防犯ブログ



窃盗

盗品と知らずに買い取った業者が警察に通報

大阪府吹田市で5月にあったビッグバンドのコンテストの予選直前に愛知学院大(愛知県日進市)の学生が楽器を盗まれた事件で、府警は14日、住所不定の無職の男(44)と大阪府東大阪市の塗装工の男(43)の両容疑者=ともに別の窃盗罪で起訴=を窃盗容疑で追送検し、発表しました。
楽器は売却先の楽器店が盗品と気づいて府警に連絡するなどし、すべて学生の元に戻ったようです。

淀川署によると、2人は5月9日、学生らが大阪市淀川区の宿泊先近くに止めた車からトランペットなど7点(241万円相当)を盗んだ疑いがあります。
「売ろうと思った」などと供述しているという。

事件の1週間後、兵庫県の楽器店に男が楽器3点を持ち込み、計約40万円で売却。
その後、被害に遭った楽器のシリアル番号を書いた学生のツイッターを店主が読み、「盗品と知らずに買った」と署に連絡しました。

店の防犯カメラ映像などから、府内で起きた別の自動車盗事件で逮捕した容疑者らが浮上。署は同容疑者の車から残る楽器4点を発見しました。

学生バンドは他の参加団体に楽器を借りて予選を通過しました。部長さん(21)は「本当によかった。8月の本選では感謝の気持ちを込めて演奏します」と話しました。
<朝日新聞デジタル 7月15日(水)10時46分配信より>


事実とは異なるでしょうが、窃盗事件の報道によるものなのか、盗品を買い取る業者=犯罪の加担者、加害者というイメージがあります。

もちろん盗品と知らずに買い取ってしまう業者が大半だと思うのですが、どうやって入手したのか疑いたくなるような大量の品数や高価な物が持ち込まれた場合、盗品ではないのかと疑うのが普通だと思います。

ましてや買取業を営んでいるその道のプロであれば、盗品かどうかは我々素人の嗅覚より優れているでしょう。
それに気付かなかったというのは、気付いていたけど気付かなかったふりをしていたと聞こえます。

被害に遭った学生のツイッターを読んだ店主が、盗品と知らずに買い取ったと警察に通報しましたが、このような良心的な買取業者が増えると、犯罪者にとっては転売しにくくなります。

SNSなどを利用した直接売買など、他にも転売の手段や方法はありますが、1つずつ潰していく事で、犯罪者が物を盗んでも売れない、換金しにくい環境をつくると彼らの行動・活動を制限することにつながります。

コンビニで渡されたお釣りが多かった 受け取った女逮捕

2015年5月27日、日本メディアによると、コンビニエンスストアで携帯電話の利用料金の支払いの際、店員が誤って多く手渡したお釣りを受け取ったとして、宮城県石巻市の女が逮捕されました。

宮城県石巻市のコンビニエンスストアで、47歳の女が携帯電話の利用料金10万2000円を支払う際、10万5000円を店員に渡しました。
店員はレジに誤って約15万円と打ち込んだため、表示されたおつり4万8000円を手渡しました。

女は、正しい金額の3000円よりも4万5000円も多い金額であるにもかかわらず、そのまま受け取りました。
女は「気づかなかった」として、容疑を否認しています。

日本のニュースを扱う英語のニュースサイトでも報じられ、欧米のネットユーザーがコメントを寄せています。

「携帯電話の利用料金に10万2000円も払っているというのが驚きだ!」
「10万2000円というのは年間の料金だろうね」
「泥棒だ」
「多く手渡されたお金を持ち去りたいという気持ちは分かるが、利用料金の明細書に自分の名前などが記載されているんだから、すぐにばれることは分かるはずなのに」
「容疑者はもちろん、気づいていて受け取ったはずだ。日本の店員は、客の目の前でとても几帳面におつりを数えて手渡すよ」
「店員がやらかしたばかなことのために、女性客の方が逮捕されたというのか?」

<Record China 5月28日(木)12時38分配信より>


コンビニで料金を支払う際、店員が誤って金額を打ち込み、そのままお釣りを受け取った女が逮捕されました。

何十円、何百円だと気付かない場合もあるでしょうが、3000円のお釣りが4万8000円だったら誰でも気付きます。
そもそも普通に買い物をして、1万円を超えるお釣りになることはありえません。
気付かなかったという女の供述には無理があります。

誤った金額を打ち込んだ店員、そして4万8000円のお釣りを渡した店員にも問題があるのは言うまでもありませんが・・・。
このようなトラブルはどこでもあります。

言った・言わない、気付かなかった、忘れた、知らなかった、もちろん言葉通りの場合もありますが、しらを切られたり、分からないと突っぱねられたらどうしようもない場合もあります。

このような場合、音声を記録するとか、映像を記録するなど、後で第三者が判断することができれば、トラブル回避につながります。

録音装置や防犯カメラ、レコーダーなど犯罪の証拠となりうる対策がされているところでは誰もが行動に気をつけます。
犯罪とは無縁の人にとっては何も恐れる必要はありませんし、むしろ自分が犯罪とは関係がないことを証明してくれる可能性がありますから安心して買い物ができます。

店のサービス品 注意無視して大量に持ち去り逮捕

条件つきで無料で持ち帰れるスーパーの氷を大量に持ち去ったとして、茨城県警牛久署は2日、同県牛久市内の自称小売業の男(49)を窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表しました。
容疑を認めているという。

署によると、男は2日午前0時45分ごろ、牛久市ひたち野東1丁目のスーパーで、買い物客へのサービスとして店内に置いていた製氷機から氷約14キロを持ってきたポリ袋1袋に入れて盗んだ疑いがあります。
手に持って店を出たところで店長に取り押さえられ、通報で駆けつけた署員に引き渡されたという。

この店では、生鮮食品などを買った客なら、氷を備え付けの袋で2袋分まで無料で持ち帰れます。
男が購入したのは洗剤1点だったようです。

男は4月21日までに複数回、この店から氷を持ち帰り、そのたびに店長から注意を受けていたという。
昨年7月にも別のスーパーで同様に氷を持ち去ったとして窃盗容疑で逮捕されました。
<朝日新聞デジタル 6月3日(水)10時1分配信より>


店に置かれている無料のサービス品。
水、氷、ダンボール箱、ビニール袋など色々な種類があります。

常識的な判断を期待しつつ、お一人様〇〇までと張り紙がされている場合があります。
ただ、その張り紙を無視し、当然のように大量に持ち帰る人がいます。

無料だからいくら持って帰っても構わない、こちらは客だ、他の商品を購入しているのだから問題ないだろう、などと色々な言い分があると思います。
店側もサービスの一環として、持ち帰る人がいるのも想定して、お客様が喜ぶのなら、など様々な考えがあるでしょう。

ただ、度が過ぎると、多くのお客様のサービスとなっていない、一部のお客様のためにしかなっておらず、効果がないという判断から、最終的にはサービスを終了するというケースも多いでしょう。
また、サービスという趣旨から考えると、大量に持ち帰る人に注意するというのも気が引けますし、逆効果のように思えます。

今回のニュースでは、そこをあえて何度も注意し、最終的には窃盗として現行犯逮捕された珍しいケースです。
これまで悪いことと知りつつ、大量に持ち帰っていた人にとっては、見逃すことができない事件です。
下手をすると自分も捕まるかもしれない、と考えを改めさせ、今後は常識的な行動をとるようになることを期待します。

勤務先の100円ショップから現金120万円盗んだ男逮捕

勤務先の100円ショップのレジなどから現金を盗んだとして、兵庫県警垂水署などは19日、窃盗容疑で、三重県鈴鹿市の無職の男(22)を逮捕しました。

同署によると、「金に困っていた」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は、昨年8月21日午後~22日午前の間、当時アルバイト店員として勤務していた神戸市中央区東川崎町の100円ショップ「Seria神戸ハーバーランドumie店」で、レジや金庫から現金約120万円を盗んだとしています。
<産経新聞 5月20日(水)8時38分配信より>


勤務先の100円ショップから現金120万円を盗んだ男が逮捕されました。
100円ショップで120万円を盗んだということですので、単純計算で商品1万2千点相当になります。
商品の代金以外も含まれているでしょうが、1万点以上の商品が盗まれたら大変な被害です。
100円ショップで120万円以上の売上をあげようと思ったら1万2千点以上販売しなければなりません。

この計算は仕入が0円の場合ですから、実際には何十万点も販売しなければならないということになり、そう考えると今回の事件の被害額の大きさが分かります。

100万円もの現金を店舗内に置いたままにしておくことも危険です。
当たり前のことですが、こまめに金融機関の預け入れを行い、必要最低限の現金(釣り銭等)以外は置いておかないような体制をつくるべきです。
仕入先等への支払いを毎回現金で行っているところも少ないでしょうから、使う必要のない現金は金融機関に預け入れましょう。

また、従業員(アルバイト)や出入業者の内部犯行や不正対策として、防犯カメラや入退出管理の防犯システムの設置も検討すべきでしょう。
一緒に働いている仲間を疑うのは誰しも嫌なことですが、人間、環境によっては良からぬ考えを抱いてしまうものです。

ずさんな管理を目の当たりにすると、もし自分が盗んだとしても気付かれないのでは?という考えから、犯罪者へと変貌してしまう人がいます。
最初から盗む気持ち、犯罪を犯す気持ちで勤める人はいないでしょう。
どこかで犯罪に気持ちが揺さぶられ、行動に移してしまうのです。
それを事前に、未然に防ぐ抑止力として防犯カメラなどの対策が役に立ちます。

LINEに証拠 「誰にもゆーたあかんで!」

京都市山科区で今年2月、中学校のグラウンドなどで消火器が噴射されているのが相次いでみつかった事件で、京都府警は20日、器物損壊の疑いで、京都市山科区の高校1年の男子生徒7人を書類送検しました。

「中学校卒業前に大きなことをしようと思った」などと全員容疑を認めています。
市内では1~2月、路上や中学校のグラウンドなどで消火器計93本が噴射されているのがみつかっており、府警は7人の犯行とみて調べます。

書類送検容疑は2月上旬、同区の駐車場と同市南区の民家で、設置されていた消火器計2本を噴射したとしています。

府警によると、7人は遊び仲間同士で、深夜から未明にかけ自転車で移動しながら、犯行を繰り返していたとみられます。

7人のうち1人が山科区内のコンビニで万引きをしたとして窃盗容疑で書類送検されており、窃盗事件の調べの中で無料通信アプリ「LINE」で「消火器のやつな絶対に誰にもゆーたあかんで!」と通信した履歴がみつかりました。
<産経新聞 4月20日(月)17時3分配信より>

無料通信アプリ「LINE」の通信履歴が証拠となり、消火器噴射事件の容疑者が見つかりました。

電話(盗聴)、メール、ホームページ、ツイッター、LINEと様々な通信手段から犯罪の証拠や手がかりが見つかるます。
住民への聞き込みで直接話しを聞く、手がかりを探す、証拠を集めるという従来からのやり方に加え、インターネット等による検索や情報解析なども犯罪捜査の有効な手段となっているようです。

犯罪者によっては自分が行った犯罪を自慢げに人に話す者もいます。
悪ぶって人から一目置かれたいという勘違いでしょうが、その方法としてLINEというのは絶好のアイテムでしょう。

特に高校生、大学生などの若者の間での使用率というのはかなりの高さです。
スマートフォンを操作している時間が一日十何時間という人が珍しくないというテレビを見ましたが、一日二十四時間中、起きている間はほとんどスマートフォンに触れている状態です。

人間が操作しているというよりスマートフォンに操作されているようにも見えて恐ろしい気がするのは私だけでしょうか?

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN