防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2018年02月
  4. オートロックのマンション 必ず無施錠の部屋がある

記事詳細

オートロックのマンション 必ず無施錠の部屋がある

神戸市内などのマンションに忍び込んで盗みを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と芦屋署などは18日、窃盗などの疑いで、同市灘区、清掃員の男(40)=公判中=を追送検し、捜査を終えた。
起訴済みの4件を含む53件、計約320万円相当の被害を裏付けた。

追送検容疑は2011年2月~17年9月、同市東灘区や兵庫区、大阪府、奈良県内などのマンションで、未明に無施錠の部屋に侵入し現金などを盗んだ疑い。
いずれも容疑を認めているという。

同課によると、男はオートロックのマンションでも盗みを繰り返していたといい、「泥棒が入ってこないと安心していて、必ずと言っていいほど無施錠の部屋があった」と供述しているという。
<1/18(木) 11:39配信 神戸新聞NEXTより>

オートロックのマンション、それぞれ入居者の扉がありますが、何十戸もあるマンションだと必ず無施錠の部屋があるということです。
宅配業者や住人を装えばオートロックは簡単にクリアできます。
その後、一戸ずつ扉を開けて周り、もし無施錠の部屋が見つかれば侵入するというのは実際に有り得る手口です。

無施錠でしかも無人の状態だと自由に犯行が行えますし、部屋の中に防犯カメラがなければ自分の犯行だとバレる危険性も減少します。

このような手口が紹介されることも増え、オートロックだからと専用の扉を無施錠にしてまま外出する人は少ないと思いますが、夏場など暑い場合は、扉を半開きにしている部屋を見たことがあります。
今回の泥棒のように、未明に侵入する泥棒もいますから用心しなければなりません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN