防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

滋賀 バスの釣り銭7年間で1000万円以上盗んだ男逮捕

湖国バス(滋賀県彦根市)の営業所に駐車中の路線バスから釣り銭用の現金を盗んだとして窃盗罪で起訴された男が、「過去5、6年間に釣り銭を1千万円以上盗んだ」と供述していることが28日、分かりました。

大津地裁彦根支部であった公判で検察側が明らかにし、被害総額が2千万円近くに上る可能性もあるという。

男は東近江市小脇町、アルバイトの男(58)。
起訴状などによると、4月10日午前1時半ごろ、彦根市野口町の湖国バス彦根営業所敷地に駐車していた小型路線バスの料金箱から5千円を盗んだとしています。

公判で検察側は、アルバイトの男が2010、11年ごろから犯行を繰り返し、1回に付き1万数千円~5万円を盗んでいたと指摘。夜間に駐車中のバスに近づいて開閉レバーを操作してドアを開け、特殊な機器を使って、料金箱から釣り銭用の小銭を抜き取っていたとしました。

湖国バスによると、今年2月末ごろ、同営業所に設置した防犯カメラに、何者かがバスに侵入するのが写り、県警に相談して事件が発覚したという。
同社担当者は「裁判などを通じて事実を確認し次第、早急に対応したい」と話しました。
<京都新聞 6月29日(水)11時11分配信より>

1回の被害額が1万数千円から5万円程度とは言え、2010年から計算すると7年間で1000万円以上の盗難被害になります。
1回5万円で計算すると200回被害に遭ったことになります。
それだけ被害に遭ったことに気付かなかったのか、気付いていながら何の対策も講じていなかったのか、どちらにしても被害者側にも落ち度があったように思います。

加害者が悪いことは言うまでもありませんが、ずるずると被害に遭っていたことも加害者をつけ上がらせる結果になったと言えます。
犯罪者のカモになっていることは自覚しなければならなかったはずです。
認識できるチャンスはいくらでもあったと思いますが、毎回の被害が小額だからと目をつぶっていたのでしょうか。

しかしバスで何万円も稼ごうとおもったかなり大変です。
1日の稼ぎの大半を泥棒に盗まれてしまっては商売になりません。

客観的に見て自分は犯罪者に狙われているか、狙われそうか、カモになりそうかということを冷静に判断しなければなりません。
そうすると何をしなければならないか、問題点が浮かび上がってくると思います。

苦労して金庫盗むも中身は書類だけ・・・

富士市内の電気工事業の会社事務所に侵入し、金庫1個などを盗んだとして、牧之原署は20日、建造物侵入と窃盗の疑いで、同市内に住む建設作業員の男=当時(19)=を逮捕しました。
男は容疑を認めています。

逮捕容疑は昨年9月4日から同7日の間に、他2人と共謀し、同市内の電気工事業の会社事務所に侵入し、金庫1個など(時価計約5千円)を盗んだとされます。

同署によると、金庫には会社の書類しか入っておらず、現金や貴重品は入っていなかったようです。
金庫は約100キロほどの重さで、その後付近の水路に捨ててあったところを発見されたという。
<産経新聞 6月21日(火)7時55分配信より>

3人で苦労して金庫を盗み出し、いざ開けてみると中には会社の書類だけだった・・・。
泥棒にしてみれば割に合わない結果でしょう。

しかもその金庫は時価5千円ということですから、転売してもお金にはならないものでした。

被害に遭った会社としては不幸中の幸い、被害金額としては低いかもしれませんが、その盗まれた書類が重要なものだったとしたら・・・。

例えば、会社の土地や建物の権利書や重要な契約書類、小切手や為替、手形など、現金でなくても価値のある書類はたくさんあります。
また、自社の情報ではなく顧客情報等の場合、それが流出したことによって管理責任を問われる可能性もあります。
仮に泥棒に盗まれた場合でその会社に直接の原因がなかったとしても、保管状態や管理体制、防犯対策に問題はなかったのかなど責任を追及されることも有り得ます。

今回の事件を良い糧とし、このような事件が起こらないよう、また万が一起こったとしても最小限の被害・影響に留まるような対策を講じるべきです。

京都 事務所の金庫から1500万円盗まれる被害

京都府井手町では会社の事務所が荒らされ、金庫が奪われました。

11日朝、出勤した会社の社長が、ドアのガラスが割られていることに気づいて警察に通報したということです。

金庫には会社の運転資金など約1500万円が入っていて、警察が窃盗事件として捜査しています。

井手町ではことし3月にも同じような事件が起きていて、警察は関連を捜査する方針です。
<関西テレビ 6月11日(土)18時27分配信より>

窃盗事件というのは日々新聞やテレビ、雑誌等でニュースとして報道されています。

それらの記事を読んだ経営者というのは自分の問題としては考えないものでしょうか。

一般の社員は違うかもしれませんが、経営者は自分の会社に置き換えて考えるべきだと思います。

泥棒被害に遭ったニュースを見れば、隣の県で起こった事件だけどうちの会社は大丈夫だろうか、金庫に大金を保管するのは危険ではないか、防犯カメラ設置した方がいいかな、など色々な考えが浮かぶと思います。

私が個人的にいつも感じることは、自宅にしても職場にしても金庫内に大金を置いておくことの危険性です。

常に現金のやり取りが多く、ある程度の金額を置いておかなければならないという事情は分かりますが、単に銀行へ預けに行く時間がない、時間が惜しいという理由は信じられません。

泥棒に入られ、金庫が破られる、金庫ごと盗まれたらゼロになってしまいます。
そんなことは起こらないと多くの人が考えるかもしれませんが、日々の報道を見ていると、毎日のようにどこかで大金が盗まれる事件が発生してしまいます。
次はうちの会社が狙われるかもしれないと考えるべきです。
うちは狙われないというのは全く根拠のない自信です。

今回の1500万円の運転資金が盗まれた会社はどうするのでしょうか。
銀行に別の運転資金分が預けているでしょうか。
まさか盗んだ泥棒が捕まって1500万円全額戻ってくると信じているとは思えないのですが・・・。

自分の世界とは関係ない、影響はないと無視せずに、自分だったらどうするかと自問しながら万が一のケースを想定し、対策を考えるべきでしょう。

対策を考えるだけなら無料です、銀行に預けるのもお金は掛かりません。
お金が惜しいならお金を掛けない対策を考えてみましょう。

京都 高齢者宅で電線点検装い500万円盗む

京都府警福知山署は12日、福知山市内の男性会社員(32)が、電線の点検を装って自宅を訪れた男に現金約500万円を盗まれた、と発表しました。
同署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、10日午後4時ごろ、上下水色の作業服を着た男が会社員宅を訪問。
応対した70歳代の母親に「電線を修理したので点検させてほしい」などと言い、電話の通話テストとして子機を持って2階に上がり、約10分後に帰りました。

会社員が11日夜、2階の自室のたんすから封筒入りの現金約500万円がなくなっていることに気付いたという。

男は40歳代で身長約170センチ、黒色の短髪で太っていたという。
同市内では5月31日にも、この男に似た男が80歳代の男性宅を訪れ、同様の手口で約5万円を盗んだといい、同署は関連を調べています。
<京都新聞 6月13日(月)23時30分配信より>

賃貸マンションに住んでいると、電気やガス、水道、電話回線等はオーナーや管理組合にてマンション単位で契約しており、各入居者では具体的な契約内容等が分かりにくい場合があります。

点検や保守等が何時行われますという案内が郵便ポストに入っていることはありますが、その業者が本当に依頼した先なのか分からない場合もあります。

極端な例かもしれませんが、業者を装って泥棒がマンションごと狙い、点検と称して建物内に入ろうとする可能性もあります。
疑えばきりがありませんが、ポストに入った案内で少しでも不審な点があれば、直接業者に電話をして確認する、マンションのオーナーや管理組合に確認するなどすべきです。

今回の電線の修理業者を装った泥棒にも言えることですが、いきなり何の前触れもなく自宅に来て、中に入らせてくれということはないと思います。
何らかのアナウンスを行うでしょうし、室内に入る場合は、入居者が在宅していることが条件となりますから、不在の場合はどうするのかと考えると怪しい場合は気付くはずです。

ただ、そういうことは日頃から意識していないとなかなか気付きません。
点検か、ご苦労様です、と何も怪しまずに受け入れてしまいがちです。

特に高齢者になると、その辺りの判断は難しくなります。
工事や作業員の人がまさか泥棒の変装した姿とは考えないからです。

こんな時に人間の補佐してくれるのが防犯カメラです。
映像を録画していれば警察を含めた第三者への証拠や情報としても活用できる可能性があります。

身体の不自由な人や高齢者が一人になる時間帯があって心配なお宅は、防犯カメラによる24時間の監視も考えてみてはいかがでしょうか。

近畿2府4県の25大学で連続窃盗

近畿2府4県にある、少なくとも25の大学に侵入し窃盗を繰り返していたとして、無職の男が逮捕・起訴されていたことがわかりました。
被害額は、約920万円に上ると見られています。

建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕、起訴されたのは、兵庫県西宮市の無職の男(27)です。

警察によりますと男は、去年12月、彦根市の滋賀県立大学の生活協同組合に侵入し、現金約5万9,000円を金庫ごと盗むなど、2010年7月ころから5年半の間に、近畿2府4県の大学、少なくとも25校で、あわせて55回の窃盗を繰り返したとみられています。

被害総額は約920万円に上り、男は関与を認めているということです。

男は、自分が大学生だった2009年ころから大学で金を盗んでいたと話していて、盗んだ金はパチンコ代や飲食代に充てていたということです。
<毎日放送 5月30日(月)23時46分配信より>

大学は、正面入口に大きな門があり周囲は壁に囲まれているイメージがあります。

大学が休みのときや夜間は門を施錠し、敷地内への侵入を妨げます。
ただ、それ以外の防犯対策というものは意外にとられていないのかもしれません。

門や壁は乗り越えてしまえばあとは自由に犯行を行うことができます。

大学であれば研究結果や学生の個人情報など重要な資料や情報が数多く存在します。
現金自体はそれほど多く保管していないかもしれませんが、お金に換えることができないものがあります。
これらを門や扉の施錠という対策だけで守っているとは言えないでしょう。
重要や箇所や施設には防犯カメラや入退出の履歴確認の電気錠等、プラスアルファの防犯対策が必須です。

出生率のアップが期待できない現状では、大学への進学率は上がるかもしれませんが、大学生の人数自体は今より減ることが予想され、大学の運営はさらに厳しくなるでしょう。

盗難被害に遭った大学、個人情報が流出した大学というのは致命的なダメージを負う可能性があります。
負のイメージをかぶらないようにもしっかりと防犯対策を行うことが求められます。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN