防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2017年11月

2017年11月

高校 授業中に男子生徒が教師に暴行

福岡県の私立高校で、男子生徒が教師を何度も蹴った挙句、胸ぐらを掴むなどした動画が投稿サイトに投稿され、大きな問題となった。

生徒は1年生で、日本史の授業中、授業に関係のない動画をタブレット端末で見ていたところを教師に注意され、「逆ギレ」したのだという。

また、投稿された動画では、複数の生徒が笑い声を上げながら、教師が蹴られるのを見ていたことも衝撃であった。

子どもはつまらないことを面白がったりするものだが、もう分別のある高校生である。あの様子を見て、不快に思ったり、恐怖を感じたりすることはなかったのだろうか。

さらに、問題が明るみになった後、校長が出した「お詫び」のあまりに的外れなところも問題となった。

「本校では、これまでも道徳教育を推進し、暴力は絶対にあってはならないものであることを教育してまいりました」という文言はあるものの、結論としては、「本件を真摯に受け止め、今後は、改めてITモラルを持たせる教育」の充実を図るということが第一に掲げられていた。動画を拡散させたことがいけない、という受け止め方なのだろうか。

教師を蹴った生徒、笑い声を挙げる周りの生徒、そして校長の受け止め方、どれもこれも暗澹とさせられる。
<10/12(木) 9:00配信 現代ビジネスより(一部)>

生徒が教師に暴行している様子を別の生徒が撮影し動画として公開され、それが基で逮捕されました。

生徒から教師への暴行というのは衝撃的でしたが(逆は問題になることが多いですが)、今回のように生徒が撮影しなければ明るみになりにくいので、実際は他の学校でも発生している問題なのかもしれません。


教室内に防犯カメラを完備し、暴力事件やいじめがあれば犯罪の証拠になるということを生徒にも知らしめる必要があるのでしょうか。

他の教師や保護者が自由に見られる、監視できる体制にすればなくなる問題なのでしょうか。

今はインターネットがありますから何でも簡単に調べることができます。

先生に聞かなくてもネットで検索すれば答えがでることも多々あります。
そういうことが教師という職業が聖職者でなくなった理由の一つにあるように思います。

自分が知らないことを知っている人というものは尊敬の対象となります。
逆に相手より自分の方が知っている、優れていると感じることが少しでもあると優位に立ったと錯覚してしまいます。

こういう目に見えない感覚が広がり、自然と根付きだしているのかもしれません。

相手を敬うということは誰かに強制されることでも教えてもらうことでもなく、自然と自分に身についていくものだと思っていたのですが、今はその考え方では対応できないかもしれません。

薬局から医療用の麻薬200点入りの金庫盗まれる

今朝早く、大阪府大東市の薬局が荒らされ、痛み止めに使われる麻薬など約200点が入った金庫が盗まれました。

被害にあった薬局の店内の様子です。
入口の自動ドアが壊され、調剤室のガラスも割られています。

8日午前4時20分ごろ、大東市新町にあるあすか薬局新町店で異常を知らせるセンサーが反応しました。

警察が調べたところシャッターがこじ開けられて店内が荒らされ、調剤室に置いてあった金庫1つが盗まれていました。

金庫には痛み止めとして使われる医療用の麻薬の錠剤など214点が入っていたということです。

【被害にあった薬局の店長】
「最近、薬局狙ってる泥棒が多いというのは薬剤師会から連絡が来ていて、気をつけていたんですけど」

警察は窃盗事件として防犯カメラの映像などを調べています。
<10/8(日) 18:27配信 関西テレビより>

薬局店での盗難被害の場合、盗んだ薬は転売目的ということが多かったと思いますが、麻薬が氾濫すると、麻薬常用者が自分で使う目的で盗むということも今後考えられます。

彼らに対しては、防犯カメラに映って警察に捕まるかもしれないという抑止力が意味をなさない場合があります。
そんなことよりも麻薬が欲しいという欲求の方が勝るでしょうから犯罪被害を防ぐことにはつながりません。
物理的な力で犯行を阻止するしかありません。
扉やガラスを破壊できない材質のものに変え、侵入自体を阻止するという原始的な対策となります。

何を誰から守りたいかということも含めての対策を考えなければなりません。

野球道具泥棒 盗品をネットオークションに大量出品

関東地方を中心に高校で大量の野球ボールやバットなどが盗まれた事件で2日、水戸市の男2人が逮捕されたことを受け、連携して捜査する県警は同一犯による転売目的の犯行との見方を強めている。
県内でも3校が被害に遭っており、関与を調べている。

埼玉の高校が狙われた事件で建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、無職の男(20)ら男2人=いずれも水戸市=で、ネットオークションに出品していたという。

県警捜査3課によると、県内で被害に遭ったのは伊勢崎、伊勢崎工、新田暁の3高校の野球部。
3校合わせて硬式野球ボール約1510個などが盗まれ、被害額は時価合計57万8千円相当にのぼる。
いずれの事件も8月5~6日に発生した。2校は施錠していたが、壊されるなどして侵入。1校は無施錠だった。

盗まれたボールは大半が使用球で、ネットなどで転売された可能性がある。
3校は、保護者やOB、他校などからの支援や寄付を受けて道具を集め、練習を再開したという。

県高野連は「逮捕されて本当に良かった。県内の事件との関連はまだ分からないが、これからは戸締まりなどをきちんとして、各校で管理を徹底してほしい」とコメントした。
<10/3(火) 7:55配信 産経新聞より>

泥棒が盗品をネットオークションに大量出品していた事件ですが、このサイトはテレビCMを頻繁に流している有名さサイトでした。

別の記事でこのサイトは、250人以上のスタッフが24時間365日体制で禁止出品物をチェックしていると紹介されていましたので、盗品だと知りながら売買を認めていたということではないのでしょう。
ただ、出品者が20歳そこそこの若者で、大量のボールやバットを出品していたら怪しいと思うのが普通の感覚だと思います。
甲子園を目指していたような青年が大学進学を機に自分が学生時代に使用していたボールやバットを出品しているのかとも捉えることができますが、怪しいと感じる直感力が鈍かった、ずれていた可能性もあります。

また、社内での禁止出品物をチェックする項目が甘い、または現実とずれていることも考えられますので、こちらは随時見直しを行う必要があるでしょう。

泥棒が盗むのは売れる、お金に換えられるから盗むのです。
盗んでも転売できなければ盗みません。
もちろんその物のコレクターやこだわりがある犯罪者は別ですが、多くの一般的な泥棒はお金が目的です。

  • 1
Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN