防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2017年10月
  4. 美容室に元従業員が空き巣

記事詳細

美容室に元従業員が空き巣

千葉南署は5日、窃盗と建造物侵入の疑いで千葉市緑区あすみが丘2、自称アルバイトの男(21)を再逮捕した。

再逮捕容疑は9月8日午後8時ごろ~翌9日午前8時20分ごろまでの間、同区あすみが丘の美容室に正当な理由なく侵入し、ハサミや美顔ローラーなど計9点(時価計23万900円)を盗んだ疑い。

同署によると、男は元従業員。
盗んだ美容器具などの一部は転売したとみられ「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めている。
当時は営業時間外で、1階店舗裏の出入り口の板張りを外して侵入したという。
同美容室の店長男性(32)が同署に通報した。

男は同美容室に正当な理由なく侵入した疑いで同月24日に建造物侵入容疑で現行犯逮捕されていた。
<10/6(金) 11:01配信 千葉日報オンラインより>


元従業員の男が美容室に侵入し、ハサミや美顔ローラーなどを盗んだという事件です。
そこで働いていた者ですからどこに何が置いてあるか、防犯システムはどうなっているかなど詳しく知っているはずです。
従業員が退職した場合、様々な内容の変更を検討しなければなりません。

例えば、扉や防犯システムの施・解錠用のキーやカードを複製していないか、従業員が勝手に複製できるものか。
パソコンやメール、データの保存場所(クラウド等)、社員専用・会員専用ホームページへのアクセスを遮断できるかなど。
その従業員がどこまでの権限を有していたかによって変更する内容も変わってきます。

退職した理由にもよるでしょう。
解雇の場合は悪意を持って何らかの行動、犯罪に近いことを企てる可能性もあります。
また、退職した時点ではそのような意図はなくても、事情が変わり、例えば生活が貧窮し、元の職場を盗みのターゲットに考える可能性もあるでしょう。

人の雇用や解雇、退職は慎重に行わなければなりません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN