっても変わるのか、線引きが難しいように思います。

サドル泥棒による「私は変態じゃない」裁判

いまから2年半ほど前の平成25年8月、横浜市で自転車のサドル3個を盗んだ男が逮捕されました。

そして男の部屋からは、どれも女性向けと思われる自転車のサドルがなんと200個も見つかりました。
さらに警察の取り調べに対し、男が「女性が座ったサドルの皮の質感や匂いが好きで、なめたり嗅いだりしていた」と供述したものですから、新聞、雑誌、テレビでいっせいに大きく報じられたのでした。

彼は「サドルフェチ男」と命名され、スキャンダラスに扱れましたから、いまも事件を覚えている人はいるかもしれません。だがその後、男の処分がどうなったかなど、続報はいっさいありませんでした。

新潮45の4月号で、某写真家が、その後のサドル事件の意外な展開をレポートしています。
それが「サドル窃盗男が起こした『私は変態じゃない』裁判」という記事です。

タイトルからわかるように、男は裁判を起こしていました。
それは神奈川県(神奈川県警)と報道したスポーツ紙などメディア6社を相手取ったもので、「私はサドルフェチではない」と名誉毀損で損害賠償請求する、つまりは自身が「変態ではない」と主張する裁判だったのです。

写真家によれば、サドル窃盗犯は不起訴処分になっています。
そしてその名誉毀損裁判はその処分決定から半年後の2014年から始まったという。

記事では、訴状や提出された資料を丹念に読み込んで、現在も進行中の裁判の要点を整理しつつ、ことの本質に迫ろうとしています。

原告(犯人側)の矛先は、動機についての警察が行った広報の内容と、それを受けての報道のあり方に向けられていました。
具体的には、警察が「『女性の匂いを嗅ぐために盗んだ』とデフォルメした原告の供述内容を各社の記者にレクチャーし」、それをメディアがそのまま書いた点を名誉毀損としたのです。

では、原告が主張する本当の動機は何だったのか。その主張を写真家が裁判資料から引用しています。

「盗んだサドルの匂いを嗅いだり舐めたりしたことがあったのは事実であるが、匂いを嗅いだり舐めたりすることが盗みの目的ではなかった」

「人間関係のストレスが引金になって、サドル窃盗がやめられなくなり」

「盗んだ動機としては『革が好きだから盗んだ』『革特有の匂いが好きだから盗んだ』『人間関係のストレスで盗んだ』以外には、原告自身は今現在も説明することができない」

なぜ「サドル」なのかはまったく不明である。これでよく提訴したな、と思わずにはいられない。当然、写真家もその説明に満足していない。
一方、県から証拠として提出された男の供述調書も紹介しています。

「私は去年の夏過ぎ頃から自転車に乗っている若い主婦をみて、サドルに女の人の股部分が付いている姿に興奮を覚え、またそれに加え革フェチで、サドルと独特の皮の質感が好きだったことから女性の乗るサドルを手に入れて触って匂いを嗅いでみたり舐めてみたいと思うようになったのです」

供述段階では、まさに「フェチ」というほかない内容だったのです。
しかしながら原告側はこれらの供述調書などの内容を全否定してくる。犯人の男には、精神病歴があり、知的能力も低く、「誘導されて録取されたもの」と主張しているのです。
 
果たして真の動機は何だったのか。供述調書の内容は「精神病」で片づけられるものなのか。そして何よりなぜ「サドル」だったのか。

写真家は事件を「孤独に起因する収集癖」と位置づけ、サドルの向こうに「何かがある」と書いています。

裁判は横浜地方裁判所でいまも続いています。
<デイリー新潮 3月28日(月)5時10分配信より>

自転車のサドルが盗まれる事件は数年前に大きくニュースになりました。
私もブログの中で取り上げた記憶があります。

しかし、その後犯人が捕まったニュースや動機がどうだったかという報道はなかったように思います。
もしかしたら報道はされていたのかもしれませんが、最初に事件が発生したとき程ではなかったのは間違いないと思います。

捕まった犯人がサドルのフェチとスキャンダラスに扱われ、そのことに対して変態ではないという裁判を起こしていたということに驚きました。

まあ、正直どうでも良い話ですが、ニュースのタイトルである「私は変態じゃない裁判」というワードに興味を惹いたので取り上げてみました。

裁判の結果はどうなるのでしょう?

墓地で草むしり中にバッグ盗難

鳥栖署は2日、現金約36万円が入っていたショルダーバッグなどを盗んだ疑いで、住所不定、無職の容疑者(68)を逮捕しました。

逮捕容疑は同日午前11時~11時半ごろにかけ、鳥栖市内の墓地で、80代女性が荷物を置いて草むしりをしているすきに、現金入りのバッグや財布など(時価合計6万8千円相当)を盗んだ疑い。
<佐賀新聞 4月3日(日)11時19分配信より>


墓地での盗難と言えば、お供え物や掃除道具、または墓石が思いつきますが、草むしりや掃除をしている人の持ち物を狙うという手口です。

確かに墓地で盗難被害に遭うとはあまり考えません。

故人やご先祖さまへの感謝や報告を兼ねての墓参りですから、気持ち的には一瞬、俗世間から離れる人も少なくないでしょう。
その時はどうしても心が無防備になってしまいます。
犯罪者はそこを狙っているのです。

油断せず、貴重品は出来る限り肌身離さず持っておくことです。

墓地に防犯カメラがついているようなところは少ないですから、金品は自分の力だけで守るしかありません。

「薬を飲みたいので水をください」 隙を突いてリュック盗む

兵庫県警川西署は4日、窃盗の疑いで、川西市中央町、無職の女(42)を逮捕しました。

逮捕容疑は昨年12月17日午後2時50分ごろ、川西市花屋敷1の民家で女性(85)のリュックサック(現金約1万1千円在中)を盗んだ疑い。
容疑を認めているという。

同署によると、女性は現金自動預払機(ATM)で現金を引き出し、帰宅したばかり。
女が玄関先で「薬を飲みたいので水をください」などと声をかけ、女性が水を運ぶ間にリュックを奪ったという。

川西能勢口駅周辺などでは、2014年12月~今年1月、年金が振り込まれる月に、高齢者が被害を受ける同様の事件がほかに8件発生。
捜査員の間では「水くれ盗」と呼ばれていたという。

複数の被害者の後をつける人物が防犯カメラに映っており、同署が関連を調べます。
<神戸新聞NEXT 4月4日(月)20時36分配信より>

民家の玄関先で高齢者に「水をください」と声を掛け、その隙に荷物を盗むという手口です。

薬を飲みたいので水をくださいと言われて断る人は少ないでしょう。

自分が断ったことで薬が飲めず、体調や病状が悪化したら大変だと思うのが自然です。

まさか泥棒の手口とは考えませんから油断するのも仕方がありません。

しかも高齢者を狙っての犯行ということでさらに巧妙です。


個人宅でも防犯カメラを設置し、自分や家族以外の「目」で見ている、監視していることを犯罪者にアピールすることで犯行対象から外れる効果が期待できます。
機械の「目」ですが、自分以外の「目」もあると考えるとより安心です。

新しい泥棒? 泥ママが急増

「泥ママ」とは、「泥棒するママ」のこと。
ママ友同士仲良くなると、一緒にランチしたり、おしゃべりしたり、どこかのお店だけでなく、自宅に招く機会も増えますよね。
しかし、そんな時こそ要注意!
ママ友トラブルが、警察沙汰になることもあるのだとか...。

ネット上で散見された、ママ友が引き起こした、窃盗事件を紹介します。

● 留守番役を買って出るママ友
会社員のAさんが、少し早めに自宅に戻ると、妻のママ友Bが、引き出しを開け閉めしていたそう。
顔見知りなので、声をかけると、「こんにちは。ペンを借りたくて...。ごめんなさい。」と、ひと言。
その時、Aさんの妻と子供は、近くのコンビニへ買い物に。
数日後、ダイヤの指輪がなくなっていることに気が付き、さらに数日後、カバンに入れていた、下ろしたばかりの現金もなくなったそう。Aさんは、Bが怪しいと思いましたが、証拠がない...。他のママ友にも聞いたところ、現金や宝石、時計などの高級品がなくなったという人が続々。
いずれもBが来た後に起きているらしいが、証拠がないので相談できなかったのだとか。
自分の子に、狙いをつけた家の子供と遊ぶ約束をさせ、上がり込むのが常套手段だったそう。
結局、Bは逮捕されましたが、被害者への賠償に走り回るBの夫と子供の姿は見ていられないほどだったとか...。


● 泥ママの情報源はママ友の会話?
窃盗は、現金や貴金属に限った話ではありません。
ネット上では、コンサートや映画の試写会、旅行チケットなど、「懸賞の景品を盗まれた」という声が多く見受けられました。
ママ友同士の何気ない会話で、ついウッカリ言ってしまう。しかし、泥ママはその情報を聞いて、勝手にポストの中身をみたり、子供から情報を聞き出したりするのだそう。夫には、「○○さんにもらった」と報告する人が多いようで、なかなか自分の妻が「泥ママ」だとは気づかないのが、現状かもしれません。

●盗んだ挙句、逆ギレする泥ママ友
おもちゃや自転車など、子供用品が盗まれることもよくあるのだとか。さらに、盗んだもので、子供が怪我をすると、逆ギレして、自宅に乗り込んでくることも...。盗まれた挙句、悪者扱いされるなんて、納得いきませんよね。

「ママ友みんなを疑え」とは言いませんが、多少、用心するに越したことはないかもしれません。お金や貴金属の話には、特に気を付けたいものです。

<R25 3月7日(月)7時1分配信より>


友達や家族が泥棒に変わってしまうとはどんな気持ちがするでしょうか。
信じていた人から裏切られることほどショックなことはありません。
一般的に泥棒に入られた場合、加害者である泥棒は見ず知らずの他人です。
憎むべき対象ですが、それが元友達となると気持ちも変わってきます。

物を盗むような相手ですから、その時点で友達とは思わないと割り切れればよいですが、複雑な気持ちになることは間違いありません。
かといって家に来る人全員を疑うのはきりがありませんし、全く関係のない相手の場合、その後の人間関係にひびが入る可能性も。
また、自分ひとりの力で始終監視することは不可能です。

こんな時に力になるのが防犯カメラです。
外部からの侵入者対策だけでなく、内部の者の犯行を未然に防ぐ抑止効果としても働くでしょう。
防犯カメラが作動している中でそれでも盗むママ友はいないでしょうから対策としては充分だと思います。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN