防犯ブログ



窃盗

ポストから郵便物抜き取る いたずら目的の男逮捕

東京・新宿区で郵便ポストから郵便物を抜き取ったとして男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは新宿区に住む自称・無職の男(21)。
警視庁によると、男は今年5月、新宿区内の路上に設置されている郵便ポストの投入口に手を入れて、レターパックなど郵便物4通を抜き取った疑いが持たれています。
男は調べに対し、「いたずら目的だった。郵便物は全て捨てた」などと話しているという。
付近の防犯カメラの映像から男が浮上したという。

今年に入り、周辺の郵便ポストから郵便物が抜き取られる被害が相次いでいるということで、警視庁は関連を調べています。
<日本テレビ系(NNN) 7月20日(水)21時5分配信より>

ポストに投函された郵便物をいたずら目的で抜き取った男の事件です。

特定の誰かの個人情報を入出するなどの目的ではなく、単なるいたずらということですから迷惑な話です。

盗んだ郵便物は全て捨てたということですから、単に郵便物が届かないことで困る人がいることを想像して楽しんでいた、ストレス発散していたのでしょうか。

ただ、郵便物によっては相手先に届かないことで大きなトラブルに発展することもあります。
今はネットでの申込もありますが、大学入試の願書だったらその人の人生も左右しかねない問題です。
公共の場所に設置されている郵便ポストですが、今回の事件のように泥棒のターゲットになるということも想定した防犯対策が求められます。

例えば郵便ポストと防犯カメラはセットで設置し、盗難目的だけでなく郵便局員の回収時間や回収方法等をチェックするなど複数の効果が期待できる対策が効果的です。

空き部屋を不正購入商品の送付先に 4ヶ月で60件以上

不正に買った商品を空き部屋に送り、取りに行かせていた男が、警視庁に逮捕されました。

中国人の大学生の男(25)は、複数のインターネット通販サイトで、不正に入手した他人のクレジットカード情報を入力し、腕時計やUSBメモリなど、あわせておよそ42万円分を盗んだ疑いが持たれています。

発注した商品は、アパートの空き部屋に配達させ、共犯者が取りに行っていました。
男らは、同じ手口で、2015年末から、2016年3月までに60件以上、被害総額200万円分ほどの窃盗を繰り返していたという。
<フジテレビ系(FNN) 7月12日(火)17時29分配信より>

運送会社から荷物を受け取る際、判子を押すか、名前をサインします。
あとで誰が受け取ったか、判取りという形で確認することはできますが、受け取った人が本当にその名前の人なのか、また、性別や年齢等を記録するような仕組みにはなっていないと思います。

これを悪用したのが今回のような空き部屋への商品配達です。
毎回同じ住所を使っていると、クレジットカード不正利用の被害者の訴えですぐに分かってしまいそうなものです。
しかし、利用する空き部屋をローテーションや複数用意することで、自らの犯行がより分かりにくくなります。
窃盗団が組織ぐるみで行う可能性があります。

インターネットの普及により商品の購入が非常に楽になりました。

その日に頼んでその日のうちに届くようなサービスを行っている会社もあります。
運送会社との関係がより身近なものになっており、サービスも多岐に渡っています。

最初に述べた運送会社の判取りというものも今後は変えていく必要があると思います。
受け取った人の顔を写真で撮る(撮られる人は嫌でしょうが)とか、指紋認証での受け取りにするとか、電子サインで筆跡を登録するとか、色々な方法が考えられます。

実際に出来るかどうかは分かりませんが、テレビや映画ではその登録された指紋や電子サイン自体を外部から不正に書き換えるようなシーンもあり、現実的に運用するにはまだまだ多くの問題が残されています。

滋賀 バスの釣り銭7年間で1000万円以上盗んだ男逮捕

湖国バス(滋賀県彦根市)の営業所に駐車中の路線バスから釣り銭用の現金を盗んだとして窃盗罪で起訴された男が、「過去5、6年間に釣り銭を1千万円以上盗んだ」と供述していることが28日、分かりました。

大津地裁彦根支部であった公判で検察側が明らかにし、被害総額が2千万円近くに上る可能性もあるという。

男は東近江市小脇町、アルバイトの男(58)。
起訴状などによると、4月10日午前1時半ごろ、彦根市野口町の湖国バス彦根営業所敷地に駐車していた小型路線バスの料金箱から5千円を盗んだとしています。

公判で検察側は、アルバイトの男が2010、11年ごろから犯行を繰り返し、1回に付き1万数千円~5万円を盗んでいたと指摘。夜間に駐車中のバスに近づいて開閉レバーを操作してドアを開け、特殊な機器を使って、料金箱から釣り銭用の小銭を抜き取っていたとしました。

湖国バスによると、今年2月末ごろ、同営業所に設置した防犯カメラに、何者かがバスに侵入するのが写り、県警に相談して事件が発覚したという。
同社担当者は「裁判などを通じて事実を確認し次第、早急に対応したい」と話しました。
<京都新聞 6月29日(水)11時11分配信より>

1回の被害額が1万数千円から5万円程度とは言え、2010年から計算すると7年間で1000万円以上の盗難被害になります。
1回5万円で計算すると200回被害に遭ったことになります。
それだけ被害に遭ったことに気付かなかったのか、気付いていながら何の対策も講じていなかったのか、どちらにしても被害者側にも落ち度があったように思います。

加害者が悪いことは言うまでもありませんが、ずるずると被害に遭っていたことも加害者をつけ上がらせる結果になったと言えます。
犯罪者のカモになっていることは自覚しなければならなかったはずです。
認識できるチャンスはいくらでもあったと思いますが、毎回の被害が小額だからと目をつぶっていたのでしょうか。

しかしバスで何万円も稼ごうとおもったかなり大変です。
1日の稼ぎの大半を泥棒に盗まれてしまっては商売になりません。

客観的に見て自分は犯罪者に狙われているか、狙われそうか、カモになりそうかということを冷静に判断しなければなりません。
そうすると何をしなければならないか、問題点が浮かび上がってくると思います。

苦労して金庫盗むも中身は書類だけ・・・

富士市内の電気工事業の会社事務所に侵入し、金庫1個などを盗んだとして、牧之原署は20日、建造物侵入と窃盗の疑いで、同市内に住む建設作業員の男=当時(19)=を逮捕しました。
男は容疑を認めています。

逮捕容疑は昨年9月4日から同7日の間に、他2人と共謀し、同市内の電気工事業の会社事務所に侵入し、金庫1個など(時価計約5千円)を盗んだとされます。

同署によると、金庫には会社の書類しか入っておらず、現金や貴重品は入っていなかったようです。
金庫は約100キロほどの重さで、その後付近の水路に捨ててあったところを発見されたという。
<産経新聞 6月21日(火)7時55分配信より>

3人で苦労して金庫を盗み出し、いざ開けてみると中には会社の書類だけだった・・・。
泥棒にしてみれば割に合わない結果でしょう。

しかもその金庫は時価5千円ということですから、転売してもお金にはならないものでした。

被害に遭った会社としては不幸中の幸い、被害金額としては低いかもしれませんが、その盗まれた書類が重要なものだったとしたら・・・。

例えば、会社の土地や建物の権利書や重要な契約書類、小切手や為替、手形など、現金でなくても価値のある書類はたくさんあります。
また、自社の情報ではなく顧客情報等の場合、それが流出したことによって管理責任を問われる可能性もあります。
仮に泥棒に盗まれた場合でその会社に直接の原因がなかったとしても、保管状態や管理体制、防犯対策に問題はなかったのかなど責任を追及されることも有り得ます。

今回の事件を良い糧とし、このような事件が起こらないよう、また万が一起こったとしても最小限の被害・影響に留まるような対策を講じるべきです。

ビニール傘を持ち去った場合、実際に検挙される可能性は?

病院にあったビニール傘を持ち去ったところ、被害届を出されてしまった。逮捕されるかもしれない――。このような投稿が5月中旬、インターネット掲示板に書き込まれて、話題になりました。

投稿した人は、治療でおとずれた病院で、ビニール傘を盗んだという。その後、傘の持ち主が被害届を出したため、警察に呼び出された。投稿者はシラを切ろうとしましたが、防犯カメラに映っていたそうで「逮捕されるかもしれない」と不安な心情を打ち明けています。

投稿者のように、自分のビニール傘がなくなっていたために、他の人のを持ち帰ったという人は少なくないかもしれない。投稿者も「ビニール傘盗まれたくらいで怒るのは理解できない」「何回も盗まれているんだからその分盗んでチャラ」などと主張しています。

日本の法律上、他人のものを盗んだら、窃盗罪に問われます。
今回のように、ビニール傘を盗んだ場合も罪に問われるのでしょうか。
また、実際に検挙されるようなことはあるのでしょうか。

●貴重品かビニール傘かで、犯罪の成否に変わりはない

「盗んだものが、貴重品かビニール傘かで、犯罪の成否に変わりはありません」

「窃盗罪は、他人の『占有』するものを盗んだ場合に成立します(刑法235条)。

今回のケースは、病院でビニール傘を盗んだということです。この場合、傘の持ち主か、あるいは病院がその傘を『占有』していることになります。したがって、窃盗罪が成立します。

一方で、電車の座席や網棚のように、一般人の立ち入りが自由にできて、管理者よる管理が十分に及んでいないような場所に置き忘れたものについては、他人の『占有』が否定されて、窃盗罪は成立しません。ただ、この場合は、『占有を離れた』他人のものを横領したことになり、占有離脱物横領罪が成立します(刑法254条)。

他方で、公道や駅の待合室・ホーム、バスの停留所、デパートのベンチなどの公共的な場所に放置されたものについて、持ち主がまだ時間的・場所的に離れておらず、持ち主がすぐに取りに戻ったような場合、まだ『占有が継続』していたとして、窃盗罪がみとめられた例もあります」

結論として、今回のようにビニール傘を盗んだ場合、窃盗罪が成立するということです。

●「負の連鎖」を断ち切るべし

だが、ビニール傘を誰かに持ち去られて、よく似た別の傘を持ち帰るという人は少なくないかもしれません。この場合も罪に問われるのでしょうか。

「もし、自分の傘ではないと気づいていた場合、『故意』に盗んだことになり、窃盗罪が成立します。

一方で、自分の傘だと勘違いして持ち帰った場合には、犯罪の『故意』がないということになり、持ち帰った行為について、窃盗罪は成立しません。

ただし、勘違いして持ち帰った場合でも、あとになって他人の傘だと気づいたのに、自分の物のように使い続けたとしたら、あらためて占有離脱物横領罪が成立することになります」

では、実際に検挙されるようなことはあるのだろうか。

「法律上の犯罪が『成立』することと、実際に検挙されて『罪に問われる』かどうかは、少し別の話になります。放置されたビニール傘を盗んで検挙されるケースは、実際にはほとんどないでしょう。

しかし、現行犯で持ち主に捕まったり、警察に通報された場合や、ストーカーや嫌がらせなどで特定の個人を狙った悪意のある場合、いつも同じ場所で常習的に盗んでいる場合などは、警察から注意や警告を受けたり、ケースによっては逮捕・勾留されて刑事罰を受けることになる可能性もあります。

いずれにせよ、雨の日に傘が盗まれるとイヤな気分になるものです。だからといって、自分も、他の人の傘を盗むのでは、イヤな気分の連鎖が止まりません。そんな『負の連鎖』を断ち切って、いっそのこと雨に濡れたほうが気分は晴れやかになるかもしれません」
<弁護士ドットコム 5月22日(日)6時57分配信より>


盗んだら罪に問われるというのは当たり前の考え方ですが、それすら持っていない人が多いことに驚きます。


自分は何回も盗まれているから1回ぐらい他の人のものを盗んでもいいだろう、それでチャラになるというのは、単なる自分勝手な考え方です。

何回も盗まれている人もいるかもしれませんが、1回も盗んだことがない人がほとんどだと思います。

また、何回も盗んだことがある人は、自分は1回も盗まれたことはないという不公平な場合もあるでしょう。

そういう人はいつか痛い目にあうはずです。


自分が人のものを盗むことによってその人が不快な思いをするということを認識すべきです。

また、盗んだものの金額、被害金額の大きさで罪が重くなる、軽くなるということがあってはいけないと思います。

安いものだから盗んでもいいでしょう?それで訴えることはないでしょう?という考えは改めるべきです。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN