防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口

侵入手口

採風ドアからの侵入 京都で窃盗被害34件発生

ドアを閉めたまま、スライドガラスを開閉して換気できる「採風ドア」から民家に忍び込む窃盗被害が京都府内で相次いでいます。
府警が昨年確認した被害は34件(未遂を除く)で、忍び込み事件全体の2割超を占めた。スライド部分が無施錠だったケースが大半で、府警は「外出や就寝時にはスライド部分も必ず施錠して」と呼び掛けています。

「やられた」。昨年9月。城陽市の会社員男性(40)は、自宅1階から財布やバッグ内の現金約30万円が盗まれたことに気付きました。

就寝前、勝手口の採風ドア本体は施錠していました。しかし、スライド部分は鍵を掛けず、換気のため開けっ放しにしていた可能性があるという。「ドア本体を施錠すれば安全だと思い込んでいた」と悔やみます。

府警によると、男性宅から現金を盗んだとされる男(21)=窃盗容疑で逮捕=は、採風ドアの網戸をライターで破り、無施錠だったスライドガラスを開け、隙間から手を入れてドア本体を解錠していたという。

住人が就寝中に民家に忍び込む窃盗事件は昨年、府内で145件発生しました。勝手口が侵入経路となるケースは49件あり、このうち約7割が採風ドアを標的にした事件でした。

府警は滋賀県や三重県でも同様の被害を確認し、被害総額は約660万円に上るという。

日本サッシ協会(東京都)によると、採風ドアは「上げ下げ内蔵勝手口ドア」とも呼ばれ、ドア本体と換気用スライドガラスや網戸、格子部分にそれぞれ鍵があります。割れにくいガラスを採用するなど防犯性能が高い製品もありますが、同協会は「施錠状態が不完全であれば、防犯性能が高くても危険だ。被害に遭わないためにも、戸締まりは万全にしてほしい」と注意を促しています。
<京都新聞 2/14(火) 8:59配信より>


採光ドアはよく耳にしますが、採風ドアというものもあるのですね。
確かに夏場など気温が高いときに、ドアを閉めたまま換気や風通しを良くする為にドアの一部を開けることができたら便利です。

施錠しているから安心だという油断を突いての犯行のようです。
スライド部分は無施錠というケースが大半のようですからそのことを表しています。

この件に限らず、ドアや窓の施錠だけでは防犯対策としては充分とは言えません。
もちろん、無施錠に比べると防犯効果はありますが、犯罪者はそれらをクリアする手段を持っています。
時間を掛け、道具を利用すれば簡単に突破されてしまいます。

それを簡単に突破されないようにトラップを仕掛けるのが防犯対策です。
犯罪者がそのトラップに対し尻込みをするように思わせることが効果的です。
その場での犯行をあきらめさせ、別のターゲットを探させるような誘導をできるかが鍵となります。

塀のある家を狙い泥棒行脚44件

兵庫県加古川市内の民家に侵入し現金などを盗んだとして逮捕、起訴された住所不定、無職の男(37)が、姫路市や加西市でも同様の盗みを繰り返したとして、県警捜査3課と加古川署は5日、窃盗容疑などで関係書類を地検姫路支部に送り、捜査を終えました。
起訴済みの4件を含め44件、計約245万円相当の被害を裏付けたとしています。

県警によると、今年5~8月、無施錠の窓から民家に入り、現金や腕時計、家電製品を盗むなどした疑いがあります。
県警の調べに容疑を認め「人目に付きにくいよう、主に塀のある家を狙った」と供述したという。
<神戸新聞NEXT 12/5(月) 18:44配信より>

民家の塀というと、外部からの侵入者を防ぐ盾のように考える人が多いと思います。

扉や門が施錠されていれば塀を乗り越えるか、破壊して侵入しなければならず、防犯効果は当然あります。

ただ、現場によっては簡単に突破できてしまう、または一部の箇所からの侵入は容易である場合があります。
一旦中に入ってしまえば、外からの視界を遮る、泥棒側の盾に変わってしまう恐れもあるのです。

家人が無人の場合は、塀に守られながら悠々と犯行を継続できてしまうのです。

塀があるからと言って油断することなく、客観的な視点で侵入しやすいか、侵入後の犯行を継続できるかなどを判断すべきです。
その上で弱点をなくす、減らすための防犯対策を講じましょう。

終電に乗って現場へ、深夜の無施錠住宅狙う

県警捜査3課などは20日までに、群馬を含む5県で窃盗を繰り返したとして、東京都小平市小川東町の無職の男(37)=常習特殊窃盗で公判中=を前橋地検太田支部に送致しました。
今回で5回目の送致。

同課によると、男は平成21年10月上旬から今年5月21日までの約7年間にわたり、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川の5県で無施錠の住宅に侵入、合計で現金約4900万円、財布など約100万円相当を盗むなど379件の窃盗を行ったという。
男は在来線の終電で各都県へ行き、住人が寝静まった深夜、犯行に及んでいました。

男は同年5月21日に邑楽町の住宅への住居侵入容疑で逮捕され、6月8日には窃盗容疑で再逮捕されていました。

調べに対し容疑を認め、「生活費や遊興費のためにやった」と供述していた。
<産経新聞 9月21日(水)7時55分配信より>

記事によると、平成21年10月から平成28年5月までの約7年間での犯行です。
被害総額4900万円、400件弱の件数です。
総額は高いですが、1件あたりの被害額は10万円ほど、年間で700万円ですから一般のサラリーマンの年収より多いぐらいの被害です。
遊興費というより生活費がメイン、この泥棒を仕事にしていたような感覚でしょうか。

平均すると1件あたり10万円ほどの被害ですから、そんなに大きな被害でもなく、もしかすると被害額が少ない家では被害届も出していないところもあるかもしれません。
大きな損害を出して大きく騒がれること、警察でも大規模な捜査を行われることを避け、細く長く稼いでいたのかもしれません。

終電で住宅に行き、住人が寝静まった深夜に建物内に侵入していたということです。
建物内に人が居る状態での犯行を繰り返していたということですから非常に大胆です。
住人と出くわす危険性もありますからその対策として武器を所持していた可能性もあります。

人が家に居る間は安心と考えている人が多いと思いますが、泥棒によっては逆手にとって大胆に侵入を試みる者もいます。
在宅の間も人が居ない部屋やエリアを防犯センサーで警戒する対策が効果的です。

事務所兼住宅から1000万円盗まれる 3年間で3回目の被害

5日午前4時50分ごろ、茨城県小美玉市中延の建設業の事務所兼住宅で、窓ガラスが割られ、金庫から現金約1000万円がなくなっているのを、男性社長(71)の妻(66)が見つけ、110番通報しました。

県警石岡署によると、金庫は1階居間の押し入れに置いていました。
犯人は居間の窓ガラスを割って侵入したとみられます。
男性と妻は4日午後11時半ごろから、それぞれ2階と1階の部屋で就寝していたという。
同署が多額窃盗事件として調べています。

被害に遭った男性社長は「泥棒に入られたのは、ここ3年で3回目。40年間ここに住んでいるが、(窃盗が)起きるようになったのは、3年前から」と話しました。

近くに住む女性は「この辺りは平和だと思っていたので、こういう事件があるのが信じられず、怖い」と不安げな表情を浮かべていた。
<産経新聞 7月5日(火)11時34分配信より>

3年間で3回も泥棒被害に遭うのは異常です。
同じ泥棒が味をしめて何度も同じところを狙っているのか、それともよほど狙われやすい要因があるのか。
泥棒が好むポイントがいくつもあるのかもしれません。

この事務所兼住宅が被害に遭った後、どのような対策をしていたのか、または何も対策をしていなかったのか、詳しいことは記載されていません。
1回目の被害、2回目の被害、そして今回の3回目の被害は同じ現金被害なのかも不明ですが、金庫に1000万円もの大金を保管していたのは疑問です。

個人のお金だけでなく、建設会社のお金も含まれていたでしょうが、過去に被害に遭った人とは思えぬ無用心さです。
3回目はないだろうという油断や防犯システム等の過信があったかもしれませんが、おそらく後悔していることでしょう。

犯行時刻は深夜から明け方にかけてのようですが、被害者が就寝中という大胆な犯行手口です。
万が一トイレ等で起きてきた住人とばったり出くわすことも覚悟しているのかもしれません。
住人にとっては恐ろしい考えです。

侵入者対策、そして現金の保管方法をもう一度見直すべきでしょう。

常習窃盗犯のおかしな欲望 「テナントビルを見ると泥棒したくなる」

京都・兵庫など2府4県で事務所荒らしを繰り返したとして、京都府警は12日、窃盗や建造物侵入などの容疑で、大阪市東淀川区の自称飲食業の男(77)=窃盗、建造物侵入罪などで公判中=を逮捕・送検し、捜査を終結したと発表しました。
府警によると、男は、「テナントビルを見ると泥棒したくなる」などと容疑を認めています。
府警は25件の犯行を裏付け、被害総額は約793万円相当(うち現金被害約762万円)という。

府警によると、男は、平成24年2月~27年12月、京都や大阪、兵庫など2府4県で、会社の事務所のドアをバールなどでこじ開け侵入し、現金などを盗む犯行を繰り返していたという。

府警は1月、盗んだキャッシュカードを使って現金を引き出したとして、男を逮捕しており、逮捕後の供述などから、犯行を裏付けました。
<産経新聞 5月12日(木)20時17分配信より>


この泥棒の欲望や心理状態は理解できませんが、テナントビルを見ると泥棒したくなる、ということはそれだけテナントビルが泥棒にとって魅力があるところということになります。

ビル自体の防犯対策の内容であったり、色々なテナントが入っていることから、ここが駄目ならあっちというように移動が早い、また、現金を置いているところが多いという点も共通しているのかもしれません。

ビルの共用玄関をオートロックにする、人の出入の多そうな箇所のみに防犯カメラを設置するなどビルのオーナーがビルを守るための防犯対策を講じることはありますが、各テナントの防犯対策はそれぞれに任せているというところもあると思います。

店舗が入っているテナントビルの場合は、お客さんが自由に出入りできるのは当然ですから、営業時間中に防犯センサーで警戒することはまずないでしょう。
お客さんを装ってビルに入り、営業していない店舗に侵入するということも考えられます。

色々な泥棒が存在しますが、この泥棒はテナントビルは入りやすいと考えているようですから、テナントビルに入られている方は防犯対策をもう一度見直すべきでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN