防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2018年03月
  4. スペイン サッカー選手4人がタクシー窃盗

記事詳細

スペイン サッカー選手4人がタクシー窃盗

バルセロナで合宿中だったウェストブロミッジの4選手がタクシーを盗んだ疑いでスペイン警察から事情聴取を受けた件で、18日の英紙サンが続報を伝えた。

4人はマクドナルドでビッグマックセットとチキンバーガーを4個ずつオーダーして、ドライバーに取りにいかせている間にタクシー車両を勝手に運転したことが判明したという。真意は分かっていないが、いたずらとして笑っていたとされている。

マクドナルドで事件当日責任者を務めていた男性は、ドライバーから車が持ち去られたと伝えられた。
「注文は全部で31・60ユーロだった。ドライバーが注文を受け取りに車両から出ている間に、1人の選手が運転をして立ち去った。
彼らは面白いと思ってやったと思うけど、ドライバーがかわいそうだと感じた。それにお金持ちのサッカー選手がやったと、そのときは知らなかった。警察がきちんと対処してくれることを願う」と証言した。

逮捕者は出ていないが、地元警察は捜査中。4選手はクラブの公式声明で「この機会に謝罪をしたいです」とコメントを出していた。
<2/18(日) 20:27配信 日刊スポーツより>


有名なサッカー選手4人がタクシーに乗ってマクドナルドに行き、ドライバーが商品を受け取りに行っている間にタクシーを盗み、持ち去ったという事件です。
タクシーの運転手に取りに行かせるというのは外国では普通のことなのでしょうか。
それともチップを払ってサービスとしてやってもらっていたのかもしれません。

どんな理由にせよ、自分が管理している車両から離れることは出来る限り避けるべきだということがよく分かります。
タクシーに限らず、業務時間中に社用車を停めて長期間休憩したり、パトカーなどはもっと注意が必要です。

その車両が盗まれたり、車両に載せていた道具や高価な機械などが盗まれたり、二次的に悪用されることを考えるとその危険性や影響力なども考えなければなりません。

自分や家族の所有物である車が盗まれてもそれは自分の責任ですし、保険を掛けていたら大きな損害を被ることは少ないかもしれませんが、そうではない場合はきちんと認識し、そして自分の責任で対処する必要があります。

今回の加害者は、有名人だから許されるどっきり番組のように面白おかしく考えていたのかもしれませんし、その場限りのジョークだったのかもしれませんが、このようなニュースとして報道されると簡単に済まされる問題ではなくなっっています。

日本の芸能界においても、過去に自分が行った悪事を面白おかしくテレビでしゃべり、その後ネットで叩かれている人を多く見ます。
本人にとっては悪事、犯罪というよりもちょっとした悪戯という感覚のように見えますが、実際の被害者からすれば笑い話では済まなかっただろうなと感じることがあります。
加害者側と被害者側の感覚のずれ、これは世界共通なのでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN