防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(マンション)

侵入手口(マンション)

アパートの元住人が合鍵で侵入し窃盗

岐阜県警可児署は8日、住居侵入と窃盗の疑いで、可児郡御嵩町古屋敷、派遣社員の容疑者の男(28)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年10月19日午後7時40分から20日午前5時40分ごろまでの間、男性会社員(20)が当時住んでいた同町のアパートの部屋に侵入し、乗用車のエンジンキーを盗んで駐車場から男性の妻(19)の乗用車など(時価計約42万円)を盗んだ疑い。

署によると、容疑者は昨年5月ごろまでこの部屋に住んでおり、合鍵を使って玄関から侵入。
車には男性の妻の財布があり、盗んだ車で近くの現金自動預払機(ATM)に行き、現金を引き出そうとしたという。昨年10月20日朝に帰宅した男性が車の駐車場所が違うことに気付き、署に通報した。「盗んでいない」と容疑を否認している。
<3/9(金) 8:07配信 岐阜新聞Webより>

賃貸や分譲に限らず、新居を下見する際は、この部屋の鍵は前の住人が退去した後に交換したかを確認することが必要ですね。
そうでないと今回の事件のように前の住人が持っていた合鍵を使って今の住人の部屋に侵入する可能性があるからです。
鍵を全て返却していた場合でも複製している可能性はありますので交換してしまう方が安心でしょう。

オーナーさんによっては鍵の交換費用を惜しんで交換しないところがあるかもしれません。
もしくは通路や共用部に防犯カメラを設置し、不審な行動をすると映像に記録されることを日頃から住人も含めてアピールすることで犯行の抑止力になる可能性が高くなります。

前の住人が合鍵を使って侵入するような犯罪は、未然に防ぐことが可能な犯罪と言えます。
防犯意識が高い住人や地域であれば犯罪自体が発生しなかったかもしれません。

オートロックのマンション 必ず無施錠の部屋がある

神戸市内などのマンションに忍び込んで盗みを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と芦屋署などは18日、窃盗などの疑いで、同市灘区、清掃員の男(40)=公判中=を追送検し、捜査を終えた。
起訴済みの4件を含む53件、計約320万円相当の被害を裏付けた。

追送検容疑は2011年2月~17年9月、同市東灘区や兵庫区、大阪府、奈良県内などのマンションで、未明に無施錠の部屋に侵入し現金などを盗んだ疑い。
いずれも容疑を認めているという。

同課によると、男はオートロックのマンションでも盗みを繰り返していたといい、「泥棒が入ってこないと安心していて、必ずと言っていいほど無施錠の部屋があった」と供述しているという。
<1/18(木) 11:39配信 神戸新聞NEXTより>

オートロックのマンション、それぞれ入居者の扉がありますが、何十戸もあるマンションだと必ず無施錠の部屋があるということです。
宅配業者や住人を装えばオートロックは簡単にクリアできます。
その後、一戸ずつ扉を開けて周り、もし無施錠の部屋が見つかれば侵入するというのは実際に有り得る手口です。

無施錠でしかも無人の状態だと自由に犯行が行えますし、部屋の中に防犯カメラがなければ自分の犯行だとバレる危険性も減少します。

このような手口が紹介されることも増え、オートロックだからと専用の扉を無施錠にしてまま外出する人は少ないと思いますが、夏場など暑い場合は、扉を半開きにしている部屋を見たことがあります。
今回の泥棒のように、未明に侵入する泥棒もいますから用心しなければなりません。

空き部屋侵入 水道2千リットル出しっぱなし男逮捕

アパートの空き部屋に侵入して水道を出しっぱなしにしたとして、兵庫県警宝塚署は15日、邸宅侵入と建造物損壊、窃盗の疑いで同県宝塚市の無職男(56)を逮捕しました。
同署は発見されるまでの約40分間に、約2千リットルの水が流されたとみています。

逮捕容疑は4月2日午後4時55分ごろから同5時10分ごろまでの間、同市内の2階建てアパートの2階空き部屋に、盗んだ鍵を使って侵入。
台所と洗面所の蛇口や風呂場のシャワーの水を出しっぱなしにし、室内や1階の天井を水損させたとしています。
容疑を認めています。

同署によると、男は平成26年ごろから、このアパートの別棟に居住。
キーボックスに保管されていた空き部屋の鍵を盗み出して侵入していました。
午後5時45分ごろ、大家の妻(56)が玄関から水が流れ出しているのを発見しました。
同署は住民間にトラブルがなかったか調べています。
<産経新聞 5/16(火) 11:22配信より>

アパートの空き部屋に侵入し、台所、洗面所、風呂場の水を出しっぱなしにして水浸しにした男が逮捕されました。

40分間で2千リットルという水量ですが、どれぐらいの水量かピンときません。
ただ、室内や階下の天井を水損させるぐらいですから相当な勢いと量だったのでしょう。

男の目的は不明ですが、空き部屋だからと言って外部からの侵入を容易に許しては、何をされるか分かりません。

空き部屋で違法薬物の取引を行ったり、カードの不正利用による商品の届け先に悪用されるなど、空いていたら犯罪者は悪用しようと考えます。

空き部屋にわざわざ防犯カメラや防犯センサーをつけることには抵抗があるかもしれませんが、いつでも誰でも自由に出入りできる環境はよくありません。
せめて南京錠などの簡単な鍵をつけるなど、最低限の侵入対策は講じるべきです。

空き部屋には盗られる物はほとんど置いていませんが、壊されたり、悪用されると困ることは色々あるということが分かる事件でした。


下着に興奮して火をつける?

12日、東京・江戸川区でマンションのベランダから女性の下着を盗みタオルに火を付けたとして、37歳の男が逮捕されました。

警視庁によると、器物損壊・窃盗などの疑いで逮捕された、とび職の男は、12日未明、江戸川区のマンションのベランダに侵入し干してあった女性の下着3点を盗んだ上、近くにあったタオルに火を付けた疑いが持たれています。

男は、当時、泥酔した状態で、調べに対し「いたずら目的で火を付けようとしたら下着が干してありムラッとして盗んだ」と容疑を認めているという。

15分ほど前には現場近くの家のベランダでも不審火があり、警視庁が関連を調べています。
<日本テレビ系(NNN) 3/14(火) 12:56配信より>

泥酔した状態とは言え、いたずら目的で火を付けようとしたら下着が干してありムラッとして盗んだという意味不明な男の事件です。

下着を盗むというのが100歩譲って分かるとしても、いたずら目的で火を付けようとするのは理解できません。

いたずらですから、ちょっと物が焦げる程度でしか想定していないでしょうが、その火がそのまま広がり大火災に発展する可能性も充分考えられます。
酔っていたというのは理由にはなりません。

器物損壊・窃盗容疑ということですが放火犯として捕まえてほしいぐらいです。
中の住人が火事で巻き添えになれば放火殺人にもなりえる手口です。
厳罰に処すべきではないでしょうか。

このような常人には理解できない人が存在している以上、放火対策も考慮しなければならない恐ろしい世の中です。
寝ている間に家に火を付けられてしまう、異変に気付いて起きられるか自信がありません。

マンション床に穴開け、一階下に侵入 女性に暴行目的

マンションの自室浴室の床に穴を開けて、階下に住む女性宅に侵入・暴行したなどとして、茨城県警つくば中央署は27日、つくば市の会社員の男(51)を住居侵入と強制わいせつ致傷の容疑で緊急逮捕しました。

男は女性が経営する飲食店の常連客で、容疑を認めた上で「今月中旬に引っ越し、10日間くらいかけて、のこぎりなどを使って穴を開けた」と供述しているという。

逮捕容疑は27日午前0時半ごろ、つくば市内のマンション2階の自室から下の階に住む女性(39)宅に侵入し、帰宅した女性にわいせつな行為をしようと、スタンガンを押しつけるなどして、左手に軽いけがをさせたとしています。

穴は一辺約50センチ程度で、容疑者宅の浴室の床から女性宅の浴室天井まで貫通していました。
女性はこの日まで、天井裏の物音や異変には気付かなかったという。

男は女性に抵抗されて玄関から逃走。
約5時間後、数百メートル離れたコンビニエンスストアにいるところを県警機動捜査隊員に発見されました。
逮捕時、スタンガンや手錠を所持していたという。
<毎日新聞 2015年10月28日11時36分より>

映画やテレビのような衝撃的な事件です。

気に入った女性が住むマンションの上の階に引越し、10日間かけて床に穴を開け、階下の女性宅にわいせつ目的で侵入するという手口です。
逮捕時、スタンガンや手錠を所持していたということから相当計画的な犯行と言えます。

仮に計画が成功し、目的を果たした場合、その後も開けた穴は残りますし、そのまま上の階に住む続けるつもりだったのでしょうか。
それともその後、すぐに引っ越すつもりだったのか、ただ前の入居者としてしっかり記録には残りますから、犯罪として露見するのは明らかです。

犯人は愚かな男でしたが、手口としては非常に恐ろしいものです。

最も安全だと思われている自宅という空間に、見知らぬ男が侵入してくるのです。
しかも窃盗目的ではなく、わいせつ目的でスタンガンで武装している。
女性の一人暮らしでこんなに恐ろしいことはないでしょう。

女性に限らず男でも恐怖を感じます。

平和に暮らしている市民の安全・安心を脅かそうとする犯罪者たち。
彼らを断固拒否する姿勢・対策が必要です。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN