防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 自動車盗難

自動車盗難

トラック窃盗90台被害1億8千万円 4人グループ逮捕

クレーン付きトラック約90台を盗んだなどとして、札幌厚別署は、苫小牧市明野新町3丁目、会社役員の男(37)ら男4人を窃盗と窃盗未遂の疑いで逮捕・送検したと20日発表しました。
盗んだトラックをむかわ町内のヤードで解体し、エンジンやクレーンなどの部品を30万~50万円で転売していたという。

ほかに逮捕・送検されたのは会社員の男(27)=同市明野新町1丁目=、会社役員の男(36)=同市船見町2丁目=、会社員の男(27)=同市日吉町3丁目=の3容疑者。
4人とも窃盗罪で起訴されています。

署によると、4人は2011年6月~今年8月末、苫小牧市や日高町、札幌市などでクレーン付きトラック86台(計1億7800万円相当)とタイヤ326本(計940万円相当)を盗み、トラック5台を盗もうとした疑いがあります。
4人とも「生活費にするため、解体して転売した」などと供述しているという。

4人は2人以上で車で巡回。無施錠でキーがついているトラックを見つけると、運転して盗んだという。
4人は柵などがないヤードに無断で入って解体していたといい、署は、必要な機材は自分たちで持ち込んでいたとみています。
<朝日新聞デジタル 12/20(火) 20:50配信より>

トラック90台の窃盗というのは規模が大きくてうまくイメージできません。
盗んだトラックは、タイヤやエンジン等の部品に細かく解体され転売されたのでしょう。
部品レベルにまで解体されてしまったら、どのトラックから盗まれたものなのか特定することは困難になります。
窃盗犯もそのことをよく知っているのでしょう。


4年後に東京オリンピックを迎えますが、新しい施設等を建築する際、金属類が不足し、その価格が高騰する可能性があります。

中国の好景気が続いた時は金属類の需要が高まり、それに応じるかのように金属窃盗が日本でも多発しました。
金属なら何でも良いかのようにあらゆる物が盗まれる対象となりました。
そのことによってこれは大丈夫だろうという安心や過信も崩され、多くの人の防犯意識を高めるきっかけになったことは唯一良かった点でしょうか。

最近はその意識も少し薄れているように感じます。
再度、気を引き締め、金属窃盗への注意が必要です。

「誰でも良かった」 深夜の路上で自転車奪い何度も顔殴る

東京・昭島市で、通行人の男性に暴行して自転車を奪った疑いで会社員の29歳の男が逮捕されました。
「ムシャクシャして誰でもよかった」と話しています。

男は24日午前1時半ごろ、昭島市の路上で、突然、男性(26)の前に立ちふさがって転倒させた後、顔を何度も殴るなどして自転車を奪った疑いが持たれています。
警視庁によりますと、男は夜勤の休憩中に無断で抜け出していました。

取り調べに対して「会社の人間関係がムシャクシャして誰でもよかった」と容疑を認めています。
男は逮捕された際、他人の敷地内に干されていたトレーナーを着ていて、警視庁は、窃盗の疑いもあるとみて調べています。
<テレビ朝日系(ANN) 1月25日(月)11時57分配信より>

自転車を奪われることより顔を殴られる被害の方が深刻です。
しかも誰でも良かったという理由で何度も殴られたということですから、被害者の方は不運としか言いようがありません。
逆に加害者である犯人には同情の余地がありません。

数週間前にも日曜日の深夜、日付上は月曜日に若い女性が路上でひったくり被害に遭ったというニュースがありました。
今回の事件も若い男性が日曜日の深夜、暴行されました。

金曜日の深夜、土曜日の深夜だと休日前で人が多く、意外と犯罪被害に遭いにくい場合もあるかもしれません。
日曜日の深夜は、月曜日の出勤前で外出を控える人が多く、犯罪者にとっての絶好のターゲットになり得ることも考えられます。

特に若い女性は、帰り道一人になることは避け、自宅の近辺までタクシーで帰る、誰かと一緒に帰るなどの防犯対策が必要です。

駐車場から幼児2人が乗った車盗まれる 窃盗団の犯行?

コンビニ店の駐車場から幼児2人が乗った車を盗んだなどとして、警視庁などは17日、米国籍で住所不定、無職の男(43)と日本人の男2人を窃盗容疑で逮捕したと発表しました。

盗難車で閉店後の飲食店に乗りつけ、シャッターをこじ開けて侵入する窃盗グループとみられ、同庁などは12都府県で約600件の窃盗をしたとみています。

同庁幹部によると、男(43)は今月15日正午頃、東京都青梅市のコンビニ店の駐車場に止めていた20歳代の夫婦の乗用車を盗んだ疑い。
夫婦は買い物中で、後部座席に長女(5)と長男(2)が乗っていました。

約30分後、青梅署員が約2キロ離れた場所で車を発見、2人を保護しました。
男(43)は調べに「子どもが乗っているのに気づき、驚いて乗り捨てた」と供述しています。
<読売新聞 6月17日(火)15時14分配信より>

盗んだ車に幼児2人が乗っていたため、驚いて逃げたという逮捕された窃盗グループの一人の供述です。
幼児2人は保護されたということですから、怪我等もなく無事だったと思われますが、一歩間違えると大変な事態になりかねませんでした。

もし幼児2人の年齢がもう少し高く、犯人が顔を見られたと思い口封じを考えたら・・・。
また、下手に叫んだり、抵抗して、犯人が逆上して暴力に訴えたら・・・。
最悪の場合、そのまま誘拐や殺人事件に発展する可能性もありました。

コンビニでの駐車ということですから、ほんの短時間という思いがあったでしょう。
少しの間なら、幼児だけ残しても大丈夫。
エアコンも付いているし、眠っているから起きる前には戻って来られる。
色々な油断や過信があったでしょう。

ただ、万が一の事件や事故を想定した場合、車を離れる場合は夫婦交代にし、目を離さないようにすべきでした。
自動車盗難、エアコンを付けなかったことによる脱水症状や死亡事故など、駐車中に車内に残された幼児の事故は実際に発生しています。
発生している以上、自分の子供は大丈夫という何の根拠のない自信は持ってはいけません。
後悔しても仕切れない事件に発展しかねません。
防犯対策も同じで、最終的には後悔をしないために事前に講じることで被害を未然に防ぐことが最善です。

愛知 自動車のヘッドライト盗難急増?

ヘッドライトが盗まれる事件が東尾張や西三河を中心に相次いでいるそうです。


中日新聞によると深夜から未明にかけての発生が多く、愛知署管内で連続して発生しており、最近は狙われるクルマの部品の殆どがヘッドライトで占められているとか。

カーナビの盗難は以前からよく聞くものの、ヘッドライトの盗難って...?

愛知県警によると、今年1‐4月に県内で発生した車両部品を狙った窃盗事件は1505件に上り、ナンバープレートの盗難に続いて3月頃からヘッドライトを狙う犯行が急増している模様。

このうち愛知署管内の発生件数は97件で3、4月は被害品の大半がヘッドライト。トヨタのHVや高級ミニバンが多く被害に遭っていると言います。

一晩に10件発生したこともあるそうで、同署は同一犯が車などで移動しながら犯行を重ねている可能性が有るとしています。

ヘッドライトを狙った盗難事件はこれまでは余り無かったケースですが、特にHIDタイプは一般的に高価な為、被害品はネット転売されている模様。

最近のミニバンの大半に三角窓が設置されており、車上荒しは三角窓を割って車内に侵入、ボンネットを開けてヘッドライトを盗むそう。


従来、この三角地帯にはドアミラーが直に取付けられていましたが、斜め前方の視界確保の観点から三角窓が追加され、ドアの下方からミラーの取付け足を設ける構造が多く、三角窓の廻りには遮る物が無い状況。

小さな窓なので、ハンマーなどで割っても余り大きな音がせず、ガラスの飛散も極僅かな為、犯人はこの窓を狙い、車内に手を突っ込んでドアロックを解除。

特にミニバンは運転席が高く、乗り込んでしまえば外から車内の様子が見えない為、僅か数分でヘッドランプやカーナビ等を奪って行く模様。

こうした新手の盗難を防ぐには三角窓に透明な防犯フィルムを貼っておく対策が考えられます。

・エンジンキーを車内に残さない、スペアキーを隠さない
・クルマを離れる際は窓ガラス全閉でドアをロック
・車内に財布などの貴重品やカバンを放置しない
・夜間は見通しが利く明るい場所に駐車
・各種セキュリティグッズを併用
・車庫へのセンサーライト取付け

上記の基本的な防犯対策に加えて今後は三角窓への防犯対策も必要な状況に。

三角窓が有る高級グレードのクルマにお乗りの方はヘッドライトの盗難にはくれぐれもご用心を。
<clicccar 5月15日(木)15時25分配信より>


自動車を盗むには、現場からの移動・運搬方法が問題になります。
カーナビを盗むには、ドアをこじ開けるなどして車内に侵入しなければなりません。
ヘッドライトならそれらの作業が不要で、より楽に犯行が行なえるのでしょう。
もちろん自動車の車両本体やカーナビの方が価値は高いでしょうが、リスクと手間、作業時間を考えると、より効率的に稼ぐことのできる手口という判断でしょうか。

盗んだヘッドライトがどのくらいで転売できるのか分かりませんが、質より量という考えかもしれません。
また、被害者にしてみれば、ヘッドライトは盗まれても、車両本体やカーナビが無事ならまだよかった、仕方がないかと警察には届けないケースもあるのかもしれません。
(自動車保険で保険金請求をして等級が下がるより、小額だから自己負担で処理しようとするケースもあるかもしれません)
警察に届けなければ捕まるリスクが激減しますから、そこまで考えているとしたら相当利口な犯人です。


記事では色々な防犯対策が挙げられています。
これらの対策に加え、対策にお金を掛けることができるのであれば、
・防犯カメラの設置と録画中のステッカー貼付(機械の目による監視中・映像の記録をアピール)
・赤外線センサーの設置(建物内への侵入よりその前の敷地内への侵入者対策)
・目立つ威嚇機器の設置(現場下見時に防犯対策導入済みをアピール)


結論としては、その現場が犯行を行いにくい環境だと泥棒に感じさせることができるかどうかです。

窃盗車を買い取ったヤード経営者逮捕

盗品と知りながらハイエース1台を有料で譲り受けるなどしたとして、千葉県印西市にある「ヤード」の経営者で、ナイジェリア国籍の男ら2人が警察に逮捕されました。

神奈川県を含む1都10県では、主にハイエースなどを狙った窃盗の被害が4年前から1000件近く発生していて、被害総額はおよそ16億円にのぼるとみられています。

盗まれた車は解体され、中東やアフリカなどに輸出されていたとみられていますが、これまで警察は、3つの窃盗グループ、あわせて40人以上を検挙していました。

取り調べに対し、2人はいずれも容疑を否認しています。
<TBS系(JNN) 3月6日(木)2時12分配信より>


「ヤード(yard)」最近良く耳にする単語です。

庭、鉄道の操車場、自動車の解体施設などの意味があるようですが、最近は自動車の解体施設としてニュースなどで取り上げられることが多いです。

この単語を聞くと、自動車窃盗、盗難者買い取り・解体、海外へ密輸など、犯罪のイメージを連想してしまう人が多いのではないでしょうか。

ヤード、そして外国人経営者と2つが重なると、どうしても悪いイメージを持ってしまいます。
そうではなく純粋に仕事として自動車解体業を営んでいる人がほとんどだと思うのですが、これも報道の効果、風評被害と言えるかもしれません。


このようなイメージを覆す、一新するのは至難の業です。
余程のことがない限り、しばらくは悪いイメージを持たれるでしょう。
ヤードに限らず、悪いイメージを持たれたら、それを好転させる、変えるのは相当な時間と費用、手間とアイディアが必要になります。
そのような最悪の事態にならないように事前の対策が必要になるのです。

何か事件、問題が起こってから動くのでは遅いのです。
事後ではなく、事前に対策を講じることが良いでしょう。
それをやっていたことで、被害を防ぐ、または最小限に抑えることができることがあります。
これは何も防犯対策に限ったことではありません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN