防犯ブログ



万引き

メガネ販売店が万引き犯の映像公開・・・その後犯人捕まり非公開

東京・台東区のメガネ販売店がホームページ上に「商品を万引きした犯人」として男性の画像を公開していることがわかり、波紋が広がっています。

メガネ販売店が、「万引き犯」としてホームページで公開した男性の画像。店によりますと、今月4日午後、商品棚からメガネのフレームがなくなっているのがわかり、防犯カメラの映像を調べたところ盗まれた複数のフレームを男性がトレイに載せている様子が写っていたことから公開に踏み切ったということです。店側は男性の顔にモザイク処理をして公開し返却や支払いを呼びかけていますが、来月1日までに応じなかった場合、画像にモザイク処理をせず、公開するとしています。

「彼に復讐したいとか、個人的に私刑にしたいとかじゃなくて、返してもらいたいだけ」

Q.3月1日公開する気持ち変わらない?

「本当は載っける気持ちない。それまでに出てきてくれれば」

店の防犯カメラの映像を記者が確認すると、男性が複数のフレームをトレイに載せたあと、棚からなくなった様子が写っていました。店から被害届を受理した警視庁は窃盗の疑いで調べを進めていますが、容疑者と断定されていない人物の画像を犯人として公開することの是非が議論を呼んでいます。
<TBS系(JNN) 2/10(金) 6:43配信より>


コンビニエンスストアに続いてメガネ販売店が万引き犯の映像を公開し話題になっています。

以前、中古本等の買い取り店で同様のことを行い、ニュース等でも取り上げられ、賛否が分かれました。

コンビニエンスストアでも立て続けに映像公開されたことが騒がれていますが、今回は別の業種で行われたことでさらに拡大していく可能性があります。

インターネット上のコメントなどでは、公開して何が悪いのか?、店側の気持ちは良く分かるなど肯定派が多いように感じます。
逆に新聞などでは専門家が冤罪の危険性や店側の客離れを懸念するどちらかと言うと否定的な意見が多いように感じます。
個人的には、万引きという犯罪の抑止力のためにも明らかに犯人だと思われる場合は映像を公開し、犯人特定もしくは犯人に自首を促すことにつながるのであれば良い試みだと考えていました。

しかし、専門家の意見にあったように、店側が万引き犯に対して強い意思を示すことが、他の利用客に悪影響を及ぼす可能性です。
自分はもちろん万引きとは無縁だけれど、もし何かの間違いで万引き犯と疑われたり、うっかり会計を忘れてレジを通り過ぎた場合も同じように対応されるかもしれないと考えると少し怖くなります。
そのように感じる人は少なくないと思います。
その人たちが他の店を利用しようと感じると大きな客離れとなり、店にとってのダメージは計り知れません。

万引きが及ぼす店へのダメージも相当なものです。
お金を払って仕入れた商品をそのまま無料で配ることと同じ結果になりますから一つ一つの被害が店の利益に直結します。
ですから店側の気持ちも良く分かります。
この問題は非常に複雑で何が正解かは簡単に答えることができないでしょう。

商談中にロレックス2個盗んだ男逮捕

商談中に高級腕時計を盗んだとして、福岡県警は9日、住所不定、無職の男(22)を窃盗の疑いで逮捕し、発表しました。
容疑を認めているという。

中央署などによると、男は7月1日午後1時50分ごろ、福岡市中央区天神2丁目の「福岡パルコ」内にあるスイス製腕時計「ロレックス」専門店で、腕時計2個(計357万6千円相当)を盗んだ疑いがあります。

「時計を買いたい」と店員に伝え、商談室に入って商品を閲覧。
「他のモデルの在庫を確認してもらえますか」と頼み、店員が離れたすきに持ち去ったという。

署の説明では、別の窃盗容疑で兵庫県警に逮捕された際に今回の事件への関与を認め、「2個とも質に入れた」と供述したという。
<朝日新聞デジタル 11/9(水) 21:58配信より>


商談中に商品が盗まれた場合、「買物盗」という犯罪の種類で警察が判断する場合があります。

ただ、保険業界では「買物盗」も「万引き」と同じ扱いとなり、損害保険では補償対象外となるのが一般的です。
それぞれニュアンスは異なりますが、同じ犯罪の種類で分類されます。

「強盗」はまた異なり、凶器や言動で店員を脅すなどして商品を盗む場合です。

また、営業時間中に店員が無人の状態で泥棒に入られた場合も万引きとして補償対象外になるなど、保険の対象になるか、ならないかの判断は事故が発生した原因や内容によって変わってきます。

万が一の被害に対して、保険に入っているから大丈夫だと安心ばかりはしていられません。
もちろん、保険や共済などの補償は、万が一の被害に対して強い味方になる場合が多いですが、補償対象外になる被害もあるということは認識しておくべきでしょう。

補償だけに頼らず、それ以外の防犯対策、例えば防犯カメラなどで商品を守ることでより安心できます。

防犯対策は一つより二つ、二つより三つと、二重・三重で講じるとより安全な環境ができます。
一つ一つが重複して無駄になるということはありませんので犯罪者が犯罪を犯しにくい環境をつくりましょう。

「捕まえてください」 万引き犯が警察に自首

スーパーで万引をしたとして、兵庫県警明石署は2日、窃盗の疑いで、明石市の無職の男(57)を逮捕しました。
同署によると、男は交番に「捕まえてください」と自首してきたという。

逮捕容疑は、1日午前11時半ごろ、同市内のスーパーで、スポーツ新聞1部(販売価格140円)を盗んだ疑い。

同署によると、同日午後2時ごろ、男が大久保交番(同市大久保町駅前1)を訪れ、「スーパーで新聞やおにぎり、イチゴ大福、カップ酒などを盗んだ」と話しました。
おにぎりなどは既に飲食しており、包装の袋などが周辺のゴミ箱から男の説明通りに見つかったようです。

同署の調べでは、男は1人暮らし。
「昨年末に仕事がなくなった。お金がなくなり、電気、ガス、水道を止められて万引を繰り返して生活していたが、もう続けられないと思った」などと供述しているという。
<神戸新聞NEXT 2月2日(火)8時14分配信より>

万引き犯と一口に言いますが、その犯行動機は様々です。

物を盗むという一種の病気の者もいれば、自分の欲望を満たすだけの犯行を行う者、お金を出すのがもったいないという考えの者、身内の気を引きたい者、そして生活苦から犯行を行う者。

今回、警察に自首してきた犯人は生活苦からの犯行です。

仕事を失い、電気、ガス、水道まで止められ万引きを繰り返して生活をしていたようです。

商品を盗まれた被害者である店側のことを考えると、加害者である犯人に100%の非があることは否めませんが、どうしても犯人への同情を禁じ得ません。

自分が同じ立場になったらどうするかと考えると、万引きなどの犯罪に走らないとは到底断言できません。

年金や補助金などの不正受給者が問題になっていますが、そのような人と働きたくても働くことができない人を一緒にはできないと思います。
楽して不正にお金を得ている人、本来はお金を得るべき人、不公平な世の中です。

マイナンバーの導入でそのような不正ができない、そうなればこのような犯罪を減らす糸口になるかもしれません。

スーパーでの面接不採用に怒り、ビール万引き男逮捕

スーパーでアルバイトの面接を受け、不採用となった直後に缶ビールを盗んだとして、奈良県警生駒署は17日、窃盗容疑で奈良市富雄元町の無職の男(39)を逮捕しました。
「面接には行ったが盗んでいない」と容疑を否認しています。

逮捕容疑は9日午前10時55分ごろ、奈良県生駒市内のスーパーマーケットで、500ミリリットルの缶ビール6本入りパック2点(3132円相当)を盗んだとしています。

同署によると、男は犯行直前にこのスーパーでアルバイトの面接を受け、不採用を言い渡されていました。
面接を担当した店長(58)が店内で不審な動きをする男に気づき、監視カメラを確認するとビールを盗む様子が映っていたという。

男は昨年7月にもこの店でアルバイトの採用面接を受けており、当時の履歴書から人物を特定、逮捕しました。
<産経新聞 12月17日(木)20時16分配信より>


アルバイトや正社員の不採用で不満を持った者が腹いせに万引き、放火、窃盗、器物損壊などの犯罪を引き起こす可能性があるということが分かります。

そこで働きたいという気持ちがあれば事前に色々と調べるはずです。
面接を受けた場合、事務所・店内のスタッフだけが立ち入る場所にも入ることになりますから自然と中の情報を知り得てしまいます。
腹いせに相手に何か罰を与えようと考える者が出てきても不思議ではありません。


採用・不採用問わず、相手に対して一定の配慮と言いますか、敬意は必要だと思います。

面接官がパワハラ、セクハラまがいの質問をするという話をよく耳にします。
また、わざと相手を怒らせるような質問、困らせる質問をし、その対応、態度を見るためということも聞いたことがあります。

その意図が相手に伝わり、うまく対処し、良い人材を採用となれば、お互いにメリットがあります。
ただ、人によっては単に不快な思いをするだけで終わり、会社側・店側のイメージを大きく損なうだけの場合もあるでしょう。
不採用だとしても、その人が引き続きお客様であることは充分考えられます。

面接官の横柄な態度やあからさまな上から目線の言葉づかいなどは避けるべきでしょう。
思わぬ犯罪を引き起こす可能性がありますし、インターネット上で暴露されれば企業イメージは失墜します。
そこまで考えなければならない時代になりました。

50歳と22歳が万引きで連携プレー ソーセージとパン盗む

尼崎北署は27日、窃盗の疑いで、50歳と22歳の無職の男を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は、27日午前3時半ごろ、尼崎市南武庫之荘のコンビニエンスストアで、共謀の上、粗びきソーセージ2本とパン1個(計332円)を万引した疑い。気付いた店長(39)が店の前で取り押さえました。

同署によると、22歳の男が前を歩き、50歳の男がその陰に隠れるようにして盗んだという。
<神戸新聞NEXT 10月27日(火)8時59分配信より>


55歳と22歳の男二人で、コンビニでソーセージ2本とパン1個、計332円相当を盗んだという事件です。

大の男二人で組んだ割にはせこい手口です。

パン1個を仲良く二人で分け合うつもりだったのでしょうか。

計画的な犯行ではなく、その場での思いつき、衝動的な犯行だったのかもしれません。

金額的には小額で大したことではないと思うかもしれませんが、被害者である店側がお金を払って仕入れた商品が盗まれるということは、売上がゼロになるということです。
仕入以外にも、従業員の人件費、テナント料、水道光熱費など様々な費用負担だけを掛けさせられることになります。
このようなことが続けば、店側にとっては大赤字です。

たかが万引き、されど万引き、積もり積もった損害が大きなダメージとなります。

万引きの被害額をいかに防ぐか、いかに抑えるかは店側にとって死活問題です。


防犯カメラなどお金を掛けても、万引きの被害額を減らすことができれば、効果はあったことになります。

効果的な防犯対策の導入、費用対効果の高い対策が求められます。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN