防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 外国人の犯罪

外国人の犯罪

外国人出稼ぎ労働者の復讐?

● 日本人の"便利な生活"を支える 低賃金・重労働の外国人労働者

世の中には「知っておくべきだが、知らされていない事実」がたくさんある。

本書『ルポ ニッポン絶望工場』(出井康博著)が伝えるのは、日本で過酷な労働を強いられている「留学生」や「実習生」の実態である。出稼ぎベトナム人と、彼らを食い物にする日本語学校、低コストで彼らを雇う企業という三すくみの構図がメインだ。
本書に書かれていることは、日本人として「知っておくべきこと」の一つだと私は強く感じた。

本書によると、日本で暮らす外国人の数は、昨年1年間で約11万人増え、過去最高の約223万人に達した。こうして増加した外国人の半分以上は「実習生」と「留学生」として日本にやってきているそうだ。実習生・実習生とも、前年比15パーセントの増加。まさに、急増である。

なぜ、そうなったのか。本書によると、その答えは出稼ぎである。日本の労働人口は減り続けており、とりわけ体力が必要な仕事は働き手が不足している。「実習生」と「留学生」として来日し、単純労働の担い手になっているそうなのだ。

著者は、2007年から「外国人労働者」をテーマにした取材を始めたという。
当時、著者は、海岸沿いにポツンとある殺風景なホタテ加工場で、20代の中国人実習生約100人が黙々とホタテの殻剥きをしている光景を目にしたそうだ。「実習生なしでは、この加工場、いや村はもうやっていけない」加工場の経営者が漏らしたこの言葉に、少子化にともない、今後こういった職場が日本のあちこちで増えていくに違いないと悟ったという。

それから、10年。
"あのときの私の予感は現実のものとなった。
(中略)
コンビニは24時間オープンしてもらいたい。
弁当はできるだけ安く買いたい。
宅配便は決まった時間にきちんと届けてもらいたい。
新聞は毎朝毎夕決まった時間に配達してほしい。
しかし、私たちが当たり前のように考えているそんな"便利な生活"は、もはや低賃金・重労働に耐えて働く外国人の存在がなければ成り立たなくなっている。いや、彼らがいなくなれば、たちまち立ちゆかなくなる。
そうした実態は、日本人にほとんど知られていないのではなかろうか。"


● 在日外国人による犯罪の急増は 社会に対する復讐

弁当の製造工場、宅配便の仕分け現場、そして新聞配達......深夜や早朝の就労が多いそれらの現場に、日本人はほとんどいない。日本人学校によっては、アパートを借り上げ、そこを寮として彼らを狭い部屋に彼らを押し込め、働き口を斡旋し、賃金を学費として吸い上げるという搾取の構図があるようだ。日本人との触れ合いも少なく、語学力を高めるのも難しい。そして、来日前にブローカーから吹き込まれた「月20~30万円の仕送り」など夢のまた夢だ。

多くの外国人は、夢をもって日本にきている。搾取され、追い込まれ、ある者は静かに日本から去り、ある者は不法就労に走り、なかには凶悪な犯罪を起こす者もいる。冒頭で書いたように事態は急速に進展している。だから、オビにある「彼らの静かな復讐が始まっている! 」という警句も、本書を手にする一つのキッカケになってもよい。急激に迫ってきている危機だからだ。

ただこれが、安直に外国人を忌避する姿勢につながってはいけない。「おわりに」で、欧州における移民とテロの問題にふれた後、著者は次のように書いている。

"在日ベトナム人などの犯罪が急増している背景については第6章で述べた。彼らが犯す「窃盗」や「万引き」は、欧州が直面するテロの脅威とは次元が違う。しかし、外国人による社会に対する復讐という意味では、スケールこそ違っても構図は同じである。

今後も、日本で働く外国人は間違いなく増えていく。日本に住み続け、移民となる人も出てくるだろう。彼らにこの国で、いかなる役割分担を求めるのか。どうすれば優秀な外国人を日本に迎え入れるのか──。長期的な方針と戦略を立てるのは今しかない。 ~本書「おわりに」より"
<ダイヤモンド・オンライン 9月16日(金)6時0分配信より一部抜粋>


日本における外国人窃盗団による犯罪が多発、よく耳にする表現だと思います。
私が感じていたの外国人の出稼ぎ労働者というのは最初から犯罪目的の海外遠征、つまり本国における犯罪者たちが日本をターゲットにするために来日し、そして自分の犯行だと明るみになる前に帰国する。
また、ほとぼりが冷める前に日本にやってきて同じ犯行を繰り返す、というイメージを持っていました。

もちろんこのようなタイプの犯罪者もいるでしょうが、今回の記事にあるように、元々は日本で働くためにやってきた外国人がある程度の年月を経て最終的に犯罪者になってしまうというタイプです。
犯罪を犯すことに理由や言い訳は通用しませんが、その過程において日本側にも責任があると思いました。

不法就労している、最低賃金以下で働かされている、賃金を搾取する者がいる、監禁に近い生活環境など、それらを知らずにとは言え許していることには大きな責任があるはずです。
外国人の日本滞在を統括する部署において、定期的に調査、管理、指導、処罰を行うべきです。
法律が定まっていないのであれば法整備すべきです。

外国人が日本に来ている間は、その国の人をお預かりしている(表現が正しいか分かりませんが)気持ちで接しなければならないと思います。
東京オリンピックを4年後に控え、おもてなしの精神のことを言われますが、何を持っておもてなしというかの解釈は様々です。
日本に旅行する、留学すると最終的には犯罪者になる可能性が高い、そのような印象を他国に与えてしまうと国益を損ねかねません。

宵空き巣犯中国人4人組逮捕 50件被害総額1千万円?

京都府警と滋賀、和歌山、兵庫各県警の合同捜査班は1日、大津市で空き巣をしたとして中国人の男4人を窃盗容疑で逮捕しました。
4人は、夕方に電灯がついていない家を狙う「宵空き巣」と呼ばれる手口を繰り返していたとみられます。

いずれも無職の男(26)、男(24)、男(25)、男(31)の各容疑者。
逮捕容疑は1月12日午後6時ごろ、大津市の男性会社員(35)方に侵入し、腕時計や商品券など7点(合計約5万円相当)を盗んだ、とされます。
男(25)は否認し、3人は容疑を認めているという。

4人は同日、京田辺市で捜査員に職務質問され、バッグにバールやドライバーなどを隠していたとして、特殊開錠用具所持禁止法違反容疑で現行犯逮捕されていました。
府警によると、昨春から今年にかけ近畿地方を中心に同様の手口で少なくとも約50件(被害額約1000万円)の被害があり、4人が関わった可能性もあるとみて調べています。
<毎日新聞 2月2日(土)14時58分配信より>

夕方に電灯がついていない家を狙う「宵空き巣」という手口です。
夕方もしくは夜に電灯がついていない家=無人というのは外から見ても、誰が見ても分かります。(その時間に寝ている人がいれば別ですが)

無人=侵入しやすい、狙いやすい家というのも泥棒の常識でしょう。
仮に破壊しにくい窓ガラスや扉、補助錠などがついていたとしても、無人ですから、その間はゆっくりと犯行を行うことができます。
泥棒が焦る条件にはなりません。

彼らは人に見つかるかもしれない、自分の犯行だと分かるかもしれない、怪しまれて顔を見られるかもしれないなど常に犯行時は緊張状態です。
少しでも犯行時間を短くし、目当ての金品が手に入れば、1秒でも早く現場から逃げ出したいというのが本音です。

無人状態、無施錠、そして防犯上無対策というのは、彼らの緊張状態を和らげる絶好のカンフル剤となります。
そのような楽をさせないのが事前の防犯対策です。

防犯対策が働けば、ベルやサイレンが鳴り、周囲に犯行を知らせます。
彼らに気持よく犯行を起こさせない、彼らの邪魔をする最も効果的な方法です。

また、防犯カメラや威嚇機器を目立つ所に設置して、犯行自体を行わせないようにすることも効果的です。
別のところを探せ!とばかりに泥棒にアピールする方法です。

何にせよ、無防備、無対策、無意識、無警戒というのがいけません。

  • 1
Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN