防犯ブログ



窃盗

観賞用多肉植物盗難多発 1株100万円以上の売買も・・・

鑑賞用の多肉植物「ハオルシア」を狙った盗難被害が、昨年8月から4月にかけて少なくとも全国6府県で十数件相次いでいることが6日、日本ハオルシア協会(愛知県豊川市)への取材で分かりました。
高値で取引される中国への輸出を目的に窃盗グループが犯行を繰り返しているとみて、捜査関係者が調べを進めています。

同協会によると、全国の愛好家や栽培業者の被害総額は推定で十数億円規模に上るという。
静岡県内では、富士宮市のほかに静岡市葵区、藤枝市で計5件の被害を確認しています。

いずれも夜間にビニールハウス内に侵入するか外壁を破り、数百本~千数百本の苗を持ち去る手口。監視装置を導入したものの、死角から侵入したケースもあったようです。

ハオルシアは、南アフリカ原産の小型植物。
近年、中国の富裕層を中心に人気が高まっており、取引相場は10年前の10倍以上に高騰しています。
主にインターネットオークションを介して取引され、1株100万円以上の高値で売買されるものもあるという。
<@S[アットエス] by 静岡新聞 5月7日(土)7時50分配信より>


農作物の収穫シーズンになると様々な農作物や果物の盗難事件が発生しますが、観賞用の植物もターゲットになっているようです。

品種等によって異なるでしょうが、1株100万円以上で売買されるものもあるようです。
テレビなどで紹介されることもありますが、盆栽で数千万円以上の価値があるものもあります。

高齢化社会が進み、個人の趣味も多様化し、色々な分野でそれぞれの愛好者がいます。

一般的な価値と愛好者の間での価値には大きな開きが発生している場合がありますが、犯罪者にとってはそこが狙い目です。
一般的にはそれほど価値がなさそうなものでも一部の人にとっては価値が高いというものを盗もうと考えます。

こんな物を盗まれないだろう、これは価値がないだろうという考えは、時代や環境、状況の変化によって変わることがあるということを認識しておくべきです。

茨城 自宅から現金5100万円入りアタッシェケース盗難

14日午後1時35分ごろ、茨城県ひたちなか市勝倉に住む無職の男性(84)が、自宅1階から現金約5100万円の入ったアタッシェケース1個と預金通帳2通がなくなっていることに気付き、男性の長女が110番通報しました。
1階玄関近くの掃き出し窓が割られ、鍵が開けられていたため、県警ひたちなか署は多額窃盗事件として調べています。

同署によると、男性は長男夫婦と孫の4人暮らし。男性は朝から長女と病院に行っており、残りの3人は仕事に行っていて不在だったようです。
男性が最後にアタッシェケースを確認したのは、10日午前9時ごろという。
<産経新聞 4月14日(木)21時31分配信より>

自宅から5100万円という大金が入ったアタッシェケースが盗まれました。

一般住宅で5000万円もの現金が置かれていることに驚きましたが、被害に遭われた男性が84歳ということから、高齢者が自宅に大金を置いていることは珍しくないことが分かりました。
この被害者に限らず、昔の人ほど銀行を信用せず、自宅の方がより安心、安全と信じている人もいるのかもしれません。

高齢者宅=現金があるという図式が成り立つと、泥棒にとってターゲットが選びやすくなります。

その家の住人が高齢者だけかどうかは、一戸建て住宅の場合、下見の段階で分かります。
高齢者だけで3人以上で暮らしていることは少ないでしょうから、ほとんどの場合1人暮らしもしくは夫婦2人のどちらかです。
2人で外出したことを確認すれば、その時点で家の中は無人ということになります。

無人で家の中には現金がある可能性が高いとなるとまさに絶好のターゲットです。
しかも高齢者相手ですから、余程の相手でなければ抵抗されませんし、捕まえられることなく容易に逃走できると考えるでしょう。

今後、高齢者がさらに進む日本では、高齢者宅の防犯対策を真剣に考えなければならなくなるでしょう。

墓地で草むしり中にバッグ盗難

鳥栖署は2日、現金約36万円が入っていたショルダーバッグなどを盗んだ疑いで、住所不定、無職の容疑者(68)を逮捕しました。

逮捕容疑は同日午前11時~11時半ごろにかけ、鳥栖市内の墓地で、80代女性が荷物を置いて草むしりをしているすきに、現金入りのバッグや財布など(時価合計6万8千円相当)を盗んだ疑い。
<佐賀新聞 4月3日(日)11時19分配信より>


墓地での盗難と言えば、お供え物や掃除道具、または墓石が思いつきますが、草むしりや掃除をしている人の持ち物を狙うという手口です。

確かに墓地で盗難被害に遭うとはあまり考えません。

故人やご先祖さまへの感謝や報告を兼ねての墓参りですから、気持ち的には一瞬、俗世間から離れる人も少なくないでしょう。
その時はどうしても心が無防備になってしまいます。
犯罪者はそこを狙っているのです。

油断せず、貴重品は出来る限り肌身離さず持っておくことです。

墓地に防犯カメラがついているようなところは少ないですから、金品は自分の力だけで守るしかありません。

「薬を飲みたいので水をください」 隙を突いてリュック盗む

兵庫県警川西署は4日、窃盗の疑いで、川西市中央町、無職の女(42)を逮捕しました。

逮捕容疑は昨年12月17日午後2時50分ごろ、川西市花屋敷1の民家で女性(85)のリュックサック(現金約1万1千円在中)を盗んだ疑い。
容疑を認めているという。

同署によると、女性は現金自動預払機(ATM)で現金を引き出し、帰宅したばかり。
女が玄関先で「薬を飲みたいので水をください」などと声をかけ、女性が水を運ぶ間にリュックを奪ったという。

川西能勢口駅周辺などでは、2014年12月~今年1月、年金が振り込まれる月に、高齢者が被害を受ける同様の事件がほかに8件発生。
捜査員の間では「水くれ盗」と呼ばれていたという。

複数の被害者の後をつける人物が防犯カメラに映っており、同署が関連を調べます。
<神戸新聞NEXT 4月4日(月)20時36分配信より>

民家の玄関先で高齢者に「水をください」と声を掛け、その隙に荷物を盗むという手口です。

薬を飲みたいので水をくださいと言われて断る人は少ないでしょう。

自分が断ったことで薬が飲めず、体調や病状が悪化したら大変だと思うのが自然です。

まさか泥棒の手口とは考えませんから油断するのも仕方がありません。

しかも高齢者を狙っての犯行ということでさらに巧妙です。


個人宅でも防犯カメラを設置し、自分や家族以外の「目」で見ている、監視していることを犯罪者にアピールすることで犯行対象から外れる効果が期待できます。
機械の「目」ですが、自分以外の「目」もあると考えるとより安心です。

新しい泥棒? 泥ママが急増

「泥ママ」とは、「泥棒するママ」のこと。
ママ友同士仲良くなると、一緒にランチしたり、おしゃべりしたり、どこかのお店だけでなく、自宅に招く機会も増えますよね。
しかし、そんな時こそ要注意!
ママ友トラブルが、警察沙汰になることもあるのだとか...。

ネット上で散見された、ママ友が引き起こした、窃盗事件を紹介します。

● 留守番役を買って出るママ友
会社員のAさんが、少し早めに自宅に戻ると、妻のママ友Bが、引き出しを開け閉めしていたそう。
顔見知りなので、声をかけると、「こんにちは。ペンを借りたくて...。ごめんなさい。」と、ひと言。
その時、Aさんの妻と子供は、近くのコンビニへ買い物に。
数日後、ダイヤの指輪がなくなっていることに気が付き、さらに数日後、カバンに入れていた、下ろしたばかりの現金もなくなったそう。Aさんは、Bが怪しいと思いましたが、証拠がない...。他のママ友にも聞いたところ、現金や宝石、時計などの高級品がなくなったという人が続々。
いずれもBが来た後に起きているらしいが、証拠がないので相談できなかったのだとか。
自分の子に、狙いをつけた家の子供と遊ぶ約束をさせ、上がり込むのが常套手段だったそう。
結局、Bは逮捕されましたが、被害者への賠償に走り回るBの夫と子供の姿は見ていられないほどだったとか...。


● 泥ママの情報源はママ友の会話?
窃盗は、現金や貴金属に限った話ではありません。
ネット上では、コンサートや映画の試写会、旅行チケットなど、「懸賞の景品を盗まれた」という声が多く見受けられました。
ママ友同士の何気ない会話で、ついウッカリ言ってしまう。しかし、泥ママはその情報を聞いて、勝手にポストの中身をみたり、子供から情報を聞き出したりするのだそう。夫には、「○○さんにもらった」と報告する人が多いようで、なかなか自分の妻が「泥ママ」だとは気づかないのが、現状かもしれません。

●盗んだ挙句、逆ギレする泥ママ友
おもちゃや自転車など、子供用品が盗まれることもよくあるのだとか。さらに、盗んだもので、子供が怪我をすると、逆ギレして、自宅に乗り込んでくることも...。盗まれた挙句、悪者扱いされるなんて、納得いきませんよね。

「ママ友みんなを疑え」とは言いませんが、多少、用心するに越したことはないかもしれません。お金や貴金属の話には、特に気を付けたいものです。

<R25 3月7日(月)7時1分配信より>


友達や家族が泥棒に変わってしまうとはどんな気持ちがするでしょうか。
信じていた人から裏切られることほどショックなことはありません。
一般的に泥棒に入られた場合、加害者である泥棒は見ず知らずの他人です。
憎むべき対象ですが、それが元友達となると気持ちも変わってきます。

物を盗むような相手ですから、その時点で友達とは思わないと割り切れればよいですが、複雑な気持ちになることは間違いありません。
かといって家に来る人全員を疑うのはきりがありませんし、全く関係のない相手の場合、その後の人間関係にひびが入る可能性も。
また、自分ひとりの力で始終監視することは不可能です。

こんな時に力になるのが防犯カメラです。
外部からの侵入者対策だけでなく、内部の者の犯行を未然に防ぐ抑止効果としても働くでしょう。
防犯カメラが作動している中でそれでも盗むママ友はいないでしょうから対策としては充分だと思います。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN