防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 金属盗難

金属盗難

北海道で電線窃盗 銅の価格高騰で今後も増加?

道内で今年、電線が盗まれる事件が10件以上相次いでいる。
被害に遭った長さは計5キロ以上に上るが、人目につきにくい郊外の農村地帯や空き家周辺の電柱に架かった電線が夜間、狙われており、対策は容易ではないという。
盗難が相次ぐ背景には、電線に使われている銅の取引価格の上昇があるとみられ、道警は転売目的の窃盗事件とみて警戒を強めている。

「復旧するまで仕事は自家発電機でしのぐしかなかった」。滝川市で建設会社を経営する40代男性が、事件を振り返る。
男性は6月14日朝、自社の作業場敷地内の電柱に架かった電線約500メートルが切断され、なくなっているのを見つけた。
作業場があるのは畑や住宅が点在する地域で、人通りは少ない。
作業場の停電は翌日まで続いたといい「また盗まれたら」と思う。

道警によると、2月下旬~6月下旬の被害は、滝川市や苫小牧市、空知管内新十津川町などで分かっているだけで13件。
狙われたのは住宅街や交通量の少ない場所が大半で、一度に長さ約1キロにわたって盗まれたケースもあった。
このうち後志管内岩内、共和両町などでは、建設会社の敷地や工事現場に保管してあった電線が盗まれた。

捜査関係者は「感電のリスクがあるため、一定の知識や技術を持った人物の犯行」とみる。高所作業車など特殊な機材を使用している可能性もあるという。

北海道電力によると、電線が盗まれる被害は以前からあり、過去5年間の被害は年間数件~20件ほどで今年はそれを上回るペースだ。
同社は「盗難場所周辺はパトロールして警戒を強めるが、目の届きにくい所ばかり狙われるため、いたちごっこが続いている」と明かす。

全国の電線製造業者などでつくる日本電線工業会(東京)は「銅の価格が上昇すると、電線の窃盗が多発する傾向にある」と指摘する。
同会によると、今年7月の銅の平均取引価格(12日現在)は1トン当たり71万円。
昨年7月は55万円だったが、昨年11月ごろから徐々に上昇して1・3倍に値上がりした。
<7/18(火) 10:22配信 北海道新聞より>

北海道で電線窃盗が相次いでおり、背景には銅の価格高騰があるようです。
オリンピックが近くづくと金属類の価格高騰が起こる傾向があります。
東京オリンピックが近づくにつれこの傾向は今後も続くでしょう。
少なくとも価格が下がる可能性は低いでしょうから、全国的に電線等の金属類が狙われる危険性が高そうです。

買取業者等に転売される際、正規の売買なのか盗品なのかの見分けがつきにくいようです。
また、感電の危険性があることから電気の知識がある者の犯行が多いと思われます。

最近は金属窃盗がニュースになることは少なくなってきましたがこれからは増えそうです。

電線窃盗の場合、田舎等で人が少ない地域、さらに深夜等無人の時間帯に犯行を行われるとそれを防ぐことが難しくなります。
パトロールを強化するとありますが人だけで行う対策には限界があります。
予算的なものもあるでしょうが防犯カメラ等機械の力を借りて対策を行うことができれば楽です。

また、電線窃盗だけでなく、暴力事件や恐喝、万引き、違法薬物の取引等、様々な犯罪の抑止力となりえます。
防犯カメラを設置して犯罪自体が激減したという効果は珍しいものではありません。
窃盗に限った対策ではなく、他の犯罪の対策という面での導入も考えてみてはいかがでしょうか。

トラック窃盗90台被害1億8千万円 4人グループ逮捕

クレーン付きトラック約90台を盗んだなどとして、札幌厚別署は、苫小牧市明野新町3丁目、会社役員の男(37)ら男4人を窃盗と窃盗未遂の疑いで逮捕・送検したと20日発表しました。
盗んだトラックをむかわ町内のヤードで解体し、エンジンやクレーンなどの部品を30万~50万円で転売していたという。

ほかに逮捕・送検されたのは会社員の男(27)=同市明野新町1丁目=、会社役員の男(36)=同市船見町2丁目=、会社員の男(27)=同市日吉町3丁目=の3容疑者。
4人とも窃盗罪で起訴されています。

署によると、4人は2011年6月~今年8月末、苫小牧市や日高町、札幌市などでクレーン付きトラック86台(計1億7800万円相当)とタイヤ326本(計940万円相当)を盗み、トラック5台を盗もうとした疑いがあります。
4人とも「生活費にするため、解体して転売した」などと供述しているという。

4人は2人以上で車で巡回。無施錠でキーがついているトラックを見つけると、運転して盗んだという。
4人は柵などがないヤードに無断で入って解体していたといい、署は、必要な機材は自分たちで持ち込んでいたとみています。
<朝日新聞デジタル 12/20(火) 20:50配信より>

トラック90台の窃盗というのは規模が大きくてうまくイメージできません。
盗んだトラックは、タイヤやエンジン等の部品に細かく解体され転売されたのでしょう。
部品レベルにまで解体されてしまったら、どのトラックから盗まれたものなのか特定することは困難になります。
窃盗犯もそのことをよく知っているのでしょう。


4年後に東京オリンピックを迎えますが、新しい施設等を建築する際、金属類が不足し、その価格が高騰する可能性があります。

中国の好景気が続いた時は金属類の需要が高まり、それに応じるかのように金属窃盗が日本でも多発しました。
金属なら何でも良いかのようにあらゆる物が盗まれる対象となりました。
そのことによってこれは大丈夫だろうという安心や過信も崩され、多くの人の防犯意識を高めるきっかけになったことは唯一良かった点でしょうか。

最近はその意識も少し薄れているように感じます。
再度、気を引き締め、金属窃盗への注意が必要です。

震災被災者向け住宅の給湯器窃盗

仙台市宮城野区扇町1丁目の東日本大震災の被災者向けプレハブ仮設住宅から給湯器1台を盗んだ疑いで逮捕された若林区新寺4丁目、配管工の男(55)が「売却目的で盗んだ」と供述していることが2日、仙台東署への取材で分かりました。
同署は他にも27台の給湯器を盗んだとして、今月中にも窃盗容疑で追送検する方針。

同署によると、男は10月16日午前1時20分ごろ、仮設住宅の各部屋に外付けされている給湯器1台(3万5000円相当)を盗んだとして現行犯逮捕されました。
逮捕当初は「実家にもう1台取り付けたかった」と話していました。

その後の捜査で、容疑者が9月末から10月上旬にかけて3回、同じ仮設住宅で給湯器計27台を盗み、宮城県内のくず鉄回収業者に計約7万円で売却した疑いのあることが判明しました。
夜間に電動ドライバーを使って壁から取り外したとみられ、容疑者は「生活費が欲しくてやった」などと供述しているという。

県内では今年3月から10月にかけ、仙台、岩沼両市、亘理町の閉鎖された仮設住宅5カ所で、給湯器計300台の盗難被害が確認されています。
<河北新報 11/3(木) 11:07配信より>

東日本大震災の被災者が住んでいる仮設住宅の給湯器を転売目的で盗んだ男が逮捕されました。

同じ仮設住宅から他にも3回にわたって27台もの給湯器を盗んでいたということです。

震災により傷ついた被災者に追い討ちを掛けるような手口です。

仮設住宅に設置されている給湯器は設置されてまだ日が経っていない、新品に近いなどの理由で狙われたのかもしれません。
仮設住宅に対する防犯対策を被災者が考える余裕はありません。
仮設住宅を設置する側、つまり国や自治体サイドでその点も考慮するべきでしょう。

水道、電気、ガスや冷暖房、トイレ、浴室等に比べると防犯対策の優先順位は低いのは当然です。
まずは通常生活に近い環境を提供することが求められますが、その次には被災者の財産を保証、補償する対策や仕組みが必要になります。

犯罪者は被災者の事情に同情などしてくれません。
自分にとって都合の良いところをターゲットに選ぶからです。

公衆トイレでボタンがない! 金属盗の犯行

公衆トイレなどの金属製部品を盗んだとして、高山署は9日、窃盗の疑いで、岐阜県高山市の男(63)を逮捕しました。
署は容疑者宅から押収した金属製部品248点を公開しました。
容疑者は十数回盗んだと自供しているといい、動機は換金目的とみられます。

逮捕容疑は昨年11月27日、同市一之宮町の温泉施設のトイレと、下呂市幸田の公衆トイレから水洗押しボタンなどの金属製部品計10点(時価計1万4240円相当)を盗んだ疑いです。

署によると、昨年11月ごろから、両市や周辺で公衆トイレなどから金属製部品が盗まれる被害が相次いでいました。署は犯行に使ったとみられるレンチなどの道具も押収しました。
<岐阜新聞Web 11月10日(火)9時29分配信より>

金属盗なら盗んだものをリサイクルショップ等に転売して換金しようとするはずですが、金属製部品200点以上が犯人の自宅から押収されたということは、目的が別にあった可能性もあります。

ある程度数をまとめて転売しようと考えていたのか、トイレの部品収集マニアか、それともトイレ利用者が困るのを想像してひそかに楽しんでいたのか・・・。

いずれにせよ、トイレに入って用を足し、ボタンがないため水を流せないという状況は、他に例えようのない苦しみだったことでしょう。
お金に換えることの出来ない被害の一つです。

生活費のために 夫婦で蛇口窃盗112件

水道の蛇口を繰り返し盗んだとして、40歳の無職の男が逮捕・送検されました。

逮捕・送検された男は5月、福岡県志免町の公共施設で、屋外に設置されていた水道の蛇口を盗んだ疑いなどです。
警察は合わせて112件の窃盗事件を確認し、共犯とみられる内縁の妻(39)も書類送検しました。

男らは「生活費のためにやった」などと容疑を認めています。
<テレビ朝日系(ANN) 9月29日(火)18時38分配信より>

水道の蛇口を1個売るといくらになるのでしょうか?
仮に100円で買い取ってもらえたとして、112件で1万円余りです。

盗むことができる蛇口を探す労力と時間を考えると割に合わない犯罪のように見えます。

犯罪件数が増えると、件数に比例して自分が捕まる危険性も増えます。

少ない件数で大きな利益をあげる事を目指すのが自然な考え方です。
そう考えると、この泥棒夫婦はあまり賢いとは言えません。

ただ、被害金額は小額ですが、水道の蛇口が盗まれると水道が使えなくなり、被害者にとっては金額以上の損害を与えることになります。
泥棒は金目の物、高額な物ばかりを狙うとは限らない訳です。

守る側はその点も踏まえて対策を考えなければなりません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN